【職種研究】技能工ってどんな仕事?技術職との違いややりがいについて紹介

就職活動, 企業研究
2022.10.22
76

投稿したユーザー : my14apila

技能工とは、商品を製造する工場の仕事のイメージがあると思います。

しかし、「技能工って何をしている仕事?」「技能職と技術職って同じ仕事?」と疑問に思う方も多いでしょう。

メーカーの製造や商品を生み出す仕事は常に人気がある職業ですが、具体的な仕事内容が分からない方は就職前にしっかりと理解しましょう。

技能工の仕事を理解することで、自分にあった分野や必要なスキルなどが分かり、就職に有利になります。

こちらでは、技能工の種類や必要なスキル、やりがいについてご紹介します。

また技能工と技術職の違いについても解説していますので、それぞれの仕事を理解した上で職業を選んでみましょう。

技能工 仕事内容

技能工とは?

技能工とは、工場で生産される製品を生み出す仕事です。

あらゆる商品の生産・加工・組み立てなどを手がける仕事で、工場内の機械操作などを行っています。

商品を生み出す技術があっても、その機械の操作を行える人がいなければ製造はできませんよね。

機械操作も重要な仕事であり、機械の調整やセッティングなどの役割もあります。

また、工場で扱う機械の他に、自動車などの修理・整備を行う人もいます。

技能工の種類

技能工の仕事は様々な種類があり、製造を行っている企業に関しては必ずある職種です。

例えば、

  • 自動車
  • 電気機器
  • 宇宙開発
  • 産業用機器
  • 医療機器
  • 輸送機器
  • プラント
  • ゼネコン
  • など、まだまだたくさんの種類があります。

    自動車や電気などの生活に関わるものから、宇宙開発などの大きな分野まで非常に幅広くあります。

    自分が気になる分野や、得意なものなどをそれぞれ調べてみましょう。

    技能工と技術職の違い

    技能工と技術職は比較されることの多い職業の一つですが、違いがよくわからないという方も多いでしょう。

    しかし、仕事内容は全く別物になりますので、技能工を希望する方は間違いないようにしっかりと理解しましょう。

    技能工とは、生産技術において自分で作業ツールを操作して製品を加工したり、工作機械のセッティングを行うことです。

    技術職は専門的な知識を持つ人を指し、生産ラインで不備や不良の部分を見つけ出し、課題の改善に勤める仕事です。

    作業だけでなく、作業工程に必要なメンテナンスや設備管理なども行うことも仕事内容に含まれており、作業を計画的に進めるための管理を行います。

    技術職が生産ラインの工程を作り、技能工が生産ラインの工程に沿って作業を進める役割を担っています。

    技能工 必要なスキル

    技能工の仕事に必要なスキルと能力は?

    技能工の仕事には、必須の資格などはありませんがあると有利なスキルがあります。

    目に見える資格よりもアピールすることは難しいところですが、自分の長所としてしっかりとアピールしましょう。

    コミュニケーションスキル

    コミュニケーションスキルは、営業などの職種で必要とされるスキルのイメージがあると思います。

    しかし、技能工においてもコミュニケーションスキルは重要です。

    仕事内容は常に決めあれた中で行われますが、もちろん作業内容や工程が変更することもあります。

    そんな時には、円滑に仕事が進むようコミュニケーションを図ることで、スムーズに作業を進めることができます。

    常にコミュニケーションを取るのではなく、必要な時に必要なだけの対応が重要です。

    責任感

    技能工は、決められた作業を黙々とこなすことが多い仕事ですが、一人一人が責任を持って仕事をこなすスキルはとても重要です。

    商品を製造する上で技能工はとても重要な役割を果たしており、一つ間違えると不良品となる可能性もあります。

    作業を流れとして行うのではなく、責任感を持って行うことが大切です。

    自己管理と安全管理スキル

    技能工において、自己管理と安全管理は欠かせません。

    仕事はシフト制で行われることが多く、交代制で作業が行われているので体調は常に万全で挑む必要があります。

    また、主に設備や機械、薬品、材料などを使用して仕事を行うので、それぞれの扱いには最新の注意を払う必要があります。

    マニュアルを企業ごとに設けていることがほとんどですが、作業中に事故や怪我などをしてからでは遅いのです。

    仕事中は集中して作業を行い、怪我のないように取り組む姿勢が必要です。

    技能工に向いている人・向いていない人

    仕事に関してはやる気や責任感など重要なスキルが問われますが、もちろん人には「向いている仕事・向いていない仕事」があります。

    仕事に対してスキルが高くても、好きなことでなければ続かないこともありますよね。

    こちらでは、技能工が向いている人はどんな人なのか、反対に向いていない人の特徴についてもご紹介します。

    向いている人

    技能工に向いている人の特徴は、コツコツとした作業が好きな人です。

    決められたことをきっちりとこなし作業を黙々とこなせる人、一人で仕事に打ち込むことが好きという人は技能工に向いている仕事です。

    技能工は、基本的に難しい作業をするというよりは単純作業を繰り返し行うことが多いので、飽きがきてしまうこともあるでしょう。

    しかし、淡々と作業をすることが好きな人は技能工が天職かもしれませんね。

    向いていない人

    技能工は、同じ作業を繰り返し行うことが多いので飽き性な人・コツコツとした作業が苦手な人には向いていません。

    技能工の出世は非常に緩やかで、出世したいと考えている人はモチベーションの維持が難しく、長く続く仕事とは言い難いです。

    また、常に刺激を求めて仕事をしたい人にとっても、技能工は物足りなさを感じてしまうかもしれません。

    決められたことを同じように繰り返す作業が多いので、穏やかな職場であり、刺激は少なめです。

    技能工のやりがいは?

    技能工は、直接製品を作ることに携われるので、完成を初めに間近で見ることができます。

    製品を製造する工程から、徐々に完成していく姿を見ることにやりがいを感じるができるでしょう。

    また、自分が製造した製品が世の中に出回ることで、社会に貢献している・仕事に誇りが持ているというモチベーションにも繋がります。

    そして日々の作業工程の中で効率化できたり、製品の完成度が高くなるなど、自分の成長を実感しやすい仕事です。

    このように他の人に評価されるよりも、自分自身で実感できることが多くやりがいにつながる仕事であると言えます。

    職種研究でやりがいのある技能工を見つけよう!

    職種研究では、様々な技能工の仕事を見つけることができます。

    技能工は、自動車業界や電気機器、宇宙開発、医療機器など、様々な企業で必要な職種です。

    工場を持っている企業なら必ずといっていいほど技能工の仕事があり、あらゆる製品を製造する上でとても重要な役割を果たしています。

    技能工は決められた作業を黙々とこなす仕事ですが、責任感と安全管理・自己管理がとても重要な職業です。

    また淡々と作業をこなすだけでなく、その日の作業工程や変更になったスケジュールなどをしっかりと確認をし、製品を確実に作り出さなければいけません。

    単純作業と思われがちですが、製品を生み出すためにとても重要な仕事であり、完成度も問われます。

    そして、実際に完成した製品を間近で見ることができ、市場に出回ることでさらに達成感ややりがいを感じることができるでしょう。

    自分自身で成長を感じることができる仕事なので、コツコツとした作業が得意な人、黙々を作業することが好きな人には向いている仕事です。

    様々な種類がある中で、自分の興味のある分野や好きなことを職種研究で見つけてみましょう。

    この記事を友達におしえる!

    タイトルとURLをコピーする