経営企画職のインターンシップを勝ち取るには?面接対策や服装についても解説

インターンシップ
2023.01.04
56

投稿したユーザー : motegi

「経営企画職のインターンシップはどうやって勝ち取れば良い?」

「面接対策が知りたい!」

という悩みを持っていませんか?

経営企画職に興味がある就活生は、「インターンシップに参加したい!」という人が多いでしょう。

しかし、経営企画職のような人気業種はインターン参加倍率が高いため、何も準備せずに臨むと選考で落ちてしまうこともあります。

本記事では、経営企画職のインターンシップを勝ち取るための方法について説明しながら、インターンシップ面接に通るための対策についても紹介していきます。

「インターンシップに向けての準備方法がわかった!」と思える内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

就職活動はいつから始めるのが最適?

就職活動のおおまかなスケジュールは以下のようになります。

項目内容時期
①自己分析自分の得意・苦手分野を分析し、面接時の自己PRや志望動機につなげる大学3年生の5月頃まで
②業界研究さまざまな業界を調べることで、自分に合った志望業界を決めていく大学3年生の5月頃まで
③企業研究志望している企業の売上や動向などを深ぼって調べていく大学3年生の5月頃まで
④インターンシップ企業の説明会や職場体験に参加し、企業の特徴や業務内容を知る大学3年生の6月~
⑤ES・面接対策企業に提出するエントリーシートや、面接に向けた準備を行う大学3年生の9月~
⑥企業説明会志望する企業の理念や事業内容などの説明会に参加大学3年生の3月~
⑦本選考志望する企業の書類選考、面接、グループディスカッションなどに参加大学4年生6月~

就職活動は大学3年生の5月頃までに始めておくのが最適といえます。というのも、6月からスタートするインターンシップに参加することが就職を有利に進めるきっかけとなるためです。

インターンシップとは、学生が実際に仕事を体験する制度になります。インターンシップに参加すると、企業の特徴を深く知ることができます。上手くいけば早期選考の対象になる場合もあるため、インターンシップに間に合うように逆算して自己分析や企業・業界研究などを進めていくと良いでしょう。

また、特に経営企画は人気な職種になり激戦が予想されるため、早い内から動いておくことをおすすめします。

インターンシップは企業の早期選考である

インターンシップは、企業にとって本格的な就活シーズンが始まる前の早期選考にしている場合があります。例えば、インターンシップに参加して「能力が高い」「うちの企業に合っている」などの良いイメージを残すことができれば、いざ就活が始まった際に選考が有利に働く可能性もあります。このことから、志望している企業からのインターンシップ獲得はとても重要といえるでしょう。

経営企画職のインターンシップを勝ち取る方法

経営企画職のような人気職はインターンシップの倍率が高くなる傾向です。ここでは、高倍率のインターンシップを勝ち取るための方法について解説していきます。

経営企画はどんな仕事を行うか理解しておく

経営企画職のインターンシップを勝ち取るには、どんな仕事を行うか理解しておく必要があります。というのも、業務内容や企業理念などへの理解が浅いとインターンシップの面接でマイナス評価になってしまうためです。

そもそも、インターンシップは学生の成長を目的としているため、企業としてもやる気のある人に参加してほしいと考えています。事前の企業研究がしっかりできていないと理解度の薄さを露呈してしまい、「ウチの企業に興味がないのでは?」と思われるでしょう。

意欲の高さが合否に直結するため、インターンシップに臨む際は、経営企画職の仕事についてしっかり理解しておくことが重要です。

経営企画に向いている人の特徴を理解しておく

経営企画職に向いている人の特徴を理解しておくのも重要となります。なぜなら、経営企画に向いていることがアピールできればインターンシップを獲得しやすくなるためです。

例えば、経営企画には以下のようなスキルが求められます。

  • ・論理的で冷静な判断ができる人
  • ・行動力がある人
  • ・財務・会計知識がある人

上記のようなスキルを持っている人材であることを面接官にアピールできれば、「ウチの企業に向いているかもしれない」と思われるため、インターンシップに通りやすくなるでしょう。

面接でアピールできる材料を見つけておく

先ほどから説明している通り、インターンシップを勝ち取るためには面接でのアピールが必須となります。というのも、インターンシップ面接で落ちる人の多くは、印象に残るようなアピールができていないためです。

「胸を張ってアピールできるものがない・・・」という人も多いでしょうが、自己分析を繰り返すことで良いエピソードは必ず出てきます。

面接でのアピールはインターンシップ獲得の重要な部分になるため、アピール材料を洗いだしておくことが必須です。

インターンシップの面接対策

ここまで説明した通り、インターンシップ獲得のためには面接でのアピールが必須です。ここでは、インターンシップの面接対策について説明します。

面接でよく聞かれる質問の答えを準備しておく

面接対策の1つめは、よく聞かれる質問の答えを準備しておくことです。よくある質問すら答えられないようでは、インターンシップを勝ち取ることは難しいでしょう。

一般的に、インターンシップ面接でよくある質問としては以下があげられます。

  • ・自己PR
  • ・志望動機
  • ・学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)

例えば、「経営企画職を目指そうとした経緯は何ですか?」といった質問はよく聞かれるため、しっかりとした回答を用意しておきましょう。また、「経営企画の知識はどの程度もっているか」や「経営企画職のインターンシップで学びたいこと」などの答えも用意しておくと、余裕をもって面接に臨めます。

言葉のキャッチボールを心がける

言葉のキャッチボールとは、相手の言葉をしっかりキャッチし、相手に言葉を投げ返すことです。会話が成立するための条件であり、面接においても非常に大切な要素といえます。

言葉のキャッチボールができていない状況では「用意した回答をただただ答えているだけ」となり、面接官に無機質な印象を与えかねません。

例えば、経営企画職としての目標を聞かれたときに、「将来このような企画を実現したいと思っております。御社で実現できそうですか?」など、あえて面接官に逆質問してみると良いでしょう。

面接官と会話するように心がけることで、より自然なコミュニケーションが取れて好印象につながります。

経営企画の仕事を通してどうなりたいか整理しておく

経営企画の仕事を通してどうなりたいかを整理しておくことも大切といえます。

面接でよく聞かれるのが「経営企画職として将来どうなりたいか」という質問です。これは、キャリアビジョンを聞いて志望度の高さを確認する狙いがあります。

経営企画という業種と自分の将来像がイメージできていれば、「将来どうなりたいか」という質問に対しても自然に回答でき、「自社への理解が深く志望度が高い人材」と判断されやすくなります。

インターンシップを勝ち取るために、自身の将来像をしっかり整理しておくことが重要です。

準備をしっかりしてインターンシップに挑もう

インターンシップは志望している企業を目指すうえで必要不可欠なものです。特に経営企画職のような人気職はインターンシップの倍率が高くなるため、早めに準備を開始しておくことがおすすめです。

また、インターンシップを勝ち取るためには、面接でしっかりアピールすることが必須となります。志望度の高さや将来像などをアピールできるように準備を進めておきましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする