【職種研究】営業の仕事内容とは

就活準備, 就職活動
2022.08.24
84

皆さんは営業職に対してどんなイメージを持っていますか?

営業と聞くと外回りがキツそうといったイメージを持っている人が多いかもしれませんが、営業は辛いばかりの仕事ではありません。しっかりとやりがいを持って働ける立派な職業です。

それでは、営業の仕事内容や、どんなやりがいがあるのかご説明しましょう。

営業の仕事内容とは?

営業の仕事内容は、基本的に自社のサービスや商品で顧客の要望に応えたり、課題を解決することをアピールし、購入や契約に繋げることです。

そのためには自社のサービスや商品の魅力を誰よりも深く把握し、同じく悩みや要望を持っている顧客に対して必要なサービスや商品を提供していく必要性があります。

営業は対面で業務を行うイメージが強いかもしれませんが、実際は対面の他に顧客と会う約束を取り付けるテレアポ、、電話やメールだけで契約に繋げるインサイドセールスがあります。

営業にはどんなやりがいがある?

営業で感じられるやりがいは、いろんな人に出会える上にコミュニケーション能力が鍛えられることでしょう。

自社でどんなサービスや商品を提供しようとしても、営業で出会うのは様々なタイプの人なので、毎回会う相手や話す内容も違ってきます。

そういった人たちを説得して購入・契約をしてもらうためには、相手の話にしっかりと耳を傾けて会話のキャッチボールをすることが大切です。

会話のキャッチボールを上手にするにはコミュニケーション能力を鍛える必要性があるので、営業を重ねるたびにコミュニケーション能力が鍛えられるのが大きなやりがいでしょう。

営業で働くメリット

販売で働くメリットは、スケジュール管理能力やコミュニケーション能力、仕事の優先度の判断能力などが身につくことです。

営業は顧客にサービスや商品を購入・契約してもらうことが最重要なので、そのために自然とスケジュール管理能力やコミュニケーション能力などが身についていきます。

頑張り次第で収入を増やすこともできますし、自社製品を社外に紹介して売り出していく過程で人脈を増やすことも可能です。

営業は辛いだけでなく、様々なスキルが身につくのがポイントです。

営業職はとてもやりがいがある仕事

営業職はキツイ、辛いと思う人も多いかもしれませんが、実際は様々なメリットがある上にやりがいも多く感じられるのが大きなポイントです。

自社のサービスや商品を誰よりも把握し、コミュニケーション能力を鍛えることで効率良く働くことができるのではないでしょうか。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする