【職種研究】販売の仕事内容と販売に向いている人の3つの特徴

就活準備, 企業研究
2022.09.22
28

「販売はどんなしごとをするの?」、「販売に向いているのはどんな人?」と気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では、販売の仕事内容ややりがい、販売に向いている人の特徴について説明します。販売という職種に興味のある人は、ぜひ参考にしてください。

【職種研究】販売の仕事内容

販売という職種は、商品を店舗で販売することが仕事です。店舗に来店した顧客に接客を行い、商品購入のサポートを行います。接客や品出し、レジ打ち、在庫管理、商品のレイアウト決めなどが具体的な業務内容です。店長や支店長などになると、スタッフ管理や売り上げ管理、業務報告などの業務を行うようになります。販売の仕事は扱う商品や店舗の立地によって必要になる販売スキルが異なり、百貨店やショッピングセンターに店舗がある場合はテナントの意向に沿って業務内容を決める必要があります。

【職種研究】販売のやりがい

 

販売のやりがいには、「接客スキルが身につくこと」や「顧客と直接かかわることができる」ことなどがあります。こちらでは、販売の仕事のやりがいについて説明します。

接客スキルが身につく

販売の仕事では顧客とコミュニケーションを取り、顧客が求めていることを考えながら接客をするスキルが身に付きます。販売で身につけた接客スキルはコミュニケーションの本質となるものなので、他の職種で働く場合にも役立てることができます。

顧客と直接かかわることができる

顧客と直接かかわることができるため、顧客からの感謝を直接受け取ることができることも販売のやりがいです。直接「ありがとう」を言う言葉を聞くことができることで、仕事へのモチベーションが上がります。

【職種研究】販売に向いている人の特徴

販売に向いているのは、コミュニケーション能力が高い人、提案力がある人、複数のことを同時にできる人などです。それぞれの特徴について説明します。

①コミュニケーション能力が高い人

販売の仕事で重要なのは、いかに顧客とコミュニケーションをとって商品を知ってもらい興味を持ってもらえるかです。顧客に商品を購入してもらった後も関係が続くことが販売の特徴です。顧客が話しかけやすい雰囲気を持っているコミュニケーション能力の高い人は販売に向いていると言えます。

②提案力がある人

「自分が求めていることが分からない」という顧客に対して、うまく希望をくみ取って希望に合った商品を提案するスキルがある人は顧客から感謝される存在になるでしょう。顧客の話をしっかりと聞き、本当の願望を理解してアドバイスができる人は販売の仕事にやりがいを感じるでしょう。

③複数のことを同時にできる人

販売の仕事は接客をするだけではありません。レジ対応や店舗整理など多くの業務をこなす必要があるため、マルチタスクが得意な人が販売に向いています。また、状況に合わせて焦らずに臨機応変に対応できる人はやりがいをもって仕事ができる傾向にあります。

【職種研究】販売の仕事を知ろう

販売の仕事は、店舗に来店した顧客に接客をし、商品を提案し、レジ対応などをします。高いコミュニケーション能力と顧客への提案力、マルチタスクが得意な人が販売の仕事に向いていると言えます。販売の職種について研究をして、販売の仕事への理解を深めましょう。自分がどういった職種に向いているのかわからない場合や、どういった企業にエントリーすればいいかわからない場合などは、ぜひ当社にご相談ください。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする