面接が苦手で自信がない!克服する方法や緊張を和らげる方法を徹底解説!

就職活動, 面接対策
2022.04.06
436

投稿したユーザー : agentgate

就活において、さまざまな不安がある中で面接への苦手意識があるという人もいるのではないでしょうか。

「面接でうまく話せる自信がない」「面接で失敗するのでは?」と面接が苦手だと思い続けてしまうと苦手意識が強まり、本当ならできることができなくなってしまうかもしれません。

今回は、面接が苦手と感じている就活生に面接に対する苦手意識の克服方法や失敗した場合の対処法などを紹介します。

面接の苦手意識を克服するためにぜひ参考にしてみましょう。

1110599_s

面接が苦手だと感じる人のよくある特徴

面接を苦手と感じる人の特徴として以下の4つが挙げられます。

自分に当てはまるか確認してみましょう。

緊張しやすい・あがり症

面接を苦手と感じる理由として多いのが、緊張しやすい・あがり症が挙げられます。

面接は就職がかかっているため、意識しないようにしても緊張しやすくなり、あがりやすくなってしまいます。

初対面の年上の面接官から、鋭く答えにくい質問をされるため、普段緊張しない人でも緊張しやすくなるでしょう。

人と話すこと・目を見て話すことが苦手

面接では、面接官と話さなければいけません。

面接では話す姿勢・聞く姿勢も評価されるため、人と話すこと・目を見て話すことが苦手であっても避けられません。

面接官と目を合わせず伏し目で話してしまうと評価を下げる可能性もあるため、人と話すこと・目を見て話すことが苦手な人にとって面接は苦痛を感じやすく、どうしても苦手意識が先行しやすくなります。

日常的に話す機会が少ない・得意ではない

普段から、あまり話す機会が少ない・得意ではないと思う人も面接にどうしても苦手意識を持ちやすくなるでしょう。

面接ではさまざまなことを質問されます。

普段、あまり話すことが少ないと、思っていることや考えていることを言葉で表現するのはどうしても難しくなります。

しっかりと考えを持っているのにそれをうまく言葉に置き換えることができないもどかしさも面接への苦手意識を強めてしまう原因でしょう。

面接慣れをしていない

面接では、面接官の質問の意図を理解した上で適切な回答をする必要があります。

面接官を納得させられる回答をしないといけないという気持ちと面接慣れしていない・面接の経験のなさが焦りを生むために苦手意識が強まります。

しかし、社会人でも面接に慣れている人はそう多くはないため、面接に慣れていないことはあまり気にする必要はありません。

なぜ、自分が面接に苦手意識を持っているのか理由を知ることが重要です。

理由が分かれば対策を立てやすくなるので、自分の特徴をしっかりと理解しましょう。

面接への苦手意識をなくすためには?

面接を苦手だと思うほど、苦手意識が強くなります。

苦手意識をなくすためのコツを知ることで苦手意識の克服や、今よりも苦手意識を弱めることができます。

その方法を5つ、紹介していきます。

面接を意識しすぎない

面接を面接官と話をする場と考えてみるのも苦手意識を克服する方法の1つです。

面接は就職がかかっているため、面接官に欲しい人材と思われるような振る舞いや回答をしないといけないと思うかもしれません。

しかし、面接官に自分を確認される場として考えるのではなく話し合うことで、お互いの理解を深める場と考えると委縮せず苦手意識も和らぐかもしれません。

焦って答えない

質問にはすぐに答えないといけないと、慌てるかもしれませんが焦って答える必要はありません。

質問への回答で大切なのは、質問を受けてすぐに回答するテンポやリズムではなく回答の中身です。

テンポ良く答えても中身がないと評価にはつながりません。

すぐに考えがまとまらない・緊張していると感じたら、「少しお時間をいただいてよろしいでしょうか」と伝えて時間をもらいましょう。

少し時間がかかっても、しっかり考えた答えの方が良い印象を与えることになります。

質問への回答を考えておく

どの企業の面接でも志望動機や自己PRなどは、ほぼ間違いなく質問されます。

このような「お約束」「テンプレート」と言えるような質問への回答は事前に考えておきましょう。

前もって考えておけば、質問された時にその場で考える必要がないので焦らずスムーズに答えることができます。

一度、スムーズに答えられれば、その後、気持ちに余裕が持てるようになります。

一言一句、覚えようとすると忘れやすくなるため、話す内容を箇条書きのようにまとめて覚えておくと良いでしょう。

練習を繰り返す

実際の面接で緊張しないようにするには面接の練習をするのが1番です。

実際の面接を想定して、家族や友人などに協力してもらい練習をしましょう。

その際は、声量や話すスピードにも意識しましょう。

声量や話すスピードは自分ではできているか判断しづらいため、練習相手に確認してもらうと良いでしょう。

練習でできないものは本番でもできません。

逆に練習でできることは本番でもできることになります。

練習で自信を持つことができれば、面接への苦手意識も薄れていくでしょう。

緊張を和らげる

緊張すると心拍数が上がり、同時に呼吸数も増えるため深呼吸や腹式呼吸を行い、呼吸数を落ち着かせることで緊張を和らげることができます。

良い香りと思えるものを嗅ぐと緊張をほぐすことができ、「面接がうまくいく」と成功するイメージを植え付けるイメージトレーニングをしましょう。

成功するイメージを持つことができれば面接に自信を持って挑むことができます。

これらの方法は科学的に効果が実証されています。

どれも面接前にできることであるため、ぜひ試してみましょう。

苦手だと思えば思うほど、苦手意識はどんどん強まっていきます。

どんな方法が自分に合うか試して、苦手意識を克服・和らげましょう。

面接で失敗してしまったら

克服方法を実践しても、面接で失敗してしまうことはあります。

失敗したと感じたら、焦らず落ち着いて対処することで失敗をカバーしましょう。

分からないと伝える

面接官の質問にどう答えれば良いのか分からなければ、正直に「分かりません」と答えましょう。

時間をかけて答えても質問の意図を理解していなかったり、その場しのぎの思い付きで答えたりすると、質問を深掘りされた際にうまく答えられず、面接官に与える印象も悪くなります。

質問に「分かりません」と、答える方が面接官の印象を悪くしてしまうのではないかと思うかもしれませんが、その場しのぎの答えよりも分からないと正直に答えた方が、印象を悪くすることはありません。

他の質問にしっかりと答えることができれば、分からないことは分からないと答えることができる誠実な人物という好印象を面接官へ与えることができます。

時間をもらう

答えるのに考える時間が必要・考えを言葉にするのに時間がかかるのであれば、「少しお時間を頂いてもよろしいでしょうか」と、伝えましょう。

無言で考え込んでしまうと印象を損ねてしまうでしょう。

考える時間は長くても1分が限度ですが、断られることはまずありません。

質問に、すぐに答えることが高評価を得る訳ではありません。

すぐに答えても的外れな答えだと評価を下げることになります。

少し時間がかかっても質問の意図を理解した答えが高評価につながります。

どうしても、答えが浮かばなければ「分かりません」「うまく答えることができません」と正直に答えましょう。

無理やり、答えを出すよりも印象を損なうことはありません。

言い直す

うまく自分の考えを伝えられていないと感じたら、改めて言い直すのも良いでしょう。

「今の質問への回答ですが、言い直しさせていただいてもよろしいでしょうか」と伝えて、自分の考えが正しく面接官に伝わるように言い直しましょう。

言い直すことも「分かりません」と答えるのと同様に印象を悪くしてしまうのではないかと思うかもしれませんが、面接官に意図が伝わらない答えをして、そのままにするより言い直して自分の考えを正しく伝えることが大切です。

失敗したと分かっているのに、そのままにすれば評価を落とすだけでしかありません。

うまく答えようとせず、「分かりません」と言いにくいことも正直に話すことが大切です。

事前準備・対策を行って面接への苦手意識をなくそう

面接はうまく話すことよりも、自分の考えを偽りなく素直に伝えることが重要です。

「面接は苦手」と苦手意識が先行してしまうかもしれませんが、紹介してきた克服方法を実践して苦手意識を克服していきましょう。

今回の記事を読んで、他の面接対策を知りたいと考えているならば、ヒトテクノロジーに相談してみましょう。

エントリーシートの作成や今回紹介したこと以外の面接対策についても豊富なノウハウがあり、就活生のサポートやアドバイスが可能です。

また、就活に対する不安や心配事も相談してみると良いでしょう。

後悔のない就活を行うためにぜひヒトテクノロジーに相談ください。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする