自己PRでアピールするべき強みが思いつかない!一覧を参考に自己PRを完成させよう!

就職活動, エントリーシート, 面接対策
2022.04.06
412

投稿したユーザー : agentgate

「自己PRで何をアピールするべきか分からない」「評価の高い自己PRを目指すにはどうすればいいの?」と疑問を持っている人も多いでしょう。

自己PRは多くの企業で問われる質問です。

自分をアピールするためには、しっかりと自己分析を行った上で最適な方法でアピールすることが大切です。

今回の記事では、自己PRでアピールするべき強みや自己PRで強みが聞かれる理由について解説します。

この記事を読むことで、自分がどのような強みをアピールするべきかを考えられるようになるので、ぜひ参考にしてみましょう。
715001_s (1)

自己PRでアピールするべき強みとは?

就職活動を行っていると、エントリーシートや面接などで自己PRを聞かれる場面に多く直面します。

しかし、自己PRを聞かれた際にどのような強みをアピールすべきかわからないという人も多いのではないでしょうか。

自己PRでアピールするべき強みとは、個人がもつスキルや長所、企業が求めている人材像などによって変わってきます。

自分が持つどの強みが企業にとって最適なアピールポイントになるか、自分が最も自信を持っていることは何かなどを踏まえた上で、自己PRでアピールする強みを決めましょう。

なお、強みに関しては業種や職種を問わずに聞かれることがほとんどなので、大まかにでも回答を用意しておくと良いでしょう。

自己PRでアピールするべき強みを考えずに面接に挑んでしまい、上手く回答できなかったという就活生は多く存在します。

面接で落とされないためにも、自分の強みを考えることが大切です。

自己PRで強みが思いつかないのは強みを聞かれる理由を知らないから!

企業はなぜ就活生の強みを知りたいのでしょうか。

自己PRで強みが思いつかない、書き方が分からないという人は強みを聞かれる理由を知って、自己PRできる強みを考えましょう。

ここでは、企業が自己PRで強みを聞く理由を紹介します。

企業が求める人材か判断する

自己PRの質問を通して、企業が求めている人材像と就活生の強みが一致しているか判断しています。

企業が展開している事業や課題、業界におけるニーズなどによって、企業が求める人材像は変化します。

そんな中で企業の事業に貢献できるような強みをもった就活生の評価は高くなりやすいです。

例えば、グローバル展開を考えている企業であれば、海外に興味があり、多種多様な人とコミュニケーションを取れる人材を求めています。

そこで留学経験や人と関わってきた経験を伝えることで、企業のニーズにあった人材と判断されるのです。

人となりを知る

企業は自己PRで強みを聞くことで、就活生の人となりを見極めようとしています。

人となりや就活生の雰囲気、考え方、興味・関心は、企業と就活性のマッチングを判断する上で重要な材料です。

例えば、チームで業務を進めることが多い企業であれば、協調性やコミュニケーション能力を強みとする人材に対して、周りの人と協力しながら仕事を進められる柔らかい人であると判断することができます。

また、採用担当者は就活生と将来一緒に働きたいかという視点で見極めているため、人となりを知ることが重要なのです。

アピール方法を見る

企業は就活生の掲げる強みにフォーカスしているだけでなく、就活生がどのような強みをアピールしているかに注目しています。

相手にどのように伝えれば理解してもらいやすいか、自分の魅力を最大限に伝えるにはどうすれば良いか理解できている就活生に対する評価は高くなりやすいです。

また、最初に結論を述べてから理由を話すなど、論理性のある伝え方であるかどうかもチェックしています。

将来クライアントとコミュニケーションを図る上で、このようなロジカルシンキングは役立つためです。

せっかく企業で活かせそうな強みを持っていても、伝え方が上手くないと魅力を最大限に伝えることができません。

このため、内容だけでなく、伝え方を工夫することが重要です。

自己PRで記載するべき強み一覧

ここでは、自己PRで記載するべき強みを一覧で紹介します。

行動力

 行動力
 ・考えたことを実際に行動に移せる
・施策を実施した結果に基づいて実際に行動に移せる
・思い立ったらすぐ行動に移せる

自己PRとして行動力をアピールすることができます。

考えたことを実際に行動に移せるかどうかは、ビジネスシーンにおいても重要であるためです。

実際に、ビジネスの世界ではPDCAサイクルをスピーディーに回すことが求められます。

簡単に述べると、PDCAとは結果を振り返り、計画を立てて次のアクションへと活かすサイクルのことです。

行動力があれば、施策を実施した結果に基づいて、最適な方法を考案し、実際に行動に移せることが期待されます。

継続力

継続力
・どんな辛いことでも最後までやり抜くことができる
・一度決めたことは最後までやる

継続力は自己PRとしてアピールしやすい強みと言えます。

部活動やアルバイト、趣味・特技など、これまでに継続してきた経験を通じて、継続力をアピールできるためです。

例えば、「私の強みは継続力です。これまで陸上競技を6年間以上続けてきました。」など、具体的なエピソードを加えることで、説得力のある自己PRを目指せます。

企業にとって継続力は、業務をどのような姿勢で取り組むか、会社で長く働いてくれるのかなどを判断するために重要なポイントなのです。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力
・相手の考えを汲み取れる
・自分の考えをうまく伝えられる

コミュニケーション能力はさまざまな場面で役立つスキルです。

就職活動においても効果的なアピールポイントになります。

コミュニケーション能力を活用して、どのような困難を乗り越えたか、どのような状況を改善したのか伝えるとより効果的です。

ただし、コミュニケーション能力は面接を通じて採用担当者が直接判断できるものであるため、上手くコミュニケーション取れていないと、信頼性が薄れてしまいます。

論理的思考力

論理的思考力
・状況を正しく判断できる
・課題の解決策を見つけられる

就職活動で企業にアピールするポイントとして、論理的思考力が有効です。

論理的思考力はビジネスにおいて状況を正しく判断し、最適な方法でアクションを起こすために役立ちますし、チームとコミュニケーションを図る際にも活かすことができます。

ただし、コミュニケーション能力と同様に論理的思考力は、話し方や話す順番などによって採用担当者が直接判断できるものであるため、実力が伴わないと評価が下がってしまいます。

マインド

マインド
・ポジティブ精神を持っている
・忍耐力がある
・責任感がある

就職活動の自己PRにおいて、マインド系の強みを述べる人が多く存在します。

マインド系の強みとしては、主に以下のものが挙げられます。

このように性格や人間性は、自己PRの強みにもなり得ます。

スキル

スキル
・プログラミングスキルがある
・語学力が高い
・資格を獲得している

自分の持っているスキルは、企業に対してわかりやすくアピールできます。

上記のようにさまざまな経験を通じて得たスキルは、第三者にとっても分かりやすいアピールポイントであるため、自己PRに記入することができます。

自分が企業に伝えるべき自己PRを明確にできておらず、強みをアピールできないと、他の候補者と差異化を図れません。

自己PRで強みの書き方が分からない人の注意点

自己PRでどのように強みをアピールすれば良いのでしょうか。

ここでは、自己PRで強みの書き方が分からない人のために際の注意点を紹介します。

キーワードを一言で最初に述べる

自己PRを伝える際は、キーワードを一言で最初に述べることが大切です。

最初にキーワードを伝えることで、これから何について述べようとしているか明確化できます。

例えば、「私の強みは〇〇です。この強みを活かして、〜な困難を乗り越えました。」などと伝えることで、最初にどのような強みであるかアピールできます。

最初にキーワードを述べるだけでは、根拠や具体性がなく、採用担当者に伝わりにくいため、説明もしっかりと加えるようにしましょう。

具体的なエピソードを交える

具体的なエピソードを交えることで、自己PRに根拠を持たせることができます。

採用担当者は数多くの就活生を見ているため、根拠のない自己PRをすぐに判断することができます。

ただ「私の強みは〇〇です。」と伝えても、採用担当者はどのような強みであるかイメージすることができません。

「私の強みは〇〇です。〜の経験をしました。しかし、〇〇を活かすことで困難を乗り越えることができました。」と伝えることで、ストーリー性のある内容になります。

自己PRを理解してもらえるように、具体的なエピソードを取り入れましょう。

将来どのように活用できるか伝える

>自分の強みを将来どのように活用できるか伝えましょう。

そうすることで、採用担当者に自分がどのように活躍できるかイメージしてもらいやすくなります。

例えば、「私の強みは〇〇です。〜の経験をしました。そのため、御社では〜のようなシーンで〇〇を活かすことができると思います。」と述べることで、将来どのように活躍したいか意思を表明できます。

また、しっかりと自分がどのような立場で活躍できるか客観的に見られていると、評価が高くなります。

自己PRで強みを伝える際に、エピソードに具体性がなく、分かりづらいと、採用担当者に興味を持ってもらえません。

一覧を活用して自己PRで強みをアピールしよう

今回の記事では、自己PRでどのような強みを伝えるべきかわからない人に向けて、自己PRで強みが聞かれる理由や具体例を解説しました。

自己PRは企業にとって就活生がどのような強みを持っているか判断するために重要なポイントです。

就活生には、自分がどのような人物であるか伝えるために、最適な方法でアピールすることが求められます。

具体的なエピソードを取り入れたり、キーワードを使用したりして、相手に伝わりやすい自己PRを目指しましょう。

ヒトテクノロジーでは、自己PRについて的確なアドバイスをすることができます。

また、就活や企業について困っていたり悩んでいたりする場合もアドバイスを受けることが可能です。

魅力的な自己PRを書いて就活を成功させましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする