【職種研究】化学系はどんな仕事?やりがいと必要なスキル・職種について紹介

就職活動
2022.10.22
94

投稿したユーザー : masumin01

「化学系の仕事ってどんな仕事があるの?」

こんな悩みをお持ちの方。

化学系の仕事は様々なものを作るための“素材”を作る会社で、その素材は非常に幅広い分野に分かれています。

化学メーカーだけでなく、医療関係や製造関係などあらゆる分野があり、専門的な知識を必要とする会社もたくさんあります。

化学系の仕事につきたいと考えるなら、化学メーカーだけに偏らずに視野を広くして探してみると、自分に合った仕事が見つかる可能性も高くなります。

こちらでは、化学系の仕事、職種、必要なスキルややりがいについてご紹介します。

化学 種類

化学系にはどんな種類がある?

化学メーカーは幅広い分野がありますが、大きく分けると3種類になります。

化学の仕事を検討している方は、どのような会社があるのか、どんな職種で働きたいかを検討する上で理解しておくとイメージしやすくなるでしょう。

総合科学メーカー

総合科学メーカーは、基礎原料から最終製品までの全てを一貫して行う会社です。

化学製品や医療品など、幅広いジャンルを扱っており「三菱ケミカル株式会社・住友化学株式会社・旭化成株式会社」など知名度の高い企業も総合化学メーカーに分類されます。

基礎だけでなく、中間に行う化学メーカーや最終製品のみを扱う会社がある中で、基礎から全てを一貫できる会社の技術力は非常に高く、優秀な人材が多く集まります。

電子科学メーカー

電子材料メーカーでは、半導体やディズプレイなどの電子材料を扱っている会社です。

半導体やディスプレイなどの電子材料は、スマートフォンや車、電子機器など短かなものに使用されているものが多く、生活の一部と言っても過言ではないでしょう。

これからも重要な材料として生活を支えるものであり、必要不可欠な企業です。

主な企業は「富士フィルム・昭和電工マテリアル」などが挙げられます。

誘導品メーカー

誘導品メーカーは、基礎原料を使用した中間財を生産する会社です。

最終製品を生産するために必要不可欠な役割を担っており、一つの分野に特化した生産や開発に注力している会社が多くあります。

有名企業はたくさんありますが直接人々の生活に関わることは少なく、知名度は低いでしょう。

しかし、中間財として重要な部分を扱っているので企業間では多くの人との関わりがあります。

化学メーカーの仕事内容とは?

化学メーカーで働く際の仕事内容についてご紹介します。

職種については「研究・開発、生産技術、品質管理、営業」の4種類があります。

それぞれの職種には様々な特徴がありますが、自分の得意分野で働くことでモチベーションの維持や長く継続することができるでしょう。

自分が得意とすること、そして就職する際のアピールポイントといても理解しておくといいでしょう。

研究・開発

研究・開発の分野では、新しいのも作り出すための研究や仮説の検証などを行います。

新しい製品を製造するための基礎研究を始め、基礎研究で発見した結果をもとに次の応用につなげ具体的な製品開発につなげます。

研究・開発では様々な知識と専門性が重要になるので、修士号など高い学位を持っている方が優位となるでしょう。

化学系の専攻はもちろん、種類によっては生物や物理などの知識がある方でも活躍できる分野です。

生産・技術

生産・技術の職種は、製品を製造するための技術や生産する過程の開発をします。

生産・技術では専門性も重要ですが、品質管理や研究・開発部門との連携も重要になるためコミュニケーション能力も問われます。

他の職種との連携をとりながら製品を生産する過程を効率化することで量産が可能であれば、市場に出回る商品となります。

しかし、非常に優れた製品が開発されても生産・技術の過程で効率化を図ることができなければ市場へ出回ることは難しくなります。

商品として市場で見ることができるかは、生産技術の力の見せ所となるのです。

品質管理

品質管理の仕事は、製造された製品の品質管理が主な仕事です。

しかしシンプルな仕事ではなく、社内における研究開発や生産技術職との連携も重要であり、取引先の対応など仕事内容は多岐にわたります。

さらに製品の規制や監査の対応など、仕事内容は常に進化しているため、責任が問われる仕事です。

営業職

営業職は、あらゆる仕事の分野で活躍している職種のためイメージしやすいでしょう。

化学系の営業職は、製造・生産された商品を企業などに売り込む仕事です。

売り込むだけでなく、製品のフィードバック情報を共有する役割も担っています。

営業職では、多くの方とコミュニケーションをとることが必要不可欠であるため、トーク術や表現力なども問われる職種です。

化学系の営業は専門知識を持っていることは大切ですが、研修などを行っている会社も多く専門外の人であっても向上心や責任感が高い人が求められます。

営業は国内に限らず、製品によっては世界的シェアされているものも少なくありません。

このことから、話せる言語が多いことも有利となるでしょう。

化学系の仕事の就職先はどんなところ?

化学系の仕事を検討している方は、「就職先はどんなところ?」「ちゃんと就職できる?」と不安を感じている方もいるでしょう。

化学系は専門知識を活かした仕事なので、就職先を選択する上で有利となります。

こちらでは、化学系の就職先として人気のある業界をご紹介します。

医療福祉業界

医療福祉業界には、化学系専門知識がある人材を求めている分野があります。

主に製薬会社が人気となっており、薬を開発する研究職や研究したデータをもとに医薬品を開発する職種などの分野で活躍することができます。

特に科学に対する知識が重要になるので、豊富な知識がある方は有利になるでしょう。

化粧品を扱う業界

化粧品業界も化学系の分野で人気を誇る仕事です。

化粧品は様々な商品が毎年のように販売されおり、性別問わず人気の業界です。

化粧品業界では主に開発・研究の仕事が多く、肌に対する有効成分や香料、素材など、新商品を開発する上でとても重要な分野となります。

最近では低価格でも効果的な商品も多く販売されており、使い心地の良い化粧品が人気を集めていますよね。

そういった人気商品を開発するために、化学の専門知識を持った人たちが活躍しているのです。

ものを作る製造系の業界

製造業界は、化学だけに限らず繊維工業や石油工業、金属工業、プラスチック工業など様々な分野で活躍か期待できます。

様々な物質を使って製品を生み出す仕事は、あらゆる企業で必要不可欠な仕事であり、選択肢に困ることはないでしょう。

専門知識を活かした公務員

化学系の公務員とは技術系公務員を指し、国家公務員の場合「国立医薬品食品衛生研究所」や「動物医薬品検査所」などで働くこともできます。

地方公務員になると農林水産技術や工業技術などの研究所で働くことができ、より良い街づくりに貢献することができます。

化学 やりがい

化学系に必要なスキルとやりがいについて

化学系の仕事に就く際に、必要なスキルとやりがいをご紹介します。

化学系の仕事をする際に必須の資格はありませんが、専門性の高い職種に就く際にはその分野に精通しているスキルがあると就職の際に有利になります。

必要なスキルや資格

新卒採用や中途採用の欄には必須の資格が記載されていることは少なく、就職前に取得するものはありません。

しかし、化学系の仕事は専門性が高いことから一つの分野に対しての熱意と向上心がとても重要になります。

また就職先によっては、化学工学や機械系、電子、物理、薬学など、学んだスキルが役に立つこともありますので、しっかりとアピールしましょう。

希望する職種によっては国外の取引先とのやりとりがある場合は、「TOICE何点以上歓迎」などの応募要項が記載されていることもあります。

仕事のやりがい

化学系の仕事は、自分の好きなことに集中して仕事ができる環境が整っています。

特に研究・開発職に関しては、その分野のプロフェッショナルな人たちと協力しながら過ごすことにやりがいを感じることができるでしょう。

また自分が関わった研究が実際に商品として生み出され、市場に出回ることになるとモチベーションも高まり、さらに仕事に力が入るはずです。

自分の好きなことが世の中の人の役に立つものとして生み出される、ということが自分のやる気とやりがいにつながる仕事です。

職種研究なら好きな化学系の仕事が見つかる!

化学系の仕事は、「総合科学メーカー・電子材料メーカー・誘導品メーカー」の3種類に分類され、自分の得意分野で活躍することができます。

さらに化学系の職種には研究・開発や生産・技術などの分野に分かれており、どれもとても重要な役割を担っています。

職種を選ぶ際には、コミュニケーションスキルや向上心、責任感など、それぞれ重要なスキルがあります。

また、選択する分野に精通して学んだ経験があるなら必ずアピールしましょう。

職種研究では、化学系の様々な仕事をご紹介しています。

これまで学んできたこと、得意分野を生かせる仕事であり、プロフェッショナルな中でできる環境はやりがいを実感することができるでしょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする