面接で短所を「心配性」と伝えるには?長所への言い換えも解説!

就職活動, 面接対策
2022.04.06
870

面接で短所を聞かれた時に「心配性」と答えようと考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、心配性と聞くとネガティブなイメージがあり、面接で悪印象を与えてしまうのではないかと悩んだことがあるかもしれません。

しかし、伝え方に注意することでネガティブではなくポジティブに捉えてもらうことができます。

面接官への伝え方やポジティブに捉えてもらえる言い換えを学んで、面接への苦手意識を克服しましょう。

3029863_s

短所を「心配性」と答えた場合の面接官に与える印象

面接の際に短所を聞かれ、心配性だと答えた場合、必ずしもマイナスに捉えられるという事はありません。

一般的に「心配性」と聞くと、物事について深く考えすぎてしまったり、不安が大きくなり、中々行動を起こす事ができなくなってしまったりとマイナスなイメージを持っているかもしれません。

しかし、心配性は物事を深く考えるが故に先を見越して色々なパターンのイレギュラーについて考える思考を持つ事ができたり、物事に慎重に取り組んだりと長所にも言い換えることができます。

自分がどのようなタイプの心配性なのかを理解して面接に臨めばプラスな面もアピールすることができます。

必ずしもマイナスに捉えられることはありません。

マイナスに捉えられてしまった場合は、伝え方が曖昧だった可能性があります。

なぜ面接で短所を質問されるのか

面接官が就活生に短所を聞くのには理由があります。

質問の意図を知ることでマイナスな印象を与えずにすむでしょう。

人間性や価値観の確認

就活生が誠実な人であるかどうかを重要視する面接官は多くいます。

短所の質問には答えにくいかもしれませんが、自分の短所を誤魔化したり分からないと答えてしまったりすると、面接官には短所と向き合えない人間だと思われてしまいます。

短所で「心配性」と伝えると、この就活生は「心配性」という短所と向き合っていると思ってもらえるでしょう。

社風とマッチしているかの確認

企業によって働き方はさまざまです。

チームで仕事をするため協調性が必要な職種もあれば、一人で黙々とパソコン作業に打ち込むような職種もあります。

企業は、就活生が入社後に、社風が合わなくて苦労をしたり退職したりすることを防ぎたいと考えているため、面接では企業と就活生の適性が合っているかを確認しているのです。

短所を改善する姿勢の確認

短所は誰にでもあるものです。

面接官は、就活生が自分の短所をきちんと理解して向き合えているかどうかを確認しています。

また、自分の短所と向き合い、改善しようと努力する事ができるのかどうか、その姿勢も見ています。

入社後、仕事や人間関係など壁にぶつかる事もたくさんありますが、その際に面接官は就活生は短所がある上でどう乗り越えていくのかどうかを見ているのです。

短所として「心配性」を伝えるのであれば、「心配性」の改善方法を伝えましょう。

面接官の質問に対して嘘をついたりはぐらかしたり答えが不誠実な人は、入社後トラブルを起こしたりするのではないかと不信がられてしまうでしょう。

面接の短所で「心配性」を伝える際のポイント

短所は伝え方次第でネガティブにもポジティブに捉えられます。

「心配性」と伝えただけではマイナスの印象を与えてしまうかもしれません。

心配性を長所と捉えた言い換えや、克服したエピソードを交えて話すなど伝える際のポイントがあるため、確認していきましょう。

どんな心配性なのかを伝える

心配性といっても、どのような心配性なのかは人によって違います。

例えば、気になりすぎて中々行動に移すことができない、慎重になりすぎてしまう、ミスを恐れるが故に考え込んでしまう、などが挙げられます。

面接官に「心配性」だと伝えたい場合は、「私は◯◯事が心配性であり、自分の短所だと思っています」というように述べると良いでしょう。

結論を先に話し、後からエピソードを添える事で面接官が内容を整理しながら話を聞くことができて、言いたいことが伝わりやすいです。

心配性をどのように改善しているかを伝える

面接官は、就活生が自分の短所をどのように理解し向き合っているのかを重要視しています。

短所について理解していてもそれを放っておいてはいけません。

「心配性」な短所を改善しようという前向きな姿勢があるかどうか、どのように改善しようとしているのかなど自分なりに考えて行動していることをアピールすることが大切です。

面接で伝える際には、改善策を具体的なエピソードを交えて話すとより面接官に伝わりやすくプラスに捉えてもらえるでしょう。

どのように改善できたのかを伝える

改善できたエピソードがあれば面接官に伝えるようにしましょう。

また、改善できたエピソードがなくても、改善しようと行動を起こして現在どのような状態であるのかどうかを伝えることが大切です。

克服できてない事がマイナスになるということはなく、克服に向かって努力しているということでプラスに捉えられるでしょう。

改善途中でも、前後で変化を自覚したエピソードがあれば話すとより面接官にも努力が伝わりやすくなります。

ただ心配性である事を述べるだけでは改善に向けた努力が面接官に伝わらないだけでなく、マイナスの印象を与えてしまいます。

心配性の短所を気にしてはいるものの行動できない人と捉えられてしまうでしょう。

心配性は長所にも言い換えられる

短所はマイナスなイメージを持たれることが多いですが、伝えるテクニックによってはプラスなイメージに変えることができます。

どのように長所に言い換えられるのか見ていきましょう。

計画性がある

仕事をするにあたって、全てが計画通りに上手くいくとは限りません。

トラブルやイレギュラーなことが起こるものです。

予想外の事態が起きた時、人は慌ててしまう傾向にありますが、心配性の人はあらゆるトラブルも想定して考えるため、準備を重ねイメージトレーニングなどをしています。

このようなトラブルに対して念入りな準備をしておく能力や不測な事態が起こっても被害を最小限に留められるように、トラブルのパターンに対しての対策を考えておく能力は企業にとっても大切にしたい能力と言えます。

慎重になる

何かを始める際に心配になることは誰にでもあります。

特に初めてのことに取り組む時などは慎重になりますが、心配性の人は他の人より心配な気持ちが強く、より慎重になる傾向にあると言えます。

しかし、慎重になることは決して悪いことではなく、丁寧に物事を進めていこうとするため良い面として捉えられます。

責任感がある

心配性の人は物事を始める際によく考えて、事前準備をしっかりと行ってから行動する傾向にあるため、責任感がある性格と言えます。

勢いで物事を始めたり深く考えずに取り組んだりしないため失敗することが少なく、完璧に自分の役割をこなそうとします。

このような面は、仕事に対して真剣に取り組んでくれるであろうと面接官にはプラスのイメージで印象付けられるでしょう。

気配りができる

心配性の人は自分のことだけでなく、周りの人の心配もできる人です。

周囲の人に対しても同じように心配する傾向が強いです。

これは気配りができるという長所と捉える事ができます。

企業にとって気配りできるという長所はとても大切で、どんなに技術が上手くてもビジネスでは人と接する事は必ずあります。

お客様や上司、後輩や、同僚にしっかりと気配りをして、相手を思いやった言葉をかけたり自然と行動が取れたりできる人間を企業は必要としています。

相手の立場に立って自然と考える事ができる人材を求めているのです。

心配性で慎重というとミスが少ないと捉えられることもありますが、同時に仕事が遅いと思われることもあります。

また言われた事を気にしやすく落ち込みやすいイメージもあります。

伝え方を工夫して心配性をアピールポイントに変えよう

短所が心配性の場合の相手に与える印象や伝え方について伝えてきました。

アピールポイントを工夫するだけで心配性な性格でも面接官に良い印象を与える事ができるため、ぜひ活用してみましょう。

自分の心配性だという短所について不安に感じている就活生はたくさんいるでしょう。

この記事を読んでも伝え方が不安、どのように工夫したら良いか分からないと悩む人は、ヒトテクノロジーに相談してみてください。

面接での言い回しなど、的確にアドバイスをします。

面接の練習のサポートも行っているため、面接官に自分の短所を効果的に伝えることができるでしょう。

また、短所以外にも就活について不安に思うことも相談してみましょう。

丁寧に相談に応じて、就活生が安心して就職活動に打ち込めるようにサポートします。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする