転職エージェントは活用すべき?利用する上での留意点・おすすめポイントを解説!

就活準備, 就職活動, 面接対策
2023.06.30
257

投稿したユーザー : agentgate

転職を考える際に、転職エージェントサービスの利用を検討する方も多くいることでしょう。ただ「転職エージェントは使わない方が良い」「転職エージェントはやめておけ」という意見もあり、活用を躊躇される方もいらっしゃいます。転職エージェントは信頼できるサービスをしっかり選び、上手に活用することで、希望に合った転職を叶えることも可能になります。今回の記事ではそもそも「転職エージェントはやめておけ」と言われる理由や、利用する上での留意点、上手な活用方法について解説します。ぜひ、転職活動を送る上での参考にしましょう。

転職エージェントを使わない方が良いと言われる理由とは?

転職が一昔前と比べて珍しいことではなくなり、転職支援のサービスも数多く存在するようになりました。転職エージェントもたくさんあって、どのサービスを使ったら良いか迷ってしまうこともあるでしょう。人生の大きな転機でもある転職をするために、転職サービスは慎重に選ぶことが重要です。転職エージェントを使わない方が良いと言われる主な理由を以下、解説します。

1:信頼できない転職エージェントも存在する

数多くある転職エージェントの中には、信頼できないエージェントも複数存在します。信頼できないエージェントの特徴として、転職者の希望や想いに寄り添っていないことなどが挙げられます。そういったエージェントは、エージェント側の都合で、転職をゴリ押ししてくることもあるでしょう。転職エージェントは、求人登録をする企業に、適切な即戦力の転職希望者を紹介することで、手数料を得るビジネモデルです。エージェントにとっては、いかに転職をさせるかで、収益が変わってきます。転職希望者の状況をしっかりヒアリングせずに、企業求人の紹介をしたり、相談にいったその日に応募を迫ったりと、強引に転職企業を進めるエージェントは信頼できないエージェントと言えるでしょう。このようなエージェントに当たってしまったら、利用しない方がおすすめです。

2:大企業への転職には向いていない場合がある

転職エージェントは多くの求人情報を持っていますが、扱えない求人も複数存在します。特に、エージェントを介さなくても、多くの応募がある大企業や有名企業などの求人情報がない可能性は高いでしょう。(逆に、中途採用の即戦力を求めている企業で、転職の可能性が高い求人情報は豊富に持っていると言えます。)大企業や有名企業への転職を目指す人には、向いていないかもしれません。

3:利用に対して時間がかかると感じることがある

転職エージェントに登録すると、面談を実施したり、応募についての細かいやり取りが発生したりしてしまいます。この点が手間に感じて、転職活動の負担になるという意見もあるようです。ただ、近年ではオンライン面談を活用するエージェントも多くあり、細かなやりとりもチャットサービスを活用する、負担が少ないエージェントサービスも多々存在します。人生の転機である転職活動なので、時間をかけてエージェントのやり取りの中で自分のやりたいことが明確になると、時間がかかるのははしょうがないという割り切りで、エージェントサービスのサポート内容を事前にしっかり確認・把握することも重要です。

転職エージェントの利用方法と流れ

転職エージェントの主な利用方法の流れを以下の項目で紹介します。あくまで一例ですが、多くのサービスはこの流れとなります。

①転職エージェントサービスのホームページで利用登録
②転職に関してのカウンセリング・・現在の状況、転職で実現したいことを伝える
③エージェントから求人の紹介
④具体的な応募方法の調整
⑤面接日程の調整・・・必要であれば、面接練習・書類の内容の検討
⑥双方の合意が得られれば、内定(転職)

転職エージェントを利用するメリットとは?

次に、転職エージェントを利用するメリットを紹介します。やめておけというネガティブな情報もありますが、上手に活用すれば、さまざまなメリットがあります。転職エージェントを活用する上での参考にしましょう。

客観的なアドバイスを得ることができる

エージェントを利用することで、第三者の視点での客観的なアドバイスを得ることが可能になります。自分ではなかなか気づくことのできない、「強み」や「価値観」、「適性」を見つけることができます。

応募書類の添削をしてもらえる

転職エージェントを利用すると、転職に必要な各応募書類の作成にあたって、内容の相談や、書いたものに対して、添削もしてもらえます。履歴書や、職務経歴書を通じて、アピールすべき点などについても丁寧にチェックしてもらえるので、企業からの評価に繋がりやすい、内容の書類の作成が可能になります。

面接練習も行ってくれる

転職エージェントは応募書類の作成支援だけでなく、実際の面接試験の練習も行ってもらえます。模擬面接の形式で、企業からよく聞かれる質問内容や、受け答えのコツなどもレクチャーを受けることで、自信を持って面接試験本番に臨むことができるでしょう。

非公開求人の情報を得られる

転職エージェントを利用すると、転職サイトには掲載されない、非公開求人情報の提供を受けることが可能になります。企業が中途採用で即戦力を、競合他社に取られないよう、エージェントに依頼する情報なので、サイトには掲載のない優良企業の求人も多く含まれている場合もあります。

応募先の職場環境や雰囲気などを事前に知ることができる

転職エージェントが持っている企業求人は、事前に求人の内容の詳細や、職場環境について、調査、取材を行っている場合が多くあります。エージェントを利用せずに転職活動をする場合は、職場の実際の環境や状況は自分で調べなければいけません。転職エージェントの場合は、実際、働いている社員からの取材に基づいての実情を把握しているので、より自分に合った、職場かどうかのイメージが掴みやすいと言えるでしょう。

企業とのやりとりを任すことができる

転職エージェントの担当のキャリアアドバイザーが、転職先の応募手続きや、面接の日程調整を代行して行ってくれることも転職エージェントを活用する利点の一つです。一人で行うと、細かな日程調整などの企業とのやりとりが手間になってしまします。また、転職エージェントの中には、個人ではなかなか難しい、年収面も含めての条件交渉も代わりに行ってくれるところもあります。こういった点も転職エージェント活用のメリットと言えるでしょう。

面接試験のフォローをしてもらえる。

転職エージェントを利用すると、面接試験の後に個別のフォローをしてくれる場合もあります。面接試験でうまく自分をアピールできなかったとしても、担当のアドバイザーが企業側へ事前の面談で得られた、転職希望者の強みなどを伝えてくれることもあります。

転職エージェントを使う上でのデメリットは?

続いて、転職エージェントを利用する上でのデメリットを紹介します。デメリットも事前に知った上で、サービスを利用することで、利用する上での対策を立てることも可能になるでしょう。

自分のペースで転職活動ができない

転職エージェントを活用すると、基本的には、すべて担当のアドバイザーがスケジュール管理や、各種、調整を行ってくれます。転職活動の主導をアドバイザーに任せることになるので、自分のペースを大切にしたい人にとっては、窮屈に感じる場面も出てくることでしょう。

アドバイザーと相性が合わない場合も

転職エージェントサービスの良し悪しは、アドバイザーとの相性も大きく影響します。性格が合わないということもですが、そもそもアドバイザーとしてのスキルが低い人にあたってしまった場合に、自分の希望や要望がうまく伝わっていないと感じる場面も出てきます。少しでも違和感を感じたら、自分の希望や、条件の詳細を明確に伝え直すことも必要です。それでも、スムーズに進んでいないと感じたら、担当を変更してもらうこともオススメです。

地方の求人が少ない場合も

転職エージェントでは、地方の求人が少ないという場合があります。地元に帰りたいという希望やIターンを検討している方には、希望する条件に合った求人に出会えないという場合も出てくるでしょう。地方での転職を希望している人は、地方に特化した転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントを上手に活用して、納得いく転職先を見つけよう!

今回の記事では、転職する上で、聞かれる「転職エージェントはやめておけ」と言われる理由や、転職エージェントを利用する方法、や上手な活用方法について解説をしました。一人で転職活動を進めるのは、なかなか大変です。今回の記事を参考に、上手に転職エージェントを活用して、納得の転職活動を送ってください。皆さんの転職活動の成功をお祈りしております。お宝会社探しの転職エージェントサービスはLINEでの登録となります。下記のバナーよりご登録可能です。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする