不動産インターンシップの特徴とは?インターンシップの内容も解説!

インターンシップ
2022.12.30
54

投稿したユーザー : my14apila

「不動産業界のインターンシップに参加したい」、「不動産業界のインターンシップの内容が知りたい」と気になっている人は多いのではないでしょうか?

この記事では、不動産業界のインターンシップの特徴や内容、メリット、インターンシップ選考の流れなどについて説明します。

不動産業界のインターンシップに興味のある人は、ぜひ参考にしてください。

不動産業界の仕事内容

不動産業界のインターンシップに参加するのであれば、まずは不動産業界の仕事内容について知っておきましょう。

こちらでは、不動産開発、不動産流通、不動産管理といった仕事内容について説明します。

不動産開発

不動産開発はマンションや商業施設、オフィスビルなどの開発を行う仕事です。

一般的に大規模な不動産開発をすることが多く、このような不動産企業はディベロッパーと呼ばれています。

ディベロッパーは土地を仕入れて、建物の設計や建設を業者に依頼します。

ディベロッパーが企画した建物を建設するのがゼネコンで、戸建て住宅の企画や建設などを行うのがハウスメーカーです。

不動産流通

不動産流通の仕事には、不動産仲介と不動産販売代理の2種類があります。

不動産を貸したい・売りたいオーナーと不動産と借りたい・買いたい利用者を仲介するのが不動産仲介です。

収益となるのが、オーバーと利用者からの仲介手数料です。

不動産を売りたい持ち主の物件の販売業務を行うのが不動産班bな代理事業で、収益は売り主からもらう手数料となります。

不動産管理

不動産管理は建物や設備のメンテナンス、入居者への対応、空室時の集客、賃料回収、清掃などを行うことが仕事です。

物件オーナーに代わって管理業務を行うため、オーナーからの業務委託料が収益となります。

不動産業界のインターンシップの特徴

インターンシップの特徴は業界や企業によって異なります。

事前に不動産業界のインターンシップの特徴を知っておくことで、「思っていたものと違った」というミスマッチを減らすことができます。

インターンシップで有意義な経験を得るためにも、不動産業界のインターンシップの特徴を確認しましょう。

短期インターンシップが多い

不動産業界のインターンシップは短期で行われることが多いことが特徴です。

1日だけのインターンシップ、3日から1週間程度の短期のインターンシップが主流です。

短期のインターンシップが多いため、スケジュールを合わせやすく気軽に参加できます。

不動産の仕事は長期事業が多く、インターンシップで経験できる業務は少ないため短期インターンシップで起業説明のみを行うことが多いのです。

ワーク型のインターンシップ

1日のみのインターンシップでも、数日の短期インターンシップでもワーク型のインターンシップを行うことが不動産業界の特徴です。

不動産業界でやり取りされる金額や責任の大きさは、実際に学生が体験できるものではありません。

そのため、実際の業務内容に類似したワークを通して不動産業界への理解を深める貴重な機会となります。

内定に直結する可能性がある

一般的には内定に直結するのは長期インターンが多いとされています。

ですが、短期インターンシップの多い不動産業界では、インターンシップの長さに関わらず内定直結の可能性があります。

ワーク形式のインターンシップで実績を残すことができると、「入社後にも貢献できる人材である」と評価してもらえます。

ワーク形式のインターンシップでの成果が選考に影響することが多いため、しっかりと取り組みましょう。

不動産業界のインターンシップのメリット

こちらでは、不動産業界のインターンシップに参加するメリットについて説明します。

不動産業界について理解が深まる

不動産業界のインターンシップに参加すると、研修で事業説明やビジネスマナーを学ぶことができます。

その後、入社後に実際に行う業務を疑似体験するケースが一般的です。

短期インターンシップでは企業の事業内容や業界内でのポジションなど不動産業界の概要を知ることができます。

基本的には短期インターンシップの多い不動産業界ですが、3ヶ月以上の長期インターンシップも行われます。

長期インターンシップでは、学生として学校に通いながら社会人と同じように業務にかかわることができます。

不動産業界の長期インターンシップは営業職の募集が多く、給与が支払われる傾向にあります。

学業との両立は大変ですが、不動産業界について深く理解を得たい場合はアルバイトの代わりに長期インターンシップに参加する学生も多いのです。

ただし、長期インターンシップに参加すると、短期インターンシップのようにスケジュール調整が気軽にできないので複数のインターンシップに参加することは難しくなる可能性があります。

興味のある職種や事業内容を把握できる

不動産業界の仕事は、主に開発・流通・管理に分けられます。

細かい業務内容は企業によって異なるため、インターンシップに参加することで企業ごとの事業内容や職種の役割を把握することが可能です。

インターンシップに参加して様々な体験をすることで、不動産業界への志望動機をはっきりさせることもできます。

そのため、選考に進んだ時に説得力のある志望動機を面接官に伝えることができるでしょう。

不動産業界のインターンシップの内容

企業によって内容は異なりますが、事前に不動産業界のインターンシップの主な内容を知っておくと余裕をもって参加することができます。

こちらでは、不動産業界のインターンシップの内容について説明します。

チームで営業体験

営業職を対象としたインターンシップでは学生チームを作って、営業業務を疑似体験します。

自分だけでは進められないことも、チームで力を合わせることで上手く進めることもできます。

営業職はコミュニケーション能力が非常に重要となるので、インターンシップで不動産営業について知ることができます。

コンサル業務体験

不動産業界では、土地の売買や土地の活用を検討する企業や個人のサポートをする仕事です。

実際のインターンシップではワーク形式で、企画を立ててプレゼンをする傾向にあります。

企業の事業内容について事前に確認しておくと、スムーズにワーク形式の課題に取り組むことができます。

企業説明のみのケースもある

不動産業界のインターンシップはワーク形式で行われることが多いですが、業界や企業説明だけで終わるケースもあります。

特に1日だけのインターンシップでは説明会や業界講義だけで終わる傾向にあります。

ワーク形式のインターンシップは企業側が準備に時間がかかり、コストもかかるため1日のみのインターンシップでは行われないのです。

自分が参加するインターンシップではどのようなことが行われて、どういったことを体験できるのかは事前に確認しておくと良いでしょう。

インターンシップに参加して志望動機を明確にしよう

不動産業界に興味があるのであれば、短期でも長期でもインターンシップに参加してみましょう。

インターンシップに参加することで、実際の不動産業界の業務や企業について知ることができ、説得力のある志望動機を書くことができます。

また、インターンシップに参加することで不動産業界が向いているのか、不動産業界の中でもどの職種が向いているのかを把握することもできます。

短期であれば複数の企業のインターンシップに参加することもできるので、スケジュールを調整して参加してみましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする