業界研究の正しいやり方とは?目的や役立つツールを紹介!

就活準備, 就職活動, 企業研究
2022.07.29
275

投稿したユーザー : agentgate

就職活動を進める上で重要な業界研究。

業界について知識を深めて、業界の動向や将来性を理解したり、面接やESでの回答に活かしたりします。

しかし、就活生の中にはどのように業界研究を行うべきかわからず、後回しにしてしまっている方も多く存在します。

そこで今回の記事では、業界研究のやり方を紹介します。

業界研究の目的や一般的な業界研究のやり方、活用できるツールなども説明するので、自分なりの方法を見つけてみましょう。

企業研究

業界研究の正しいやり方とは?

業界研究の正しいやり方とは、どのような方法なのでしょうか?

正しいやり方を知るためには、まず業界研究がどのような作業であるか理解する必要があります。

以下で、業界研究ではどのようなことを行うか確認しましょう。

そもそも業界研究とは

そもそも業界研究とはどのようなものなのでしょうか?業界研究では、どのような業界が存在するかを理解したり、志望する業界について知識を身につけたりします。

今までビジネスに触れる機会がない学生にとって、業界研究でそれぞれの業界がどのような立ち位置であるかを理解することは重要な役割を担います。

また、志望する業界について理解していないと、面接などで意見を聞かれたときに上手く回答することができません。

そのため、業界研究は就職活動において大切な作業のひとつなのです。

業界研究の最適なやり方

それでは、業界研究はどのような方法で行えばいいのでしょうか?結論から述べると、業界研究の最適なやり方は個人によってさまざまです。

参考書やインターネットなどで情報を収集したり、実際に業界で働いている人の話を聞いたり、業界研究には色々な方法があります。

そのため、自分が効率的に業界研究を進められるように、さまざまな方法を試して、最適な方法を見つけることが大切です。

業界研究の目的

ここでは、業界研究はどのような目的で行われるかを確認しましょう。

志望業界を決定する

業界研究は志望業界を決定する際に役立ちます。

ビジネスの世界にはさまざまな業界が存在し、どの業界を選ぶべきかわからない就活生も少なくありません。

もちろん、業界を絞らずに就職活動を進めることも可能ですが、ある程度業界を絞っていたほうが、就職活動を進めやすくなります。

業界研究を実施することで、業界の将来性や働き方の特徴などを理解できるので、志望業界を絞りやすくなるのです。

視野や考えを広げる

視野や考えを広げたいという方は、業界研究を実施するとよいでしょう。

業界研究を実施していると、さまざまな知識が身につきます。

業界内のトップ企業や競合性の高さ、関連度の高い業界などの知識を身につける中で、自分がどのような業界で働きたいか考えることができます。

今まで視野に入れていなかった業界であっても、業界研究を通して興味・関心が高まる可能性があるのです。

面接やESで説得力のある回答を目指す

業界研究を実施することで、面接やESで説得力のある回答を目指すことができます。

面接やESでは志望動機や自己PRを聞かれることが多いです。

業界研究で知識を身につけていれば、「将来性のある業界で〜に携わりたいから」など業界の動向を踏まえて回答することができます。

また、業界について理解していることを前提として、質問されることがありますが、業界研究を行っておけばスムーズに回答することが可能です。

一般的な業界研究のやり方

それでは、具体的に業界研究はどのように進めればいいのでしょうか?ここでは、一般的な業界研究のやり方を紹介します。

興味のある業界を選ぶ

最初にやるべきこととして、興味のある業界をピックアップすることが挙げられます。

「身近な人がその業界で働いているから」、「自分がサービスを利用して関心を持ったから」など、どのような理由でも構いません。

まずは興味のある業界を選び、その業界から業界研究を実施することが大切です。

先述した通り、業界にはさまざまな種類があります。

そのため、研究する業界の優先度を決めるためにも、興味のある業界をピックアップすることが重要なのです。

業界内のトップ企業について調べる

興味のある業界が決まったら、業界内のトップ企業について調べるとよいでしょう。

トップ企業の事業展開や方針は、同じ業界内の企業にも大きな影響を与えます。

そのため、トップ企業について知っておくことで、事業などについて理解を深められるのです。

また、業界内のトップ企業や成長度の高い企業について調べることで、志望する企業についても考えることができます。

関連性の高い業界の情報を集める

興味のある業界だけでなく、関連性の高い業界についても調べましょう。

特定の業界についてだけ調べてしまうと、視野が狭くなってしまいますし、業界の立ち位置を正しく把握することができません。

全体的にどのような業界があるか把握することが大事ですが、特に関連性の高い業界は詳しく調べておきましょう。

面接などで他の業界について聞かれることは少ないかもしれませんが、ある程度知識を持っていたほうが面接でもアピールすることができます。

業界研究をノートなどにまとめる

業界研究した内容をノートなどにまとめて、後で振り返られるようにしておきましょう。

ノートにポイントをまとめておくことで、頭の中を整理しやすくなりますし、面接前などでも気軽に振り返ることができます。

ノートのほか、オフィスツールやスマートフォンのアプリを利用する人も見受けられます。

自分にとってわかりやすい方法でまとめましょう。

業界研究で使えるツール

ここでは、業界研究で使えるツールを紹介します。

就活情報サイト

就活情報サイトは、就活生に向けてわかりやすいように業界の基本的なデータを紹介しています。

また、さまざまな企業の情報も掲載されており、企業研究することも可能です。

例えば、マイナビやリクナビ、ONE CAREER(ワンキャリア)などの大手サイトでも業界情報が紹介されています。

インターネットで簡単にアクセスできますし、手軽に情報を集められるので、何から始めていいかわからない方は、まず就活情報サイトをチェックしてみるとよいでしょう。

採用サイト

業界についてある程度理解が深まったら、企業の採用サイトを参考にしてみてもいいかもしれません。

企業の採用サイトは求人情報だけでなく、企業が目指している姿や将来性、課題などについて言及されていることが多いです。このような情報は業界研究に役立ちます。

また、採用サイトとあわせて会社説明会や社員訪問を実施して、直接社員から話を聞くのもよいでしょう。

業界地図

業界地図とは、企業の関係性を視覚的に理解できるようにした図のことです。

業界地図を活用すれば企業の関係性や、企業の業界内におけるポジションを網羅的に理解できます。

業界地図は東洋経済新報社や日本経済新聞社が出版していたり、マイナビなどの就活サイトがインターネットで公開していたりします。

志望業界が決まっていない方は、業界地図を確認してどのような業界があるか確認するとよいでしょう。

まとめ

今回の記事では、業界研究のやり方がよくわからないという就活生に向けて、一般的な業界研究のやり方を紹介しました。

業界研究を実施することで視野や考えが広がり、面接やESで説得力のある回答を目指したりすることができます。

「どのような業界を志望すればいいかわからない」という方は、まず就活情報サイトや業界地図などを利用して、どのような業界があるか理解することが大切です。

どのような業界があるか把握したら、自分の気になる業界を選び、さらに詳しい情報を収集するようにしましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする