【業界研究】美容業界の仕事内容(職種・向いている人の特徴など)を紹介

就活準備, 就職活動, 企業研究
2022.10.30
135

投稿したユーザー : shigehiko21

美容業界の職種として、ヘアメイクなどを中心に行う美容師、体や肌を綺麗にするエスティシャンやネイリストなどがあります。

専門学校などに通う学生も多く、就職先としても人気の業界です。

今回は、美容業界の職種やお仕事内容、この業界に向いている人の特徴などを紹介します。

ぜひ、業界研究や企業研究の参考にしてください。

美容業界のお仕事ってどんな内容(職種)

まずは、そもそも美容業界の職種にどんな種類があるかを業務内容があるのかを解説していきます。
「職種」とは職業の種類のことを指します。

主なものとして販売・営業・事務・総務・広報など。

美容業界には専門的な職種が複数あります。

以下、主な職種をいくつか紹介します。

美容師

ヘアスタリリストとも呼ばれることもあり、カット・パーマ・カラーリングの技術を用いてお客様の要望にあったヘアファッションを行い、容姿を美しくするお仕事です。
お客とのコミュニケーションを通して要望を聞き、自分の技術、センスを加味しヘアスタイルを整えます。

なるためには国家資格の取得が必要です。

ネイリスト

人の爪を美しく見せるために爪を整えることが主なお仕事です。主な施術の内容としては、爪の手入れ、色塗り、装飾などがあげられます。(「ネイルケア」「カラーリング」「ネイルアート」など)なるためには特に資格は必要ないですが、ネイル専門の学校で技術を取得するのが一般的です。

エスティシャン

髪の毛を除く身体や顔の手入れを行います。
顧客の肌や身体の状態を聞いて、カウンセリングを行います。顧客の要望に合わせて身体のケアを行います。
全身のマッサージで血行を良くしたり、美容器具を用いの肌の汚れを落したり、など様々です。
エスティシャンになるための資格などはありませんが、専門学校で技術を習得してから働き始めるのが一般的です。

化粧品販売・美容部員

化粧品販売会社からデパートやドラッグストアなどに派遣、配置され店頭で化粧法やスキンケアのアドバイスなどを行います。
来客された顧客の希望を聞いてメイクやスキンケアなどに関してのアドバイスやカウンセリングを実施。
数多くある化粧品から顧客に合ったものを的確に選ぶ知識やスキルが求められます。

調香師

香水や化粧品などの個人用のケア製品から、液体洗剤、柔軟剤、芳香剤、食器用の洗剤などの家庭用品など、様々な製品に使用されるフレグランスを創るお仕事です。「パフューマ-」と呼ばれることもあります。
どのような香りが人々に好まれているか、どのような製品に使われるのかを把握して、その条件に適合した香りを設定し、数多くある香料の中から使用する原料を選定して調合を決め、処方箋を作成します。特に資格はないですが、大学で農芸化学や薬学を専攻している人が多く目指すことが多いです。

ビューティーコンサルタント

ビューティーコンサルタントは、顧客の「美しくなりたい」という欲求に対し、その人に適した化粧品を提案することが仕事です。
ビューティーコンサルタントとして、専門知識を多くに身につけて、豊富な知識に基づいたコンサルティング力・提案力・技術力が必要とされる職種です。

美容業界で活躍できる会社はどんなところ?

ここまでは「美容」業界の主な職種について説明をしてきました。

次に「美容」に分野で活躍できる具体的な会社、業界について紹介します。

活躍できるフィールドが数多く、用意されているのが特徴です。

化粧品メーカー

化粧品や美容製品を開発するのがメーカーです。

肌や髪の毛などのケア商品などの開発・改良、営業などを行います。

医薬品を扱うメーカーもあり医療から美容分野と幅広く事業を展開しています。

ブライダル業界

結婚を予定しているお客に対して相談に乗って結婚式の企画、提案を行うブライダル業界も「美容」関係の職種の活躍の場が多くあります。
ヘアメイクから、エステなど、式当日までに顧客の要望に合わせて様々なサポートを行います。

専門店(美容室・エステサロン・ネイルサロン)

専門的な技術をそのまま顧客に提供する専門店も数多くあります。

チェーン展開している美容室やサロンなどもあり、そこで経験を積んで独立を目指す方も多くいらっしゃいます。

自分の技術によって直接的に顧客に対してサービスを提供するお仕事です。

芸能・ファッション業界・広告・出版業界

芸能・ファッション・広告・出版業界においても美容の職種が求められます。

タレントやモデルに対してのヘアメイクなどを主に行い、技術を磨くことで、タレントやモデルの専属のヘアメイクになることもあり、独立する方もいます。

美容業界に向いている人ってどんな人?

美容業界のお仕事は専門的な技術を要するものが多くあります。この業界にはどんな人が向いているのでしょうか?その特徴をいくつか紹介します。

この職種(美容業界)に向いている人の特徴

1:人と接するのが好きで得意な人

美容業界の多くは直接的にお客を相手にする場面が多くあります。

お客のニーズを的確に把握し、その人に合った提案ができる能力が求められます。

そのためには、まず人と接することが好きで、得意な人は活躍ができる業界と言えるでしょう。
話し上手で聞き上手な高いコミュニケーション能力が必須です。

2:人の役に立ちたいという想いを大切にしている人

美容師・エステサロン、ネイルサロンなど、自分が行ったことが直ぐに目に見える成果に繋がることにやりがいを感じられるなど、お客に対して役にたちたいという思いがある人はモチベーションも高く維持し仕事に取り組めそうです。

3:自然と周囲に対して目配り・気配りができる人

お客への直接的なサービスを行うので、おもてなしの心を大切にし、お客に対して常に意識を向け気配りする必要があります。
自然と周囲に気を配ることが求められます。

4:地道にコツコツ努力でき、向上心のある人

美容業界はとても華やかな仕事内容をイメージされる方も多いですが、専門的な技術を習得したらり、お客のニーズに合った提案をするための専門的な知識を得るなど、日々、学び努力することが求められます。

また、技術を磨くことで、顧客もふえ、自分の力が会社の業績アップに直結します。日々、高い技術を磨く向上心がある人は活躍ができる業界と言えるでしょう。

美容業界の課題点

業界全体としては年々業績を伸ばしており好調と言えます。

一方で、競争の激しい業界であり、競合他社に負けないためにはより顧客のニーズに合ったサービスを提供し、技術力の向上を追い求める必要があります。

他社との差別化を図り、独自の戦略や新しいサービスを提供し新規顧客の獲得をどれだけ図れるかがポイントと言えるでしょう。

まとめ:業界研究を深めて理想の仕事をみつけよう!

美容業界は主にサービス業と言われています。業種・職種ともとても幅広く、さまざまなお仕事があり、美容業界でもヘアコーディネーターやネイリスト、エスティシャンなどそれぞれ関連が深い職種・業界です。
この業界で働きたいなと思っている方、ぜひ多く幅広く職種研究をすすめてください。
そうすることで、関連性が高いので自分にとってよりよい仕事を見つける機会も増えることでしょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする