就活が不安で眠れない?ストレスを感じる理由や解消方法を紹介

就職活動
2022.06.21
302

投稿したユーザー : agentgate

「就活に対して不安を感じている」「面接で緊張しそう」と悩みを抱えている就活生は多いのではないでしょうか?就活は漠然とした概念であるため、受験のように明確な正解がある訳ではありません。

個人によって目標や進め方は大きく異なりますし、不安を感じる点も多種多様です。

よくわからないが漠然とした不安感があるという場合は、その不安が生じている原因を明確にすることで状況を改善できます

そこで今回の記事では、就活を不安に感じる理由を紹介します。

ぜひ自分がどうして不安を感じるか一度考えてみてください。

就活を不安に感じている人は多い?

就活に対して漠然とした不安を感じている人はいるのではないでしょうか?就活を初めて経験する学生にとっては、就活という概念が掴みきれずに、不安や焦りを感じている人も多く存在します。

中には、「就活が不安で眠れない」、「何から始めればいいかわからずストレスを感じている」という人も見受けられます。

このような不安は準備を進めることで解消できます。

就活には正解がなく自分のペースで進めればいいので焦る必要はありません。

もちろん、後悔しないためにも頑張ることは重要ですが、焦らず息抜きをしながら取り組むことが重要です。

就活を不安に感じる理由

就活に対して漠然とした不安を感じるのはどうしてでしょうか?ここでは、就活を不安に感じる理由を紹介します。

何から始めればいいかわからない

就活の時期が近づくと「何から始めればいいかわからない」という不安の声をよく耳にするようになります。

先述した通り、就活には正解がないので何から始めるべきかは個人によりけりです。

自己分析や業界・企業分析、テスト勉強、面接練習など、就活ではさまざまなタスクが生じます。

数あるタスクのうち何から着手すべきかわからず、結局何もできていないままという方も多いのです。

そういった状態のままインターンシップや説明会などの時期に突入してしまうと焦燥感も生じ、より強いストレスを感じやすくなります。

受験とは異なり正解がない

就活は受験とは異なり、決まった答えがありません。

就活生一人ひとり異なる目標を持っており、既存のフレームワークを必ずしも利用する必要はないのです。

特に就活本などでは就職活動をどのように進めるべきか説明しているものが多く、それによって不安を感じるという方も存在します。

あくまでそのような情報は参考程度にしつつ、自分なりの方法を見つけることが大切です。

もちろん、何から着手すべきかわからない方はこのようなフレームワークを利用してみるのも一つの手段でしょう。

面接が苦手

就活では面接というプロセスを通過しなくてはいけないケースがほとんどです。

そのため、面接が苦手という人にとっては、就活自体が不安なものになってしまいます。

面接を不安に感じている人は、面接を「ジャッジされる場所」と捉えていることが多いです。

面接はあくまで「相互にコミュニケーションを図る場所」なので、就活生側からも聞きたいことがあったら質問できますし、面接官との会話をしていると考えれば緊張しにくくなります。

また、面接は会社の雰囲気を掴む材料にもなるので、ミスマッチでないか判断するためにも視点を変えて面接に挑むことが重要なのです。

選考結果がなかなか出ない

選考結果がなかなか出ず、不安を感じている方も少なくありません。

確かにエントリーシートを提出した後や、面接を終えた後は、結果が出るまで胸が落ち着かない人が多いです。

ただ、不安をずっと感じていると精神的にもよくないので、次に向けたアクションを取ることをおすすめします。

例えば、他の企業の説明会に参加したり、次の面接の練習をしたりするなど、時間を有効活用しましょう。

ただ待っているだけだと、いざ結果が芳しくないものであった場合にダメージが大きくなってしまいます。

希望の就職先が見つからない可能性

就職活動を進めていると、自分がどのような場所で働きたいか、希望の就職先が見つかるのかという不安に直面します。

とりあえず自己分析や業界・企業分析を進めているものの、本当にやりたいことがわからず、モヤモヤしてしまうのです。

就職活動中に本当にやりたいことが見つからないことも多いので、焦る必要はありません。

そのような場合は軸を変えて多角的な視点で条件を挙げていくとよいでしょう。

福利厚生や給料、有給取得率、教育体制、成長分野など、さまざまな視点から希望の就職先を考えてみましょう。

学生から社会人になる感覚がない

学生をしばらく続けていると社会人になるという感覚を持ちにくくなります。

インターンシップやアルバイトをしている方は働く感覚が身についているかもしれませんが、それでも社会人になる実感がわかない人も多いのが現状です。

そうなると「社会人になれるのだろうか」、「自分が働いている姿が想像できない」という不安感が生じます。

また、社会人に対してあまりよくないイメージを抱いていたり、就職先がブラック企業でないか心配したりする人も多いのです。

周りが内定を貰っている

周りが内定を貰っていると、焦燥感が生まれやすくなります。

「どうして自分は持っていないのか」、「このまま就職できないのではないか」と不安を感じてしまうのです。

就職活動で周りの状況を知って、どのように進めるべきか参考にするのは悪いことではありませんが、それがストレスになってしまわないように注意が必要です。

周りと比較してしまうという人は、あえて友達や知人に状況を聞かずに、自分のペースをキープするのも一つの手段でしょう。

就活の不安を解消する方法

ここでは、就活の不安を解消する方法を紹介します。

スケジュールを再確認する

就職を始める前にスケジュールを再確認するとよいでしょう。

就職活動のスケジュール感を掴めていないと、不安や焦りが生じやすくなります。

スケジュール帳やアプリ、カレンダーなどを利用して、スケジュールを可視化するのもよいでしょう。

いつまでに何をやるべきか理解することで、タスクに集中することができます。

集中することがあれば不安感を軽減することが可能です。

説明会に参加する

業界・企業研究が進まないという人は、説明会に参加するとよいでしょう。

説明会は直接社員の話を聞くことができますし、情報を集中して集めることができます。

説明会に参加した企業に興味・関心が持てるようになれば、モチベーションが生まれ、就活に対してもやる気が湧いてきます。

ただ、数多くの説明会に参加してしまい自分の希望がわからなくなったという人もいるので、そのような場合は他の方法で不安の解消を目指しましょう。

身の回りの人に相談する

不安を解消する方法として、身の回りの人に相談することをおすすめします。

就活中は視野が狭くなったり、就活というフレームワークに固執してしまったりしやすいです。

そのような状況を打破するためにも、友達や家族、教師、教授などに相談してみましょう。

不安を感じていることについても相談することで、不安の原因や改善策が明確になる可能性があります。

また、単純に自分の感じている不安を話すだけでも、気持ちを整理しやすくなります。

キャリアセンターに相談する

多くの就活生にアドバイスを行っているキャリアセンターに相談するのも有効でしょう。

キャリアセンターで自分がどのような状況にいるか、どうして不安を感じているか伝えてみてください。

具体的な解決方法ややるべきことをアドバイスしてくれるので、不安から抜け出せる可能性が高まります。

また、大学が主催しているキャリアイベントや説明会などにも参加してみるとよいでしょう。

息抜きもしっかりと行う

就活中はストレスを感じやすい時期です。

ストレスを感じていると不安をより強く感じてしまうので、息抜きをしっかりと行いましょう。

 

友達と遊ぶ、読書や運動、映画など、息抜きできる時間を設けてストレスケアを行うことが大切です。

就活が上手くいっていないのに息抜きできないという人は、考え方を変えてみましょう。

友達と遊ぶことで新たな情報や考えを吸収できますし、最近読んだ本なども面接で聞かれることがあります。

普段の生活が間接的に就活に役立つ可能性があるので、定期的に息抜きの時間を設けてください。

まとめ

今回の記事では、就活に対して不安を感じている方に向けて、就活を不安に感じる理由を紹介しました。

就活は受験勉強とは異なり、正しいやり方がないため、不安を感じやすいものです。

実際に多くの就活生が就活に対して不安感を抱いています

ただ、就活に慣れていくにつれて不安は薄れていきますし、準備を進めることで自信を身につけられます

不安を解消するためにキャリアセンターに相談したり、説明会に参加したりすると同時に、しっかりと息抜きの時間を設けることが大切です。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする