【職種研究】アミューズメントの業種と仕事内容を解説

就職活動, 企業研究
2022.10.24
121

投稿したユーザー : Romi

「アミューズメントはどんな職種なの?」、「アミューズメントの仕事内容が知りたい」と気になっている人は多いのではないでしょうか?

この記事では、アミューズメントの仕事内容や課題などについて説明します。

アミューズメントという職種に興味のある人は、ぜひ参考にしてください。

【職種研究】アミューズメントの特徴

アミューズメントは、具体的にはゲームや映画、カラオケ、キャラクターグッズ、パチンコ、玩具など余暇を楽しむための施設やサービスを提供する職種です。 単体の施設やサービスとして営業することもありますが、近年は様々な業界と連携したり融合していくことが予想されます。老若男女問わず楽しめる施設、ホスピタリティあふれるサービスの提供などが重視される職種です。

アミューズメントの市場規模は約47兆円と言われており、特にパチンコは約19兆円を売り上げる大規模な業種です。

近年テクノロジーが進歩したため、アミューズメントでもデジタル化が進みゲームやアトラクション分野とVRなどのデジタル技術の融合が進んでいます。

デジタル技術を取り入れるためにデジタルに対応できる人材の育成や確保が必要となり、デジタル技術を持った人材の募集も増えているのです。

※参考:就職エージェントneo

アミューズメントの仕事で求められるのは、クリエイティブな思考ができる人や臨機応変に対応できる人です。

アミューズメント分野でのサービスや商品はお客様に飽きられやすいため、新しい商品を企画するクリエイティブな思考が求められます。

また、施設スタッフとして働く場合は、実際にお客様に接客をするためマナーやクレーム対応など臨機応変に対応できるスキルが必要となります。

【職種研究】アミューズメントの業種

アミューズメントの業種にはさまざまなものがありますが、こちらではアミューズメントで主な業種となるゲームとカラオケについて説明をします。

ゲーム

ゲーム業界は開発商品によって、ゲーム機開発、ゲーム機向けソフト開発、ソーシャルゲーム開発、プラットフォーム開発に分類されます。

スマートフォンが普及したことで、家庭用ゲームよりもスマホゲーム市場が急激に拡大していることが特徴です。

また、VR専用ゲームも導入されたことで、さらなる市場拡大が期待されます。

ただ、ゲームコンテンツは飽きられることが早いため、安定的な収益確保が難しい業種といえます。

カラオケ

カラオケは日本発祥のアミューズメントで、国内だけでなく台湾、香港、中国、韓国、タイなどのアジア圏などでも人気となっています。

スマホ決済サービスを導入したり、首都圏や繁華街に出店したことで売上が増加傾向にあります。

また、さらに利用者を増やすための対策として高齢者向けサービスや平日利用特典を充実させるなど新たな試みを行っているのです。

ヒトカラやリアルバンドカラオケなどもカラオケの市場拡大に役立っています。

【職種研究】アミューズメントの仕事内容

アミューズメントの仕事内容は、施設スタッフや施設運営、広報・販促など多岐にわたります。

こちらでは、アミューズメントの主な仕事内容について説明します。

施設スタッフ

アミューズメント施設やサービスを行うために必要不可欠の存在であるのが、施設スタッフです。

実際に現場で活躍する施設スタッフの仕事内容は、企業や施設ごとに異なります。

基本的な業務内容は施設内での接客や物販の販売、清掃などがありますが、他にも様々な業務があります。

施設やサービスの規模が大きいほどスタッフの業務内容は細分化されて専門分野ごとに配属されるため、1つの業務を深く極めたい人に向いていると言えます。

施設の運営

施設運営の業務は、施設の経営を行うことです。

現場に出て業務を行うのではなく、本社や支社などで仕事を行うことが一般的です。

運営の具体的な業務内容は、お客様によりよりサービスを提供できるように新しいイベントやサービスを考えたり、クレーム対応をしたりすることです。

また、新しいサービスを考えるだけでなく、既存のサービスの改良も重要です。施設スタッフの管理や施設内の設備などの把握も大切な業務となります。

広報や販促

広報や販促は、施設やサービスの宣伝をすることが仕事です。

いい施設であっても、いいサービスを提供していても誰にも存在が知られなければお客様を集めることはできません。

より良い施設やサービスの向上のための資金を作るためにも、広報や販促では利益を上げてお客様を集めて集客率を上げることが求められます。

アミューズメント施設やサービスのプロモーションには多額の資金を使うことも多いので、責任は大きくなります。

プロモーションによってどれだけ集客率を上げて、どれだけ利益を獲得できるかが重要です。

プロモーションの媒体は、テレビや雑誌、ネット広告が主流となっており、時代の流れに合わせたプロモーションを打ち出すことが広報や販促の重要な役割となります。

【職種研究】アミューズメントの課題

アミューズメントは成長の期待できる職種ですが、もちろん課題もあります。

アミューズメントで働くことを考えている場合は、成長性だけでなく課題も知っておくことが重要です。

こちらでは、アミューズメントという職種の課題について説明します。

少子高齢化対策

アミューズメントの利益は人口に左右されます。

日本は少子高齢化社会が進んでいるため、これからどんどん人口が減っていきます。

人口が減ると市場が縮小してしまうため、将来的にアミューズメントの需要も減ってしまうと考えられます。

そのため、国内での人口に左右されない需要の拡大を模索することが重要となります。

例えば、海外からの需要を呼んだり、国内での単価を上げたりすることでアミューズメントという職種の存続のために利器確保をする必要があるのです。

少子高齢化が進むと利用者の年齢層が変わるので、利用者の思考や需要に対応できるように対応していくことがアミューズメントの課題でしょう。

施設の安全性

アミューズメントは人々が余暇を楽しむための施設やサービスを提供することが仕事です。

人々が楽しみながら施設やサービスを利用するためには、施設の安全性を保つことが非常に重要になります。

施設やサービス利用に長い時間待つ必要があったり、安全性に問題があるとトラブルや事故が起きる原因となってしまうのです。

トラブルや事故が起きてしまっては施設やサービスの信用がなくなり、いくらプロモーションに力を入れても集客率を上げることは難しくなります。

まずは、なによりもお客様が安心して利用できるように施設やサービスの安全性を確保することが重要です。

カジノ施設の影響

IR法案が可決されたことで、カジノ施設がアミューズメントに参入することになります。

カジノ施設が参入することでアミューズメントという職種にどのような影響があるかは未知数です。

未知数ながらも、国内需要だけなく観光客需要も見込まれるため市場調査をしっかりとしてプロモーション方法などを考えることが重要となるでしょう。

【職種研究】アミューズメントという職種について研究しよう

アミューズメントは人々に楽しみを感じてもらえ、時には感動を提供できる職種です。

そのため、アミューズメントの仕事への人気は高く、仕事に就きたいと考える人が多いのです。

アミューズメントへの就職を考えているのであれば、具体的な仕事内容や業種、課題などについて研究し、それでも仕事をしてみたいかどうかを考えてみましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする