【職種研究】フードの仕事内容とフードの仕事に向いている人の特徴

就活準備, 企業研究
2022.09.30
71

投稿したユーザー : my14apila

「フードの仕事はどんなことをするの?」、「フードの仕事に向いている人の特徴が知りたい」と気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では、フードの仕事内容とフードの仕事に向いている人の特徴について説明します。フードの仕事に興味のある人はぜひ参考にしてください。

【職種研究】フードの仕事内容

フードの仕事内容は多岐にわたりますが、こちらでは主な5つの仕事内容について説明します。

①研究開発

研究開発では、新しい商品を生み出すことが仕事です。基本的には商品カテゴリーでチーム分けされ、季節の商品設計や新規商材開発・味の変更などを行います。1か月で30品目の開発をすることもあります。

②生産管理

生産管理の仕事は、品質が良く安全な食品を生産することです。具体的な業務としては、生産計画の立案や製造工程の調整など、商品開発や工場・営業の間に立って調整役を行うことが重要となります。

③マーケティング

マーケティングの仕事では、消費者の好みや流行の変化を敏感にキャッチして、市場調査や商品企画、売上データ分析、広報活動などを行います。競合他社と差を出して売上をアップさせるために重要な仕事です。

④営業

フードを扱う業界の営業は、食品メーカーへの営業や食品卸会社への営業、小売店への営業、外食産業への営業などがあります。市場のトレンドや競合他社の情報を集めて、マーケティング担当者や商品開発者に共有することが営業の重要な役割です。

⑤購買・調達

購買・調達の仕事は、自社製品で使う原材料の安定的な調達や適正価格での購買など商品開発や販売にとって非常に重要な役割があります。パートナーとなる商社や仕入れ先との関係を作り、海外の産地などと直接交渉したり、食品原材料の知識を得られる仕事です。

【職種研究】フードの仕事に向いている人の特徴

フードの仕事に向いているのは、流行に敏感であったり、リーダーシップのある人です。こちらでは、フードの仕事に向いている人の特徴を説明します。

流行に敏感な人

人々が求める食品は常に変化しており、近年は健康志向の人が増えているためオーガニックや減塩などが人気です。このようにフードには流行があるため、消費者の求めるものを敏感にキャッチできる人がフードの仕事に向いていると言えます。食品の流行だけでなく、商品の販売方法(オンライン販売やサブスクリプションなど)の情報収集するスキルがあると、商品と販売方法の2つで消費者の心をつかみ、売上アップに貢献できる人材となるでしょう。

リーダーシップのある人

フードを扱う業界では競合他社が多いため、他の企業へのライバル意識をチーム内でまとめ、モチベーションを上げることができるようなリーダーシップのある人が向いています。ライバルが多いと消費者に興味を持ってもらえる商品を新しく生み出す意欲が出にくいため、チームを引っ張っていける人が求められるのです。

【職種研究】フードの仕事を研究しよう

フードを扱う仕事を目指すのであれば、フードの仕事内容をしっかりと研究して自分に向いているかどうか、自分がやりたい仕事なのかどうかを確認しましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする