企業研究は面接の際に役に立つの?その理由やアピール方法を紹介します

就職活動, 企業研究
2022.07.22
200

投稿したユーザー : agentgate

「企業研究は面接で役に立つの?」「企業研究はどうして重要なの?」と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。就職活動では、企業研究を実施する就活生が多く存在します。

企業研究をすることで、会社での働き方や将来性など、さまざまな知識を身につけられます。しかし、その知識は面接でどのように活かせるのでしょうか?

今回の記事では、企業研究が面接で役に立つ理由を紹介します。この記事を読むことで、企業研究したことを面接でアピールする方法を理解できるので、ぜひ参考にしてみてください。

企業研究は面接で重要?

企業研究は面接は重要なのでしょうか?結論から述べると、企業研究は面接において重要な役割を担います。

面接においては、企業側は就活生が「企業や業界についてどれくらい理解しているか」を判断したいと考えています。

さらに、企業に関しての知識が身についているということは、志望度やモチベーションが高いということです。そのため、面接官は就活生がどれくらいやる気を持っているかを見極めるために、企業への理解度を確かめることがあります。

面接で企業研究しているかチェックされている?

面接で企業研究しているかは、チェックされているのでしょうか?

企業によっては、就活生が企業についてどれくらい理解しているかをチェックしているところがあります。

あまり重視していないという企業も存在しますが、一方で企業への理解度が判断基準になっている企業も存在するのです。

業界の動向が会社の業績に影響しやすい企業であれば、そういった情報を察知できるスキルをもった就活生の方が評価が高くなります。

どのように企業研究を進めればいいの?

企業研究が重要であることがわかりましたが、どのように企業研究を進めればいいのでしょうか?

企業研究のやり方にはさまざまな方法があり、個人によって最適な方法が異なります。そのため、企業研究の進め方は自分で試行錯誤しながら見つける必要があります。

ホームページや就活サイト、説明会、社員訪問など、複数の方法を組み合わせて企業研究を進めることが大切です。あらゆる角度からの情報を集められますし、面接においても幅広い質問に対応できるようになります。

面接で企業研究しているか確認する質問

面接では、企業研究しているか確認するための質問を受けることがあります。それでは、どのような質問で企業研究しているかチェックされているのでしょうか?

志望動機

就活生に志望動機を聞くことで、会社についての理解度を測っている可能性があります。

志望動機は、企業に応募した理由やきっかけを述べます。企業研究をしていれば、他の企業ではなく、そこの企業に応募する理由を見出すことができますし、実現性の高いキャリアプランを説明することができます。

志望動機を聞いたときに、他の企業でも通用するような内容であれば、採用側は「どうして自社を志望しているのだろう?」と疑問を持ってしまいます。

弊社の魅力

企業は「弊社の魅力は何ですか?」という質問で、自社のどのような点に魅力を感じ、応募を決めたのか知りたいと考えています。

会社の魅力は、会社について調べていないとわかり得ないものです。また、回答の内容によってはどれくらい本気か、どの程度準備をしているかを判断することができます。

例えば、「貴社の魅力は〇〇な点です。」と回答するよりも、「貴社の魅力は〇〇な点です。サマーインターンシップで実際に働くことで〜」と説明した方が説得力が増します。

このように会社に魅力を聞く質問では、企業研究をどの程度行っているか判断されることがあるのです。

弊社の課題

「あなたが考える弊社の課題を教えてください」という質問は、業界や企業の理解度があらわれる質問です。

就活サイトやコーポレートサイトなどから集められる情報には制限があり、マイナスな側面を理解するのは簡単ではありません。

しかし、社員訪問を実施したり、新聞・ニュースなどに目を通していたりすれば、ポジティブな側面だけでなく、企業の課題を捉えることができます。

そのため、企業の課題まで捉える力があるか、マイナスの側面まで調べられているかを確認するために、課題について質問されることがあるのです。

企業理念

「弊社の企業理念は何ですか?」などの直接的な質問をされることは少ないですが、「弊社の企業理念に共感しましたか?答えとその理由を教えてください。」という質問をされることがあります。

このような質問は企業理念を知らないと回答することができません。企業理念はコーポレートサイトなどですぐに確認できる情報なので、知っていることを前提として質問されることがあるのです。

また、企業理念には会社の考えや価値観があらわれます。その考えに共感するかは、企業とのマッチ度を判断するためにも重要なのです。

面接で企業研究したことをアピールする方法

モチベーションの高さを示すために、面接で企業研究したことをアピールしたいと考えている就活生も多く存在します。それでは、面接で企業研究したことをアピールするにはどうすればいいのでしょうか?

競合他社について言及する

競合他社について言及することで、業界についての知識や、企業の立ち位置を知っていることをアピールできます。

競合他社に関する情報は、企業研究を実施していないとわからない情報ですし、企業の将来性や特異性を左右する重要な要素です。

また、企業についてのポジティブな側面だけ述べるのではなく、逆質問で「競合他社と比較して〇〇が部分が課題だと感じました。その点はどうお考えでしょうか?」などと質問することで、面接官に印象付けられる可能性があります。

数値を使って回答する

数値を使って回答すれば、企業についての情報をしっかりとリサーチできていると判断してもらえます。

数値は適当に答えられないものですし、細かい情報まで確認していることが伝わります。

売上高や従業員数などはホームページ等をチェックすれば確認することが可能です。無理矢理数値を使用すると不自然ですが、会話の流れでタイミングがあれば数値を使用するようにしましょう。

具体的な部署名を含めてキャリアプランを伝える

キャリアプランを伝える際に、具体的な部署名を含めたり、職種を回答したりするとよいでしょう。

面接官は就活生にキャリアプランについて質問することがあります。就活生がどれくらい真剣に企業での就職を考えているか、会社でそのキャリアプランを実現できるのか判断するためです。

企業研究が不十分だと、キャリアプランをしっかりと伝えられない可能性があります。その会社で実現不可能なキャリアプランを伝えてしまったら、ミスマッチと判断されてしまうのです。

逆質問する

就職活動のほとんどの面接では、逆質問の時間が設けられています。逆質問とは、就活生側から面接官に質問することです。

逆質問では、疑問に思っていることや不安に感じていることを質問することができますが、逆質問の内容によっては、企業研究をしていることをアピールすることができます。

例えば、「貴社は今後〇〇事業に手を入れるということですが、具体的にどのような取り組みがなされているのでしょうか?」などと質問すれば、企業について情報を集めていることが伝わります。

他の就活生と差をつけるためにも、どのような逆質問をするか考えておくことをおすすめします。

まとめ

今回の記事では、「面接で企業研究について聞かれることがある?」と疑問をお持ちの方に向けて、企業研究が面接で役に立つ理由や、面接で企業研究したことをアピールする方法を紹介しました。

企業が直接「企業研究をしてきましたか?」と質問することはあまりないですが、「自社の魅力は何ですか?」や「自社の課題は何ですか?」という質問で、企業の理解度を測られている可能性があります。

企業研究は面接はもちろんのこと、自分と企業があっているか判断するためにも役立ちます。

そのため、ホームページや就活サイトで情報を集めたり、インターンシップに参加したりして、企業研究を実施することが大切です。

当サイトは就活生に向けてお役立ち情報を発信していますので、他の記事もぜひご確認ください。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする