【企業研究】販売の仕事は辛い?自分に合った職種とやりがいを見つけよう

企業研究
2022.11.23
20

投稿したユーザー : masumin01

販売の仕事は、主に店舗で販売している商品を購入しているお客様のサポートをする仕事です。

日常生活の中で短かな職業であるため、アルバイトなどから経験している方も多いでしょう。

しかし、最近ではネットの普及から販売職の幅が広がり、店舗での販売以外にもネット販売やサービスの販売など様々な職種があります。

たくさんの方に喜んでもらえる仕事ですが、中には「辛い仕事」と思われている方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、幅広い職種を持つ販売職の仕事内容ややりがい・魅力についてご紹介します。

【企業研究】販売職の特徴と仕事内容

販売職とは、商品を購入するお客様のサポートをする職業です。

店舗にある商品を販売するために、商品の知識やコミュニケーションスキルがとても重要な職業です。

身近な職業としてコンビニやスーパー、百貨店などがあり、日常生活においてとても重要な職業ですよね。

また、販売は商品のように実際にものを売るだけではありません。

保険などのサービスの提供も販売職として大切な役割となっており、保険に関する幅広い知識だけでなく言葉のバリエーションや柔軟性なども必要な職業です。

販売職の主な仕事内容

販売職の主な仕事内容は、次のようなものがあります。

  • 接客
  • 品出し
  • レジ打ち
  • 在庫管理
  • レイアウト決め
  • 販売は「商品を売る」ことが最大の目的ですが、お客様一人一人のニーズに合わせて接客をしなければいけません。

    1日に何人ものお客様が来店され、短時間で一人一人のニーズを把握し、その人にあった商品を提供することが求められています。

    「ただ商品を売れば良い」ということではなく、接客のプロとしてお客様に寄り添い、お客様が求める商品を提案することが大切な役割です。

    また、新商品などを積極的に販売したい場合は、ただ商品を並べるだけでなくレイアウトを考えることもあります。

    商品をどのように見せると購買意欲が湧くのか、その商品の魅力を最大限に引き出すにはどうすれば良いのか。

    このようなレイアウトのセンスも求められます。

    販売の職種

    販売には様々な職種がありますが、具体的な職種をご紹介します。

  • アパレル
  • 百貨店
  • スーパー
  • 家電量販店
  • 美容部員
  • 化粧販売員
  • 主に人気の高い職種をご紹介しましたが、その他にもたくさんの職種があります。

    それぞれ仕事内容は異なりますが、共通することとして「お客様に喜んでもらうために何をするか」ということ。

    たくさんの種類がある中で、興味がある分野や自分に合った職種などをチェックしてみてください。

    販売 魅力

    【企業研究】販売職は辛い仕事?やりがいと魅力を解説

    販売職は「一度は経験したことがある」という方は多いと思いますが、「販売職のやりがいや魅力は知らない」という方は少なくありません。

    実際に販売職を仕事として考えているなら、まずはやりがいや魅力を知っておきましょう。

    販売職の魅力ややりがいは?

    販売職のやりがいは、「お客様を喜ばせることができる」ということが最大の魅力と言えるでしょう。

    お客様の好みやニーズを把握し、自分が提案した商品を気に入ってくれたり、実際に商品を購入してくれる際に大きな達成感を感じることができます。

    またお客様と会話をするうちに距離が近づき、次回の来店時には自分を指名してくれた時にはさらに大きなやりがいを実感できるでしょう。

    辛いと思う理由

    販売員は、たくさんのやりがいや魅力がある仕事です。

    しかし、中には大変・辛いと感じることもあります。

    販売の仕事は主に立ち仕事が多く、重たい商品を運ぶ仕事もあるため体力が必要です。

    また、お客様に接客をしている中で怒らせてしまうこともあるかもしれません。

    商品に対してのクレームは、商品を製造した会社ではなく販売員が直接受ける場面もあります。

    体力や気力が疲れていても、他のお客様に対しては笑顔で対応しなければいけないところは辛いと感じるところでしょう。

    販売員は、心身ともに“タフ”であることも重要です。

    販売職はどんな人が向いている?

    販売職は、誰にでもできる楽な仕事と思われる傾向がありますが、実際は楽な仕事ではなく向いている人・向いていない人に分かれます。

    こちらでは、販売に向いている人・向いていない人の特徴につていご紹介します。

    販売に向いている人

    販売職に向いている人は、このような特徴があります。

  • 人と接することが好きな人
  • 聞き上手
  • 提案力がある
  • 容量がいい人
  • コミュニケーションスキルが高い人
  • デスプレイなどのセンスがある人
  • 柔軟性がある人
  • 販売の仕事は、たくさんの人と関わるためコミュニケーションスキルや人と接することが好きな人には向いている職業です。

    また、一人一人のお客様の話をしっかりと聞き、要望に合わせた提案ができる人は販売職には欠かせない存在となるでしょう。

    そして、お客様に商品を売るだけでなく、レジでの対応・電話・店舗内の設備関係など、様々なことを同時に担当することも少なくありません。

    自分の中で優先順位を決め、容量良くこなすことはとても重要です。

    販売に向いていない人の特徴は?

    販売員に向いていない人の特徴は、次のようなことがあります。

  • 感情が表に出やすい人
  • 人の話を聞くことが苦手
  • 身だしなみに気を遣えない人
  • 体力に自信がない人
  • 販売職は、常に笑顔でいることが大切です。

    お客様に一方的なクレームを言われることもありますが、そんな時でも表情に出さずに冷静な対応が求められます。

    また常に人前に出る仕事なので、身だしなみには気を使わなくてはいけません。

    立ち仕事が多い販売職は、デスクワークに慣れている方や長時間立ち続けることが難しい方は、辛いと感じてしまうでしょう。

    販売 スキル

    販売で活かせるスキルや資格

    販売職に活かせるスキルや資格はどんなものがあるのでしょうか。

    販売の仕事をするために必要なスキルや資格を持っているなら、積極的にアピールしましょう。

    活かせるスキルや経験

    販売に活かせるスキルは次のようなものがあります。

  • コミュニケーションスキル
  • 提案力
  • トーク力
  • 柔軟性・臨機応変な対応
  • PCスキル
  • たくさんの人と関わる仕事なので、コミュニケーションスキルはとても重要です。

    またお客様が求めていることに対しての提案力や、それに対しての説明・トーク力も必要になります。

    様々なお客様が来店しますので、柔軟性や臨機応変な対応力があるとスムーズに仕事ができるでしょう。

    接客以外の事務的な仕事でPCを使う企業も増えているため、基本的なPC操作ができると有利です。

    活かせる資格

    販売職で必要な資格は、特にありません。

    しかし、活かせる資格は次のようなものがあります

  • TOEIC
  • カラーコーディネーター
  • サービス接遇検定
  • 販売士
  • このような資格を持っていると、様々な職種で役に立ちます。

    サービス接遇検定や販売士は、接客や販売に対する対応や心構え、マナーなどを学ぶことができ、販売職全般で役に立つ資格です。

    また店舗や商品のレイアウトなどにおいて、カラーコーディネーターの資格は優遇されるでしょう。

    企業研究で自分にあった販売職を探してみよう!

    販売の仕事は、幅広い場面で必要な仕事であり、仕事内容も多岐に渡ります。

    お客様との距離が最も近い職業なので、コミュニケーションや言葉使い・柔軟性などのスキルはとても重要になります。

    販売職の最大の魅力はお客様の笑顔が見れることであり、さらに自分を指名してくれた際にはより大きなやりがいと充実感を実感できるでしょう。

    企業研究では様々な販売の仕事を紹介しています。

    幅広い職種がある中で、自分にあった仕事や、やりがいのある仕事を探してみましょう。

    この記事を友達におしえる!

    タイトルとURLをコピーする