【企業研究】管理の仕事内容とは?管理の6つの職種と向いている人の特徴

企業研究
2022.11.25
17

投稿したユーザー : Romi

「管理の仕事内容を知りたい」、「管理の仕事に向いている人の特徴を知りたい」と気になっている人は多いのではないでしょうか?

この記事では、管理の仕事内容や管理の職種、管理の仕事に無一得る人の特徴などについて説明します。

管理の仕事に興味のある人は、ぜひ参考にしてください。

管理の仕事内容

管理は企業経営を支える重要な仕事です。

管理に分類される職種には人事や経理、財務、総務などがあり、企業の基本となる部分を支えて、企業の成長に関わる非常に重要な役割があります。

直接的に顧客と関わらない業務であり、直接的に売上に直結しない業務であるため、企業によってはバックオフィスや間接業務と呼ばれます。

企業が安定した収益を生むためには直接的に顧客と関わる営業やマーケティングなどの業務を行う部門や製品やサービスを企画・開発する部門も必要です。

ただ、さらにそれを縁の下の力持ちとして支える管理部門があるからこそ、円滑な企業経営が可能となります。

管理の仕事がなくなってしまうと、人材採用や契約書発行、請求書作成、備品管理などのサポート業務を行う人がいなくなってしまいます。

こういった基盤となるサポート業務がなければ他の業務が安心して業務を行うこともできなくなってしまうため、管理の仕事は企業の中でも非常に重要なポジションであるといえます。

管理の6つの職種

こちらでは、管理の6つの職種について詳しく説明します。

①人事

人事は、社内の人材配置や採用、育成、評価などを行います。

人材採用では採用計画を作成し、新卒や中途採用活動を行います。

採用した人材を教育したり、研修して育成することも人事の役割です。

また、社内の評価制度に基づいて社員の能力を評価し、適した部署への異動や配置転換、昇進などを行い企業の発展につなげています。

仕事をしやすくするために人事戦略を考えたり、人事制度を企画することも業務に含まれます。

給与計算や福利厚生の手続き業務などの労務管理も人事が行うため、幅広い業務を行います。

企業の規模が大きいと、人事の業務ごとに担当が細分化されるため、人事業務の中でも専門性を高めることも可能です。

②経理

経理はお金の管理や決算業務、減価償却などの資産を管理する業務、給与や税金などの計算などが主な仕事です。

企業内のお金の流れを把握し、しっかりと目に見える形で数値化して経営者と情報を共有することが重要な役割です。

企業の売上や支払金額だけでなく、交通費や接待費などの経費の管理もします。

より具体的な業務としては、決算書や請求書・納品書・領収書を発行して帳簿に記帳したり、事業活動を数値化して資料を作成したりします。お金に関する知識が問われるだけでなく、ミスをしない責任感と集中力が求められる職種です。

③財務

財務は経理が作成した財務データや事業計画書の数字を基にして、将来のお金を管理することが主な業務です。

企業の存続のため、事業の継続のために必要となるお金を用意することが業務となるので、資金調達をすることが重要な役割となります。

具体的には資金調達のために金融機関からの融資、資本増強のための株券発行、社債調達などが業務です。

経理よりも専門的な知識や経験が必要となり、特に法律関係の知識は日々のアップデートが欠かせません。

④法務

法務は企業の中で法律業務を行うことが仕事です。

コンプライアンス(法令順守)の考えが広まるようになったため、コンプライアンス体制を整えることも法務の重要な役割です。

具体的な業務としては、契約書の作成、特許や著作権の管理、消費者やクライアントとの法的トラブルの解消などが挙げられます。

法律に関する専門的な知識だけでなく、社内や社内の人とやり取りをするための高いコミュニケーション能力が必要です。

⑤総務

総務は管理の中でも他の部署では手が回らないサポート的な業務をすることが役割です。

まさに縁の下の力持ちとして重要なポジションであり、備品管理や、イベント企画・運営、セキュリティ整備、慶弔業務、防災整備などを行います。

企業の規模によっては、総務部が人事や労務の業務を担当することも多いです。

上層部とやり取りする機会が多く、企業全体の状況を客観的に見て意見を言うことも求められます。

⑥情報システム

情報システムでは社内のサーバ管理やネットワーク管理、パソコンなどの機器管理、webサイト管理などを行います。

また、外部からのハッキングから情報を守ることも業務に含まれます。

情報システムではIT関連の知識だけでなく、情報処理の資格を持っていることや情報処理関連の学部を卒業していることが求められることも多いでしょう。

管理に向いている人の特徴

管理に向いているのは、責任感のある人やスケジュールが得意な人などです。

こちらでは、管理に向いている人の特徴について説明します。

スケジュール管理が得意な人

管理の仕事の中でも人事や総務、財務などはマルチタスクになることが多いので、スケジュール管理が重要になります。

さまざまなタスクを並行してこなすために、自分でスケジュールをうまく組み立てて管理する能力が求められます。

管理の仕事では期限内に作成や提出が必要な書類が多いため、期限を想定してスケジュールを立てて効率よく仕事を進められる人が向いています。

人と関わることに抵抗がない人

管理の仕事では、他のさまざまな部署の社員とやり取りをすることが多くなります。

そのため、人と関わることに抵抗がない人や人をサポートすることにやりがいを感じる人に向いていると言えます。

表に立って注目を集める仕事ではないですが、裏方として社員の助けになりたい、積極的にコミュニケーションをとりたいと自然に思える人が管理の仕事を長く続けられるでしょう。

責任感のある人

管理にはお金を扱う経理や財務、法律を扱う法務など責任感が求められる職種が多いです。

小さなミスが会社の将来を大きく変えてしまうことがあるため、非常に責任が大きい業務を担当することが特徴です。

そのため、会社に損害が出ないように責任感を持って仕事をできる人が管理に向いているでしょう。

忍耐力のある人

管理の仕事は事務作業が大半のため、1日パソコンに向かって作業することも多くなります。

職種によってはルーティンワークも多くなるので、毎日同じような業務を黙々とこなすことができる忍耐力がある人が管理の仕事に向いています。

管理で求められるスキル

管理では書類作成やデータ入力などの業務が多いため、パソコンスキルが求められます。

基本的なパソコンスキルに加えて、タイピングスピードやツール、Officeソフトなど効率よく仕事を進められるスキルも必要です。

経理や財務、法務などの職種は企業の経営にもかかわる重要な業務を行うため、リスク管理が重要です。

事業運用や収益の確保を安定的に行うためにもリスクを最低限にするためのスキルが求められます。

管理の仕事内容を把握しよう

管理の仕事は社員がスムーズに仕事ができるようにサポートすることが主な業務です。

人事や経理、財務、法務など企業の縁の下の力持ちとして黙々と業務を行うことができる人や企業の将来を変えてしまうような業務に対して責任感を持って仕事ができる人が管理に向いています。

管理の仕事の特徴や管理の職種を把握して、自分がやりがいをもって仕事ができそうかどうかを見極めましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする