企業研究のコツとは?会社について理解を深める方法を紹介

就職活動, 企業研究, 内定後
2022.07.22
244

投稿したユーザー : agentgate

「企業研究をどう進めるべきかわからない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

企業研究の効率的な進め方は個人によって異なります。

何から着手していいかわからないという方は、まずどのような方法があるのか、企業研究をするときのコツは何かなど、企業研究の進め方について理解することをおすすめします。

今回の記事では、企業研究のコツや、企業について理解を深める方法を紹介します。

自分にとってやりやすい方法を見つけるためにも、企業研究のコツを確認していきましょう。

企業研究はどう進めるべき?

企業研究はどう進めるべきなのでしょうか?

企業研究とは

企業研究とは、事業や商品・サービス、企業理念、働く人の雰囲気、働き方など、あらゆる情報を収集することです。

就職活動では、自己分析やインターンシップ、面接練習など、就活生は自分にあう企業を探すために色々な作業を行います。

企業研究はその作業の一つで、多くの就活生が就職活動中に行います。

しかし、最適な企業研究のやり方は個人によってさまざまです。

中には、「そもそも企業研究は実施するべきものなのか」と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?その重要性を以下で確認しましょう。

企業研究の重要性

企業研究を実施することは、多くの就活生にとって重要といえるでしょう。

企業研究を行うことで会社についての知識を身につけられます。

これらの知識は面接を実施する際に役立ちます。

志望動機でも他の会社にはない魅力を伝えられますし、どのようなキャリアを築きたいか考えることができます。

さらに、企業研究は応募先を絞るのにも有効です。

企業研究を通して、企業理念に共感できない、自分の希望とするキャリアを実現できないなどが分かれば、時間を無駄にせずに他の企業での就職活動を進めることができます。

企業研究のコツ

ここでは、企業研究のコツを紹介します。

効率的に企業研究を実施して、自分にあう会社を探しましょう。

確認するポイントを明確にする

企業研究を行う際は、確認するポイントを明確にすることをおすすめします。

企業理念、福利厚生、携われるプロジェクトなど、自分が重視するポイントが明確になっていると、複数企業の比較がしやすいです。

「自分が何を大切にしたいのかがわからない」という方は、まず自己分析を実施するとよいでしょう。

自己分析を実施することで、自分の価値観や考えなどを改めて振り返ることができます。

ノートを作る

企業研究で得た情報をまとめるために、ノートを作っている人も多いです。

ホームページで自分で調べたことをまとめたり、会社説明会・インターンシップなどで聞いたことをメモしたりすることができます。

企業研究で得た情報は一度だけではなく、面接前や内定先を決定する際などに何度も見直します。

ノートなどに記録を残しておけば、自分の好きなタイミングで見返すことができるのです。

現在は、パソコン・スマートフォンのメモ機能やアプリなどを使用している人も多く見受けられます。

表にまとめる

企業研究で得た情報を表にまとめるのも一つの手段です。

エクセルなどのオフィスツールを利用して、表を作成します。

企業名や事業内容、採用状況・段階、希望する職種、福利厚生、会社の特徴などをまとめていきましょう。

視覚的に情報をわかりやすく整理できますし、採用状況を管理するのにも役立ちます。

例えば、選考段階ごとにカラーを変えれば採用状況が一目瞭然です。

ESや面接で回答した内容などもメモに残しておけば、後で振り返る際にも役立ちます。

複数の情報源を参考にする

複数の情報源を参考にすることを心がけましょう。

一つの情報源だけだと情報が偏ってしまいますし、必ずしもその情報が正しいとは限りません。

掲示板などの情報を全て鵜呑みにしてしまわずに、正しい情報を見極めるようにしましょう。

中には、企業ページでは情報がよく見えるように書いてあるものの、社員に実際の働き方を聞くとイメージが変わったというケースも存在します。

業界全体をみる

企業研究は、特定の企業のみにフォーカスするのではなく、業界全体を見ることが大切です。

業界全体を見ることで企業の立ち位置がわかりますし、業界全体の課題や動向などを把握することができます。

企業についてのみ情報を集めてしまうと、他の企業との差異化を見出せずに、志望動機が薄いものになってしまいます。

企業研究の効果をアップする方法

企業研究の理解をさらに深めるためにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、企業研究の効果をアップする方法を紹介します。

会社説明会に参加する

社員から直接話を聞くために会社説明会に参加することをおすすめします。

会社説明会とは、就活生に向けて企業が用意した説明会です。

就活に必要な情報が集約しているので、短時間で理解を深めることができます。

会社説明会の中には、座談会などが設けられていることが多く、疑問に感じていることなどを社員さんに質問することも可能です。

面接やエントリーシートで重要な情報を入手できるかもしれないので、会社説明会に参加してみましょう。

インターンシップに参加する

「会社での実際の働き方を知りたい」という方は、インターンシップに参加するとよいでしょう。

インターンシップは就活生や学生に与えられた就労体験の機会です。

実際の業務に携わることで、働いている感覚や社員さんの働き方を理解することができます。

インターンシップには、会社説明会によっているものや、ワンデイインターンなど、さまざまなタイプがあるので、どのような内容か事前に確認することが大切です。

社員訪問をする

社員訪問を実施することで、多角的な視点から企業研究を進められます。

社員訪問とは、実際に働いている社員さんに話を聞くことです。

OG・OB訪問などと呼ばれることもあります。

社員訪問は企業での働き方や詳しい仕事内容、福利厚生など、説明会などで聞きづらい情報を入手しやすいです。

しかし、忙しい社員さんに時間をとってもらって実施できるので、マナーを徹底して失礼のない内容にする必要があります。

新聞やニュースにも目を通す

就職サイトやコーポレートサイトなどだけでなく、新聞やニュースも企業研究をする上で重要なメディアです。

新聞やニュースでは、経済状況や社会情勢、業界の動向などを読み取ることができます。

例えば、新型コロナウイルスは多くの業界に影響を与えましたが、その影響が企業にとってはどのようなものだったのかなどを考えることができます。

新聞やニュースで得られる情報は、企業の将来性や状況を判断するのに役立ちます。

面接では時事問題について聞かれることもあるので、面接対策につながります。

まとめ

今回の記事では、企業研究が効率的に進まないという就活生に向けて、企業研究のコツを紹介しました。

企業研究は就職活動を進める上で、企業についての知識を深められるので、重要な役割を担う作業です。

しかし、個人によって最適な進め方は大きく異なり、自分にとって効率の良い方法を見つけることが求められます。

ノートや表を作成して見返せるようにしたり、複数の情報源を参考にしたりなど、今回紹介した企業研究のコツを意識して、効率よく進めてみましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする