インターンは私服で行くと失敗する?スーツが無難?失敗しない服装教えます!

就活準備, 就職活動, インターンシップ, 企業研究
2021.08.23
708

インターンシップ先が決まり「私服でお越しください」と言われた場合、服装に悩む就活生は多いのではないでしょうか。

私服と言われたからといって何を着てもいいわけではありません

服装1つで企業側にマイナスの印象を与えてしまうこともあるでしょう。

今回はインターンシップで失敗しない服装を伝えていきます。
インターン 私服

インターンシップで「私服」を指定する企業の理由

企業はなぜインターンシップに私服を指定するのでしょうか。

企業が私服を指定するのにはさまざまな理由があります。

その理由を見ていきましょう。

就活生の人間性を知るため

企業が私服を指定するのは、就活生の人柄や個性を知りたいからです。

服装だけで全てが判断できるわけではありませんが、服装にはその人の内面や個性が出ます。

私服を指定することで学生の内面を見極めようとしているのです。

服装が自由な企業であるため

アパレル企業やベンチャー企業は社風が自由であるため、社員はスーツを着ていません。

特にアパレル企業の場合はファッションセンスが重要な業界であるため、学生の服装から自社のブランドに合うかどうかをチェックします。

常識の有無を確認するため

企業から「私服でお越しください」と指示があったのにも関わらず、スーツを着てくるのはNGです。

インターンシップだからといって必ずしもスーツを着るというわけではありません。

周りはスーツを着ていないのに自分1人だけスーツを着ていると浮いてしまう可能性があるでしょう。

また、私服の指定をしているにも関わらずスーツを着てしまうと、話を理解できない人だと判断されてしまうおそれすらあります。

企業は学生がTPOをわきまえた服装をしていることで、環境に適応できる人間かどうか判断していると認識しましょう。

就活生の負担を軽減するため

スーツは高額であるため学生の負担が大きく、負担を軽くするため私服を指定する企業があります。

それ以外にも、慣れない環境で学生が緊張することもあるため、慣れた服装でインターンシップに専念してもらうためという理由もあります。

私服を指定されたのにスーツを着るのは指示を無視していると捉えられます。

特に、アパレルやベンチャー企業ではフォーマルな恰好では浮いてしまうでしょう。

「インターン とは」についてもっと詳しい記事はこちら

社員の普段の服をリサーチすることが重要

インターンシップの際、服装選びは悩ましいものです。

業界によっては服装が保守的な企業と自由な企業があるため、会社説明会や面接と同様に事前にリサーチすることがおすすめです。

社風に合う服装で行く

保守的な企業ではフォーマルな服装が好まれます。

どうしても服装が思いつかない場合は、清潔感のあるスーツをベースにコーディネートしましょう。

髪型や小物などを変えるだけでも印象が違ってきます

また服装が自由な企業では1人の個性を大事にするため、フォーマルな恰好では逆に浮いてしまいます。

インターンシップではその企業に所属するという自覚を持つ必要があるため、社風に合った服装選びが大切です。

服装に迷ったときは先輩や企業の人に聞く

インターンシップの服装選びに迷ったら、先輩社員や企業の人にどんな服装が良いか聞いてみましょう。

適切な服装を選ぶことで企業側に好印象を与えることができます。

分からないからと恥ずかしがらず、まずは勇気を出して聞いてみましょう

会社説明会や面接と同じように、インターンも事前に企業研究を怠るべきではありません。

企業の社風を無視した服装では思わぬ失敗を招きます。

「インターン 持ち物」についてもっと詳しい記事はこちら

インターンシップでの「私服」って何を着ればいいの?

企業から「私服でお越しください」と言われても遊びに行く時のような恰好はNGです。

インターンシップでの私服の基本は「オフィスカジュアル」と認識しましょう。

オフィスカジュアルとは、スーツより少し着崩してはいるが、きちんとしたシンプルな清潔感のある服装のことです。

オフィスカジュアルと言われても、学生のうちはどこまで着崩して良いのか分からないかもしれません。

ここから、インターンシップでの私服の具体例を男女別に紹介していきます。

インターンシップに参加予定の就活生は自分の服装に問題がないかチェックしましょう。

インターンシップでの私服具体例【男性】

基本の組み合わせは「ジャケット+シャツ+パンツ」です。

シンプルで清潔感のある服装にします。

デニム・スウェット・短パン・スニーカー・サンダル・帽子などラフ過ぎるものは避けましょう。

ジャケット

襟付きのグレー、ネイビーなどダークトーンのジャケットがおすすめです。

シャツ

シャツは白やブルーの清潔感のある襟付きがおすすめです。

柄は無地やストライプが良いでしょう。

派手なカラーや柄のシャツはインターンシップにはふさわしくないためやめた方が良いです。

パンツ

チノパン、スラックスなど、細身のものがおすすめです。

デニム、スウェット、短パンなどはラフすぎるのでやめた方が良いでしょう。

靴は革靴が無難でしょう。

革靴はフォーマルな印象になりますが、きちんと手入れをしておきましょう。

スニーカーやサンダルはNGです。

アクセサリー

オフィスカジュアルでは腕時計以外のアクセサリーは避けておきましょう。

インターンシップでの私服具体例【女性】

女性の基本の組み合わせは、男性同様にシンプルで清潔感のある服装にします。

肩・足・背中など肌の露出が多いファッションの他、足が見えすぎるスカート丈は職場に相応しくないためNGです。

更に下着が透けていないかもチェックしておきましょう。

アウター

襟付きのグレー、ネイビーなどダークトーンのジャケット又はカーディガンがおすすめです。

シャツ

シャツはシンプルで派手過ぎないものを選びましょう。

色は白・黒・グレー・ネイビーがおすすめです。

また、トップスをパンツやスカートにインするとすっきりとしたコーディネートになります。

派手なカラーや柄のシャツ、胸元が開きすぎたトップス、下着が透けた白のトップスはNGです。

ボトムス

スカートの場合、丈は膝丈やミモレ丈がおすすめです。

パンツはタックやセンタープレスの入ったものを選ぶとスッキリと見えます。

ミニスカート・ロングスカート・ジーパンはNGです。

靴は、パンプスやローファーなど低めで安定感のあるヒールがおすすめです。

つま先が出るパンプス・サンダル・スニーカーなどは避けましょう。

アクセサリー

大ぶりの目立つアクセサリーや極端に長いデザインはやめ、シンプルなデザインのものにしましょう。

インターンシップでのカバンや髪型

インターンシップではカバンや髪型にも気を使う必要があります。

どのようなカバンや髪型が良いのか説明していきます。

男女共に清潔感のある髪型にする

男女共に、顔周りに髪の毛がかからないよう清潔感のある髪型がおすすめです。

長い髪の毛の場合は結んで、仕事の邪魔にならないようにし、整髪料も付け過ぎないようにします。

男性の場合は、髭を剃るのも忘れないようにしましょう。

爪も清潔に短くする

インターンシップの仕事内容によって長い爪は危険なこともあるため、爪は清潔に短くしておきます。

女性の場合、ネイルはナチュラルな色を選び、派手な色は避けましょう

カバンは黒や茶のシンプルなバッグにする

カバンはA4サイズが入る革製の黒や茶色のシンプルなバッグがベストです。

ビジネスリュックもありますが企業によっては許容していない所もあるため、避けた方が無難でしょう。

香水にも気を付ける

香水は、人によって不愉快にさせてしまうものです。

香水の使用量を控えるか、できれば使用しない方が望ましいでしょう。

さらに柔軟剤も種類によっては香りのキツイものがあるため注意が必要です。

企業から私服でお越しくださいと指定があっても遊びにいくような格好してくる学生は就活で失敗します。

例えきちんとした恰好であってもシャツがシワだらけだったり、シミがついていたり、靴が汚れている場合は印象を悪くします。

インターンシップで服装が不適切な場合、人事担当者から指摘されてしまいます(スカートの丈やシャツの色など)。

オンラインの場合もシンプルな服装にする

オンラインのインターンシップだとしても普段着でという考えは間違いの元です。

画面越しにスウェットを着た就活生を見たら、企業側にだらしない印象を与えるでしょう。

企業から「私服でお越しください」と言われた場合でも、基本は上述のような清潔感のある、シンプルなオフィスカジュアルにします。

画面の映り方や光の加減により黒い服装は表情が暗く見えることもあるため、部屋は明るくし白いトップスで血色良く見せましょう

男性は無精髭をチェックし、女性はメイクを少し濃い目にして明るい印象を与えます。

注意したいのがボーダー・ストライプ・ドットなどの柄物はオンラインだからこそ特に避けるべきです。

これらの柄は液晶画面で見るとチカチカして映り、企業側に船酔いのような気分にさせてしまうので、避けるべきでしょう。

オンラインのインターンシップだとしても普段着で良いと思っていると失敗します。

オンラインのインターンシップでボーダー・ストライプ・ドットなどの柄物を着ると企業側に不快な思いをさせるでしょう。

まとめ

インターンシップ先から「私服でお越しください」と言われた場合、シンプルで清潔感のある「オフィスカジュアル」にしましょう。

普段着のようなカジュアル過ぎる恰好や派手な恰好をすると周りから浮いてしまう他、スーツを着た場合もTPOをわきまえていないと判断されることもあります。

インターンシップで好感度を上げるには、事前のしっかりとした企業研究と社風に合った服装で行くことが大切です。

「私服具体例」を参考にインターンシップも早めに動き、ライバルに差をつけて就活を成功させましょう。

インターンシップで着ていく服装が分からないという場合にはプロに相談してみましょう。

それ以外にも、就活ならではの悩みや不安などもご相談ください。

就活を成功させるためにヒトテクノロジーが全力でサポートします。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする