建築業界のインターンシップ内容は?参加メリット・準備することについても解説

就職活動, インターンシップ
2023.01.26
8

投稿したユーザー : masumin01

建築業界でインターンシップを行っている企業はたくさんありますが、どんな内容を経験できるのか・学べることについて知りたいという方。

建築業界は、現場の仕事の他に設計などの建築事務所や住宅展示場での接客業など、様々な職種があります。

どんな職種を学びたいかによって参加するインターンが異なりますが、いずれも興味があるもの・就職に関連づけられるインターンに参加しましょう。

こちらでは、建築業界のインターンシップ内容や学べることについてご紹介します。

また、参加するメリットやインターンシップ前に準備することについても解説しますので、参考にしてください。

建築 内容

建築業界のインターンシップ内容・学べること

建築業界のインターンシップで学べることについて解説します。

インターンでは、実際に体験できること・学べることは企業により異なりますが、一つの参考としてご覧ください。

建築現場や完成した物件の見学

建築現場や完成した物件を見学することで、よりリアルな現場の雰囲気を体験することができます。

実際の現場を見学できることはインターンの最大のメリットであり、就職する前に現場の雰囲気を掴めるチャンスでもあります。

現場では通常1日のスケジュール通り行われますが、急な変更やスムーズにいかない場合もあるでしょう。

そんな時でも臨機応変に対応する社員の姿を見学することで、自分が就職した際にもスムーズに対応することができるでしょう。

完成した物件は、住宅や商業施設・空港・道路など、その企業で手掛けているものを見学することができます。

このような建築物の骨組みやデザインなど通常では見ることのできないところや、コストの関係についての話も聞くことができるでしょう。

建築事務所の見学や体験

建築業界は、現場の仕事だけでなく設計やデザインなどの仕事もあります。

設計・デザイン関係の職種を希望する方は、建築の事務所の見学や実際に自分で設計したりなどの体験をさせてくれる企業もあります。

自分で考えた設計は、実際に現場で働く建築士に見てもらえることもあるため、とても貴重な経験となるでしょう。

建築業界のセミナーに参加

建築業界で実際に行っているセミナーに参加させてくれる企業もあります。

セミナーは内容によって異なりますが、建築の基礎を学べたり、先輩社員との交流を深めることができます。

セミナーの内容を理解することはもちろん、先輩社員のセミナーに対する姿勢や他の企業の方も参加しているようなセミナーであればより広く建築業界を知るチャンスです。

セミナーに参加する際には、積極的な姿勢で挑みましょう。

展示場などでの接客・営業

住宅展示場を扱う会社では、実際にお客様への接客を経験させてもらえたり、営業を担当することもあります。

接客や営業は実際にお客様を相手に、住宅の魅力や特徴などを伝えていくので設計に関する知識と理解を深める必要があります。

お客様の声や表情を近くで見ることができ、話すことで建築業界でのやりがいと魅力を実感することができるでしょう。

先輩社員との座談会

インターン先で働いている先輩社員との座談会を行います。

実際の現場で働く先輩社員はどんな業務を行なっているのか、どんな働き方をするのか、学べること、成長できたことなど、様々な話を聞くことができます。

また、就職する上での心構え・不安なこと・疑問に思うことなどについても詳しく聞いてみましょう。

若い社員や中堅社員の話を聞くことで、自分が実際に働く姿をよりリアルに想像することができますよね。

就活に有利になることや働き方についてなど、自分の疑問点は積極的に質問してみましょう。

建築 参加メリット

建築業界のインターンシップに参加するメリット

建築業界のインターンシップに参加するメリットについてご紹介します。

様々なことを経験する中で、次のようなメリットがありますので今後の就活に役立つようしっかりと学ぶ姿勢で挑みましょう。

建築業界を理解することができる

建築業界に就職したいと考えていても実際に働くことになると、現実とのギャップを感じることもあるでしょう。

しかし、インターンシップに参加することで建築業界の現実を理解することができます。

基本を知ることはもちろん、建築現場の雰囲気や事務所での仕事、展示場での接客など、入社してから学ぶのではなく入社前に経験できるきることは大きなメリットです。

就職前に理解することで、実際に働く際にスムーズに現場に馴染むことができます。

就活を有利にできる

インターンシップに参加することで、今後の就職にも有利になります。

実際に就職したい企業がインターンを行っていれば、必ずエントリーをして就活に対する意気込みや積極性などを感じてもらえるでしょう。

また、インターンシップを行っていない企業であってもインターンシップの経験を生かして、アピールすることも可能です。

実際の仕事を経験できる

インターンシップでは、実際の現場を経験できることが最大のメリットです。

現場を見学したり、お客様相手に接客をしたり、設計やデザインなどを体験することは通常ではできないことですよね。

生の現場の空気感や雰囲気などを肌で感じることで、想像と現実のズレをなくし自分が働く姿をリアルに思い描くことができるでしょう。

建築 志望動機

建築業界のインターンシップ前に準備すること

建築業界のインターンシップの際には、事前に準備しておくことがあります。

特に自分が就職先として考えている企業であれば、必ず前準備を整えてインターンに挑みましょう。

志望動機を明確にする

インターンシップに参加する際には、志望動機を聞かれることもあるため明確にしておく必要があります。

インターンシップは就活の一環と考え、志望動機などを聞かれたときに曖昧な答え方をしてしまうと印象が悪くなり、就活にも悪い影響を与えてしまうかもしれません。

就職を考えている企業のインターンシップであれば、志望動機はもちろん、参加した理由や建築業界に進みたいと考える理由、どんなことを学びたいのかなどについてもはっきりと答えられるようにしましょう。

参加する企業の情報を調べる

インターンシップに参加する前に、参加する企業の情報を調べておくことも重要です。

これは仕事をする上でも大切なことですが、相手の企業の情報を何も知らずに参加しては相手企業にとっても失礼にあたります。

また、企業の情報や経営理念などを知らずに参加してみて、自分がやりたいこととは違った場合無駄な時間を過ごすことになりかねません。

このようなことが起こらないように、事前に企業情報を把握し、自分のやりたいことと企業の理念が一致していることを確認しましょう。

建築業界のインターンシップで就活を有利にしよう

建築業界のインターンシップについてご紹介しました。

建築業界のインターンシップでは、現場の見学や完成した物件の見学、事務所での体験、展示場での接客、セミナー参加などがあります。

どんな職種に進むかにより参加するインターンが異なりますが、建築会社の情報や経営理念などを調べておくことが大切です。

また、志望動機についても明確にし、いつどんなことを質問されてもスムーズに答えられるようにしましょう。

インターンは就活の一環です。

建築のインターンに参加することで就職に有利になることもあるので、積極的に参加しましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする