全国転勤可能な仕事の魅力とは?異動がある理由とメリットを解説

就職活動
2023.06.25
5076

投稿したユーザー : masumin01

転勤は大企業や総合職など、様々な職種で取り入れられている制度です。

幹部候補の育成や会社の業務向上などの目的で、人事異動を余儀なくされる場合もあるでしょう。

転勤は良いイメージがない・転勤がない職種に就きたいと考える方も多いのですが、デメリットばかりではなく魅力があることも事実です。

中には、全国転勤可能な職種を希望する方も少なくありません。

今回は、全国転勤の魅力やデメリットについて解説しますので、今後の参考にしてください。

全国転勤可 職種

全国転勤可能な職種とは?

転勤が多い職種とは、金融系(銀行員・保険会社など)・商社・大手メーカー・公務員・ゼネコンなどがあります。

地方公務員の場合は都道府県採用なのか市町村採用なのかにより、転居が必要な場所への異動は免れる可能性もあります。

金融系・国家公務員・商社など他の職種の場合、企業の規模にもよりますが支店がある場所ならどこでも転勤の可能性があります。

特に商社で働く場合海外転勤の可能性も高いため、海外で働きたいという方にはいいかもしれませんね。

また、大手メーカーで働く場合も、支店が海外にあれば海外転勤の可能性もあります。

職種によっては異動頻度が異なり、金融系の場合2〜3年に1回、商社の場合3〜5年に1回、大手メーカーの場合2〜5年に1回の頻度になります。

また、転勤が多い職種であっても「社員全員が必ずしも転勤を余儀なくされる」ということではありません。

転勤があるのはなぜ?

転勤させる企業側の背景として、

  • 人材育成
  • 業務のマンネリ化を防ぐ
  • 組織の活性化
  • 昇進
  • 人材配置の適正化
  • 社員数の補填
  • このような理由があります。

    「昇進と同時に転勤」という話をよく耳にすると思いますが、人材育成や組織の活性化などが背景にあるためと考えられます。

    新しい環境に身を置くことで業務に対してのマンネリ化を防ぎ、転勤先の社員にもいい刺激を与えることができます。

    また、将来の幹部候補として様々な経験をするための人材育成を目的に転勤をする場合もあります。

    社員の退職があると、補填のために転勤を指示されることも少なくありません。

    実は転勤を希望する人は多い?

    転勤をデメリットに感じる人が多い印象ですが、日経ビジネスが転勤に関するアンケートを行ったところ

  • あったほうがいい・どちらかというとあったほうがいい:39.7%
  • ないほうがいい・どちらかというとないほうがいい:48.4%
  • という結果を表しています。

    転勤がないほうがいいという回答が5割近くを占めていますが、転勤があったほうがいいという回答は約4割を占めているということがわかります。

    転勤を魅力に感じるかデメリットに感じるかは人それぞれですが、転勤を支持している人が増えていることも事実です。

    全国転勤可 魅力 メリット

    全国転勤可能な職種の魅力とメリット

    全国転勤可能な仕事の魅力・メリットについて解説します。

    魅力①いろいろな職場で働ける

    全国転勤があることで、いろいろな職場で働ける魅力があります。

    転勤によって新しい職場環境になり、また新たな人間関係を構築することができます。

    様々な職場環境で働くことで、仕事の経験を積みビジネススキルだけでなくコミュニケーションスキルの向上など、様々な面で成長することができます。

    職種を変えることなく、いろいろな職場で働きたい方には向いているでしょう。

    魅力②自分が知らない土地・遠い土地に行ける

    全国転勤があることにより、自分が知らない土地や行ってみたかった土地に行くことができます。

    旅行気分を味わえて、その場所の空気や魅力を肌で感じることができます。

    また、全国展開している企業の場合、大都市や観光地など人が集まる場所に店舗や支店を構えているケースが多いことも特徴です。

    魅力③転勤が多いことにより給与が高くなる

    全国転勤がある職種は、転勤がない職種よりも給与が高い傾向にあります。

    同時期に新卒採用された人でも、転勤がある企業で勤めた場合の方が数万円高く、昇進の可能性も高くなります。

    魅力④仕事に対しての刺激が多く、可能性も広がる

    様々な場所で働くことで、仕事に対してのマンネリ化を防ぐことはもちろん、仕事への刺激も増えます。

    新しい環境で仕事をすることで、同じ職種であっても環境が違えば新たな気持ちで仕事に打ち込むことができるでしょう。

    また、いろいろな経験を積むことで昇進の可能性も高く仕事への可能性が広がり、モチベーションにも繋がります。

    魅力⑤新しい出会いが増える

    新しい環境で仕事をすることで、また新たな人脈を作ることができます。

    人脈が増えることで、仕事だけでなく趣味や気の合う友人もできるでしょう。

    新たな趣味を見つけたり新しい場所の探索など、充実したプライベートを送ることができます。

    魅力⑥その土地の美味しい食べ物に出会える

    全国転勤の場合、特産品などその土地の美味しい食べ物にも出会えますね。

    長く同じ土地で働いていると同じ食べ物に偏りがちですが、全国転勤であればその土地の名産品など、様々な食材・海の幸・山の幸など、美味しい食べ物を味わえることも魅力です。

    全国転勤可 デメリット

    全国転勤可能な職種のデメリット

    全国転勤可能な職種のデメリットについても把握しておきましょう。

    周りに知り合いがいなく休日が暇になる

    転勤したばかりの頃は、知らない土地なので知り合いもいなく、休日は一人で過ごすことが多くなるでしょう。

    徐々に職場で打ち解けていくことで、その土地の美味しい食べ物や趣味などを見つけることができます。

    また、「心を許せるようになった頃にまた転勤」となる可能性もあるため、深い人間関係を作ることが難しくなることもデメリットです。

    家族・彼氏・彼女と遠距離になる

    家族や彼氏・彼女と遠距離になってしまうこともデメリットになります。

    特に新卒で入ったばかりの頃は、彼氏・彼女との遠距離恋愛となってしまうため長く恋愛を続けることが難しくなります。

    決まった場所に長く住むことが難しくなる

    全国転勤がある職種は、将来マイホームを建てたいという夢を叶えることは難しいでしょう。

    家を持ったとしても、すぐに転勤になり単身赴任になるケースが多いです。

    また、引越しも多いので手続きが面倒に感じることもデメリットになります。

    知らない土地で暮らすことがストレスになることもある

    全国転勤は、知らない土地で暮らしていくので慣れるまではストレスに感じることもあります。

    仕事に対しては刺激が多くなりますが、日常生活の中ではストレスを感じることもデメリットの一つです。

    全国転勤可能な職種を希望するなら自分にあった仕事を選ぼう!

    全国転勤可能な職種は、金融系・商社・大手メーカー・公務員・ゼネコンなどが挙げられます。

    中には海外転勤がある職種もありますので、海外で働きたいという方にはおすすめの職種です。

    また、全国転勤可能な職種に就く際は、いろいろな職場で働けることや給与が高いなど、様々な魅力があります。

    いろいろな職場で働けること・たくさんの人に出会えることで自分自身の成長に繋がり、転勤がない職種に比べて昇進の確率も高いので仕事のモチベーションにも繋がります。

    そして、仕事だけでなく、その土地の美味しい食べ物に出会えることもメリットになりますよね。

    全国転勤に対して良いイメージがない方も多いですが、転勤があることでたくさんの魅力とメリットがあります。

    就活をする中で転勤がある職種も視野に入れて、自分にあった職種を選びましょう。

    この記事を友達におしえる!

    タイトルとURLをコピーする