ホテルスタッフの仕事内容と職種は?企業研究でスキルを活かそう!

企業研究
2022.11.23
16

投稿したユーザー : masumin01

仕事や旅行など、多くの方が利用したことのあるホテル。

そのホテルスタッフの仕事は、フロントやコンシェルジュなどのイメージは大きいでしょう。

しかし、それ以外にもたくさんの職種があり、それぞれの仕事には大切な役割があります。

これからホテルスタッフを目指す方は、ホテル業界の職種を把握し必要なスキルや資格で就職を有利にしましょう。

こちらでは、ホテルスタッフの仕事や職種、必要な資格やスキルについてご紹介します。

ホテル 仕事内容

ホテルスタッフの仕事内容は?職種も紹介

ホテルスタッフの仕事は様々な種類があり、それぞれの重要な役割があります。

こちらでは、ホテルスタッフの職種と仕事内容についてご紹介します。

フロント

フロントは、どんなホテルにもある職種です。

ホテルに着くと、まずはフロントでチェックインの手続きをしますよね。

その他にも、宿泊客の予約管理・案内・客室の鍵の管理・会計・チェックアウトなど、幅広い仕事内容があります。

また宿泊中のお客様からの要望などの対応をすることもあるので、コミュニケーション能力は大切なスキルです。

その他にも語学力やマナーなど、どんなお客様にも対応できる幅広いスキルが求められます。

コンシェルジュ

コンシェルジュは、フロントの仕事内容と似ていますが、お客様の要望に応えることが仕事です。

ホテル内の仕事ではなく、レストランの予約やタクシーの手配、宅配便の受付などホテル外の仕事が多く、お客様に合わせたサービスを行うので、交渉するスキルがあると便利です。

コンシェルジュがいないホテルは、フロントの業務と合わせて行うこともあります。

ドアマン

ドアマンは、お客様をお出迎えをしフロントや客室まで案内をします

ドアマンの仕事は、正面玄関のドアでお出迎えをするだけでなく、お客様にストレスがかからないようにスムーズに案内する役割です。

その日のホテルの混雑状況や予約数などを把握し、フロントが混雑しないようにご案内する仕事なのでホテルに入って初めてお客様と接するのがドアマンです。

ホテルの第一印象になるので、とても重要な役割となっています。

またその他にも、天気に応じて正面玄関の掃除や雪かき、雨の日には傘を差し出したりなど、お客様への配慮が必要です。

ベルアテンダント

ベルアテンダントは、フロントでお客様の荷物を預かり客室へ運ぶ仕事です。

お客様の荷物を直接運ぶので、落としたりぶつけたりする事のないように、細かな気遣いが重要になります。

その他にも、客室へ案内する最中にホテル内の説明や部屋の電話・鍵の使い方を説明するなど、ホテルのあらゆる知識が必要になります。

また、ホテルの知識やコミュニケーションスキルも大切ですが、荷物は重たいものもあるのである程度の体力も必要な仕事です。

ルームサービス

ルームサービスは、お客様からの電話オーダーを取り、希望に沿った料理やドリンクを届ける仕事です。

コース料理の場合は、料理の説明やセッティングなども仕事に含まれるので、それらに対応した知識が必要です。

ホテルによっては料理だけでなく、マッサージなどのサービスも行っていることもあります。

ハウスキーピング

ハウスキーピングは、客室をきれいに清掃する仕事です。

主にベッドメイキング・備品の補充・整理整頓・ゴミの処理・お客様の忘れ物の確認などを行います。

直接お客様と関わることが少ない仕事ですが、部屋を見た初めの印象がホテルの満足度を左右させるためとても重要な仕事です。

また、次のお客様のチェックインの時間までに部屋の清掃を終わらせなければいけないので、丁寧さとスピードも重視されます。

宴会部門

ホテルでは、宿泊だけでなく記念日などのパーティーや会社の宴会など、様々なイベントが実施されます。

宴会スタッフは、このようなイベントの際にホテル内でできる企画や会場のセッティング・サービス提供などをする仕事です。

営業部門

ホテル業務はホテル内の仕事だけでなく、ホテルを多くの方に利用してもらうための営業も行っています。

主にセールスや企画・マーケティング・広報などの仕事があり、ホテルをより多くの人に認知してもらい、テレビや雑誌の取材など、メディアでのやりとりなども行います。

営業部門に関しては、コミュニケーションスキルとマーケティング力・行動力なども問われます。

管理部門

管理部門は、他の企業などと同じように総務・経理・人事などがあります。

またホテルで使用する食材などの仕入れ、ホテル内の家具や設備のチェックなど、細かい業務を行います。

ホテル 必要な資格

ホテルスタッフは未経験からなれる?必要なスキルや資格を紹介

ホテルスタッフには様々な職種があり、それぞれに重要な役割がありましたね。

ホテル業界に就くには、就職の際に有利な資格やスキルがありますのでしっかりとアピールして、他の人との差別化を測りましょう。

必要な資格

ホテル業界に携わるためになくてはならない資格は、特にありません。

しかし、それぞれの職種であると有利な資格は、以下のようなものがあります。

  • ホテルビジネス実務検定
  • ホテル実務技能検定試験検定
  • レストランサービス技能検定
  • サービス接待技能検定
  • TOEIC
  • これらの資格は必須ではないので、就職の際にアピールできる材料となります。

    宿泊や料理のサービス提供の場においての問題管理能力やマーケティング、接客業・ホテル業に関する専門知識などの資格です。

    海外からのお客様も多いホテルでは、語学力はとても重要なスキルになるためTOEICを持っているととても優位になるでしょう。

    就職に有利なスキル

    ホテルフタッフになるために有利なスキルは、次のようなことです。

  • コミュニケーションスキル
  • 語学力
  • 体力
  • 忍耐力
  • ホテルスタッフは、お客様との関わりが多い仕事です。

    不特定多数の方とのコミュニケーションが得意な人は、ホテル業界でとても重要な人材になります。

    また、海外からお越しいただくお客様も多いため、高い語学力があると優遇されることもあります。

    これから先、グローバル化が進むにつれてさらに高い語学力は重視されていくでしょう。

    ホテル業界は、時間が不規則になることもあるので体力・忍耐力も必要になります。

    また、接客業や調理の仕事などの経験を活かせる仕事なので、そういったスキルもしっかりとアピールしましょう。

    ホテル やりがい

    ホテルスタッフのやりがいや魅力

    ホテルスタッフの最大の魅力は、お客様からの「ありがとう」という感謝の言葉ではないでしょうか。

    サービス業や接客業は、基本的に正解のない職業です。

    たくさんのお客様と関わる仕事なので、「どうすれば喜んでもらえるのか」「こんなものがあると便利なのでは」など、一人一人にあったサービスを提供することが大切です。

    思いやりや気遣い、おもてなしの心を持って仕事をすることで、お客様の笑顔を見るこができるます。

    いろいろな方に「ありがとう」と感謝されることで、仕事に対するやりがいを実感でき、モチベーションにつなげることができます。

    年齢や性別、国など、全てが異なるお客様と接する仕事なので、良かれと思ってしたことに対してクレームを言われることもあるでしょう。

    全員のお客様に喜んでいただくことはとても難しく、現場で学ぶことも多い仕事です。

    その中で、「ありがとう」や「また来ます」などの言葉を聞くとことで、大きなやりがいを見つけられ、喜びを感じることができるでしょう。

    企業研究でホテルスタッフの仕事を見つけよう!

    ホテルスタッフには、様々な職種がありそれぞれで重要な役割を持っています。

    お客様と直接関わる仕事だけでなく、陰で支える仕事やホテル全体をまとめる役割など、どれも欠かせない内容です。

    ホテル業界で活かせる資格やスキルを学んでいれば就職にも有利になり、一流ホテルへの就職も可能な場合もあります。

    専門的な知識や有利になる資格やスキルは、就職の際に必ずアピールしましょう。

    自分にあったホテルの仕事を企業研究で探してみてください。

    この記事を友達におしえる!

    タイトルとURLをコピーする