ホテルの人気職に就くには?インターンシップに参加して就活を有利にしよう

就職活動, インターンシップ
2022.12.23
65

投稿したユーザー : my14apila

ホテル業界につきたいと考えている方、ホテルの仕事について興味を持っている方は、これからの就職のためにインターンシップを検討している方もいるでしょう。

ホテル業界のインターンシップでは実際の業務を体験することができ、普段見ることのできない場面もたくさんあるでしょう。

実際のホテルの仕事を体験することで、今後の就活に役立てることができます。

こちらでは、ホテル業界のインターンシップの内容や参加するための準備などをご紹介します。

ホテル業界の仕事内容

ホテル業界の仕事内容は、宿泊するお客様に対してサービスを提供する仕事です。

主に、接客や客室係、フロント、ドアマン、シェフ、営業、管理部門(総務・人事・経理)などがあります。

様々な職種に分かれ、それぞれの分野で重要な役割を担っています。

ホテル業界の仕事といえば、フロントやドアマン・客室係などが目立った仕事ですが、細かく砕いてみると仕事内容は多種多様な仕事があり、どれも重要な職種となっています。

ホテルの仕事では国内だけでなく海外のお客様がお見えになることもあり、それぞれの国のコミュニケーションの取り方や日本語以外の言語を話せるスキルなどが求められます。

ホテル 仕事内容

ホテル業界のインターンシップの業務内容

ホテル業界のインターンシップに参加する際の、細かい業務内容をご紹介します。

接客・サービス

ホテルのインターンシップに参加すると、フロント業務やサービス業務を任されることがあります。

主な内容は、ホテルに宿泊するお客様をお迎えして、受付やお荷物などの手配を行うことになるでしょう。

インターン生は一人ではなくホテルスタッフのアシスタントとして行いますが、お客様はプロのホテルスタッフとして接します。

お客様をお迎えする際は笑顔でお迎えし、プロのスタッフとして責任をもって対応しましょう。

客室係

客室係のスタッフとして働く場合は、先輩スタッフと一緒に行動することが多くなります。

客室の清掃は時間が限られていることから、素早さと丁寧さが求められます。

仕事が雑にならないよう、できることを確実にこなしていきましょう。

ホテルの経営戦略や企画

ホテル業界は、接客などのホテル内の仕事だけではありません。

ホテル内の仕事以外に、経営に関する戦略や企画を考える仕事を経験させてもらうこともあります。

現場の仕事ではありませんが、ホテルを経営する上でとても重要な仕事です。

戦略や企画部門を経験する場合、グループワークを行うことになるでしょう。

ホテルの施設内見学

ホテルには、従業員以外立ち入り禁止区域がありますよね。

立ち入り禁止になっている場所は普段見ることができませんが、インターン中に見学をさせてもらえることもあります。

普段は華やかな場面しか見ることができない分、大変な場面など想像とのギャップがあるかもしれません。

しかし、とても貴重な体験としてしっかりと観察しておくといいでしょう。

インターン 前準備

ホテル業界のインターンシップに参加するための前準備

ホテルのインターンシップに参加する際には、ただ参加するだけではもったいないです。

貴重な体験をさせていただくので、参加する側もしっかりと準備を整えて挑みましょう。

ホテル業界の志望理由を明確にすること

インターンシップに参加する際は、「なぜホテルで働きたいのか」という志望理由を明確にすることが大切です。

大手のホテルの場合、希望者が全員参加できるとは限らず面接などで選考することもあります。

インターンシップに参加したい理由や、ホテルで働きたい理由を明確にし、他の人との差別化を図りましょう。

企業の情報収集・分析をする

インターンに参加するには、希望するホテルの情報収集をしておくことも大切です。

インターン中は、ホテル業界に関する説明や会社の説明を聞く時間もありますが、自分自身でしっかりと調べておくことも大切なマナーです。

ホテルの企業理念やどのような接客をしているのか、どのような従業員を求めているのかなど、調べておくとインターンシップの期間中も働きやすくなるでしょう。

働く側としての自覚を持つこと

インターンとはいえ働かせてもらう立場として、しっかりとスタッフとしての意識と自覚を持ってインターンに挑みましょう。

お客様からしたら、どんなスタッフもプロのホテル従業員として接します。

「インターン生だから」という気持ちで働いていると、お客様だけでなく、ホテル側にも迷惑をかけてしまいますので、プロとしての自覚を持って精一杯行動しましょう。

語学力を磨く

国内だけでなく、海外のお客様が来ることも多いホテルでは、語学力の高い人材を求めています。

特に海外からのお客様が多いホテルにインターンに行く場合は、インターン前に語学力を磨いておくと即戦力になるでしょう。

ホテル マナー

ホテルのインターンシップの参加メリットは?

ホテルのインターンシップに参加するメリットについて解説します。

ビジネスマナーについて学べる

ホテルの仕事だけでなく、ビジネスマナーについてしっかりと学ぶことができます。

接客業のマナーやサービス面など他の業種と比較をするとハイレベルなホテル業界では、様々なビジネスマナーを学ぶことができるでしょう。

実際の働いている姿を観察できる

実際に働いている従業員の姿を観察することができます。

働いている姿を観察しつつ、ホテル業界の仕事内容についてもしっかりと把握することもできます。

表の部分だけでなく、大変な仕事や苦労すること部分に関しても知ることができ、仕事の流れや雰囲気なども感じることができるのでインターシップは非常にいい経験となります。

就職に有利になる場合もある

実際にホテルに就職を希望する場合は、インターンシップで経験していることが就活の際に有利になるでしょう。

現場で働いている先輩スタッフとも繋がることができ、就活においてリアルなアドバイスをもらうことができます。

また、長期インターンシップの場合は、ホテル側も高いスキルを持つ学生には、ぜひ働いてもらいたいと考えているはずです。

インターンシップに参加し、そのままそのホテルに就職できることも少なくありません。

特に倍率が高いホテルのインターンシップに参加する際は、就活の延長と考え真剣な姿勢で取り組みましょう。

ホテルのインターンシップに参加して就活に役立てよう!

ホテル業界のインターンシップの業務内容や、インターン前の準備についてご紹介しました。

ホテル業界のインターンシップは、接客や客室係、経営戦略や企画などの業務を経験できるでしょう。

企業によってインターンシップの内容は異なりますが、どんな経験でも今後の就活において役に立つことは間違いありません。

ホテル業界の就職をお考えの方は、インターンシップに参加して就活を有利にしましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする