【職種研究】クリエイティブな仕事の特徴は?未経験でもできる?

就活準備, 企業研究
2022.10.05
116

投稿したユーザー : my14apila

クリエイティブな仕事と言われて、どんな仕事をイメージしますか?

クリエイティブとは「創造的・独創的・工夫して」などの意味があり、ファッション・WEB・ゲーム・テレビなど様々な職種があります。

しかしクリエイティブな仕事につきたいと思っていても、「実際にどんな仕事があるのかわからない」という方も多いでしょう。

こちらでは、クリエイティブな仕事の特徴や職種についてご紹介します。

クリエイティブな職業の特徴とは

クリエイティブとは「創造的な・独創的な・工夫して作った」などの意味があります。

クリエイティブな仕事というと「何かを作る・生み出す」というイメージがありますが、クリエイターとは創造的な人や独創的な人を指します。

そして、クリエイティブな仕事とは、テレビやゲーム、ファッション、雑誌、新聞などあらゆる媒体の制作をすることをいいます。

制作するだけでなく、コンテンツ設計から予算管理をする人、デザインする人などを総称して「クリエイター」と呼びます。

どんな職種でも感性が大切であり、さらに共同作業で行うことが多いため協調性がとても重要になります。

クリエイティブ 仕事内容

クリエイティブな職種と仕事内容を紹介

クリエイティブな職種とはどんな仕事があるのか、どんな仕事内容なのかについてご紹介します。

WEBやゲームのデザインを作成するデザイナー系

WEBやゲーム、イラストなど様々な分野があり、それぞれの領域では専門的な技術や知識が必要な職種です。

主な職業として、

  • WEBデザイナー
  • ゲームクリエイター
  • グラフィックデザイナー
  • イラストレイター
  • などがあります。

    WEBサイトのデザインを構築するするWEBデザイナーや、ゲームのキャラクター・背景・音楽・シナリオなどゲームに関する全ての制作をするゲームクリエイターなどの職種があります。

    ゲームクリエイターのデザイン分野に関しては、2Dや3Dデザイナー・モーションデザイナー・エフェクトデザイナーなどさらに細かい分野に分かれています。

    テレビ・WEB・広告などで活躍するディレクター系

    テレビやWEB、広告などで活躍するクリエイティブディレクターは、専門的な知識は必要ないもののデザインやディレクションなど全体の進行を管理する仕事です。

    具体的には、

  • プランナー
  • 制作
  • 開発ディレクター
  • アートディレクター
  • などが挙げられます。

    ディレクターは全体の責任者として行う仕事で、略して「CD」と呼ばれています。

    クライアントからこれからPRしていきたいサービスや商品の詳細を聞き、そこからどのように宣伝していくのかなど内容を細かく検討します。

    ディレクターがPR商品の戦略を立て、それぞれのアートディレクターやデザイナーなどに落とし込み、実際に作成を進めていく流れとなっています。

    ちなみに、混同されやすいクリエイティブディレクターとアートディレクターの違いは、管理するチームの大きさが異なります。

    クリエイティブディレクターはプロジェクト全体の進行を監督していく職種で、アートディレクターはビジュアル面での監督を行う業務です。

    どちらも大切な職業であり欠かせない存在です。

    それぞれが最大のパフォーマンスを発揮することで、良い作品を生み出すことができます。

    文章を作成するライター系

    ライターとは、商品のPR文を作る職種です。

    商品のキャッチフレーズはもちろん、機能やサービス内容などの詳細を細かく説明する文章を担当しています。

    ライターは文章だけで顧客の購買意欲をかき立て、印象に残るフレーズや言葉を作成し集客・販売を行います。

    主な職業は、

  • コピーライター
  • 編集者
  • 校閲者
  • などがあります。

    ライターの職種は、企業に属している人やフリーで活躍する人も多く、最近では在宅で働けることもあり人気が高まっています。

    特に必要な資格などはありませんが、専門的な内容の場合は過去の経験やスキルが役に立つでしょう。

    校閲者は、高い日本語能力が必要になります。

    映像を作成する仕事

    映像を作成する職業は「映像クリエイター」と呼ばれています。

    主に動画編集や映像編集者を指し、ネットの普及によりフリーで活躍する映像クリエイターも急増しています。

    映像を手がける仕事なのでテレビ番組やCM制作、ミュージック映像、ゲームのCGなども映像クリエイターに分類され、幅広い分野で活躍することができます。

    最近ではYouTubeなどの大手共有動画サイトの配信者の動画を編集・作成する仕事も増えており、企業だけでなく個人で動画編集を依頼する人も増えています。

    クリエイティブ 未経験

    クリエイティブな仕事は未経験でもできる?

    クリエイティブな仕事には様々な職種があり、どれも魅力的ですよね。

    最近では動画配信などが普及しており、様々な仕事内容が増えています。

    そして、クリエイティブな仕事は必要な資格やスキルはなく、未経験からでも挑戦することも可能です。

    しかし、未経験者を雇う側はどんな人材を採用するか、慎重に選んでしまいますよね。

    そこで、他の人と差別化を図るために持っていると有利なスキルをご紹介します。

    質ような資格やスキルは?

    クリエイティブな仕事において重要なスキルは、コミュニケーション能力です。

    どんな職種に関しても人との関わりがある仕事なので、人と関わることが苦手な人や一人で黙々と作業をすることが好きな人は向いていません。

    さらに、作品を作り上げる表現力やセンスもとても重要なスキルとなります。

    専門性は必要ないものの、様々な要望に対して柔軟に対応できる表現力や高いセンスはどんな職種においても重宝されるでしょう。

    しかし、中には専門的な知識を必要とする分野もあります。

    クリエイティブデザイナーは、未経験であってもデザインや美術系を学んでいる人や作品作りの経験がある人は有利になるのでしっかりとアピールしましょう。

    またマネジメント能力や管理職などの経験がある人は、クリエイティブディレクターの職種にとても有利なスキルです。

    未経験者がクリエイティブな仕事でアピールするには

    未経験者がクリエイティブな仕事に就くためには、クリエイターになるために学んだことや経験したことはしっかりとアピールすることが大切です。

    例えば、

  • デザインや美術への興味関心がある
  • 流行を常に意識し、好きなことに関してはとことん追求する
  • 過去に広告業界にいた経験がある
  • WEBサイトなどを作成したことがある
  • HTMLやCSSなどを勉強中である
  • など、クリエイターになるためにどんな努力をしているのか、どう貢献できるのか、ということを具体的にアピールすることが大切です。

    また実際に自分で作成したポートフォリオがある方は、しっかりと提示しましょう。

    クリエイティブに向いている人の特徴

    クリエイティブな仕事は、創造性・独創性が大切です。

    「必要なスキル」でもご紹介したように、表現力、センスがある方はクリエイティブに向いていると言えます。

    クライアントが希望していることを具体化する仕事なので、柔軟な発想力や表現力がある人は様々な職種に対応できるでしょう。

    また、たくさんの人と関わる仕事になるのでコミュニケーションスキルが高い方も向いている職業です。

    その他にも、以下のような人がクリエイティブな仕事には重要な人材です。

  • ものづくりが好き
  • 理論的な思考を持っている
  • 情報処理能力がある
  • センスがある
  • 向上心
  • 忍耐力
  • 客観的に物事を見ることができる論理的思考や、流行などの情報をいち早く取り入れ整理する能力も必要です。

    そして、クリエイティブな仕事は華やかな職業に見えて、成功するまでとても長い道のりになるでしょう。

    コツコツと頑張れる地道な努力・向上心・忍耐力は必要不可欠です。

    一つの作品を作るために試行錯誤しながら、少しづつ良いものを作り上げるという根気強さが重要となるでしょう。

    クリエイティブな仕事を職種研究で見つけよう!

    クリエイティブな仕事の特徴や職種についてご紹介しました。

    クリエイティブな仕事は、デザイン系・ディレクター系・ライター・映像など、様々な分野があり、さらに細かく分類される職種もあります。

    主にCMなどのテレビ業界やファッション、ゲーム、WEB、イラストなど様々な職種があり未経験でも挑戦することが可能です。

    また最近では、ネットや動画の普及もあり個人で活躍する人も増えていますよね。

    クリエイティブな仕事は、たくさんの人と関わる仕事なのでどの職種に関してもコミュニケーションスキルはとても重要です。

    しかしなくてはならない資格は特にないため、やる気と向上心、忍耐力があればどんな人でも挑戦できる人気の職業です。

    クリエイティブな仕事はこれからも人気の職業として、たくさんのライバルが出現する可能性が高い職業でもあります。

    この記事を友達におしえる!

    タイトルとURLをコピーする