インターンシップにおいて適切な服装とは?私服指定の目的を解説

就活準備, 就職活動, インターンシップ
2022.03.16
333

「インターンシップに何を着ていくべきか分からない」とインターンシップの服装に関して悩みを抱えている就活生は多いのではないでしょうか。

特に初めてインターンシップに参加する人にとっては、どのような服装で参加するべきか判断するのは難しいでしょう。

インターンシップにおいて適切な服装は、企業やインターンシップの内容によって変わってきます。

そこで今回は、インターンシップの服装で指定がない場合と私服を指定された場合の対応方法を解説します。

この記事を読むことで、自分がどのような服装を着用するべきか理解できるようになるため、ぜひ参考にしてみましょう。

インターンシップ

インターンシップで適切な服装とは?

インターンシップで適切な服装とは一体どのような格好なのでしょうか。

結論から述べると、インターンで適切な服装は企業やインターンの内容によって異なります。

例えば、移動や体を動かす作業が多いインターンシップの場合は、体を動かしやすい身軽な格好が良いでしょう。

また、周りの社員がスーツを着用している企業の場合は、カジュアルな格好だと目立ってしまう可能性があります。

このため、インターンシップの服装を考える際は、インターンシップの内容や企業の雰囲気、実際に働いている社員の様子などを参考にすると良いでしょう。

指定がない場合

インターンシップの服装に関して、あらかじめ指定されている場合があります。

指定がある場合はスーツや私服、オフィスカジュアルなど指示に従うようにしましょう。

しかし、服装の指定がなく、何を着たら良いか分からないという人も見受けられます。

そのような場合はスーツ、もしくはオフィスカジュアルを着ていくのが無難です。

服装に指定がない場合は、厳しく服装を確認されることはほとんどないため、そこまで重く考えなくても大丈夫でしょう。

もちろん清潔で、最低限のビジネスマナーをまもっていることが前提となります。

私服の指定があった場合

インターンシップの服装に関して、企業が私服を指定した場合はどうすれば良いのでしょうか。

結論から述べると、オフィスカジュアルが無難と言えるでしょう。

オフィスカジュアルとは、スーツほどフォーマルではないものの、少しフォーマルさを残した私服のことです。

ジャケットを羽織ったり、シャツを着たりしてフォーマル感を演出します。

もちろん、業界や企業の雰囲気、業務内容によって適切な服装は変わってきます。

例えば、アパレル会社の場合は就活生がどのような私服を着ているかによって、その人のスタイルや雰囲気を判断する企業も多いです。

明らかにTPOに合わない、インターンシップに本気で参加しようとしていない服装と判断された場合は、マイナス評価につながります。

「インターン 私服」についてもっと詳しい記事はこちら

企業がインターンシップの服装に私服を指定する理由

企業の中にはインターンシップの服装に私服を指定するところがあります。

なぜ企業はインターンシップの服装に私服を指定しているのか、理由を説明していきます。

動きやすい格好をしてほしいから

企業は就活生に対して、単純に動きやすい格好をしてほしいと考えている場合があります。

特に、移動が多かったり、体を動かしたりするインターンシップ内容の場合に私服が指定されることが多いです。

スーツなど動きにくい格好でインターンシップに挑んでしまうと、就活生は疲れてしまい、作業にも影響が出ることがあります。

また、移動や体を動かすことが多いインターンシップの場合、靴も疲れにくいものを選ぶようにしましょう。

就活生の個性を見たいから

企業は私服を指定することで、就活生の個性を見たいと考えています。

私服は自分を表現する方法の1つであるため、就活生がどのような雰囲気か企業側は読み取ることができます。

特にアパレル企業や美容関係など、個性が求められる企業にとっては私服は重要な判断基準です。

企業の中には「自分らしい格好で参加してください」などの指定をするところもあるため、私服を通してどのような自分を演出したいか考えることが大切です。

私服以外にも、メイクやヘアスタイルなども合わせて考えると良いでしょう。

柔らかい社風であるから

スーツではなく社員は基本的に私服で働いているという企業の場合は、インターンシップに参加する就活生に対しても、私服で参加するように指定することがあります。

柔らかい社風を就活生にも感じてほしいと考えているからです。

例えば、多国籍な社員が働くグローバル企業や、ベンチャー企業など、社員がカジュアルな服装で働けるイメージがあるのではないでしょうか。

このような雰囲気の会社にフォーマルな格好で行ってしまうと、逆に目立ってしまう可能性があります。

もちろん、フォーマルな格好だからといってマイナスな評価につながる訳ではないですが、企業がどのような意図で私服を指定しているのか考えることが大切です。

就活生の緊張をほぐしたいから

企業は就活生に普段の状態でインターンシップに参加してほしいと考えています。

緊張している状態でインターンシップに参加しても、就活生は本来の力を発揮できません。

また、企業にとっても就活生の普段の様子が見られると、どのような人材であるか判断しやすくなります。

このように、スーツを着用してもらうよりも、私服の方が就活生がリラックスできるのではないかという企業の配慮により、私服が指定される場合があります。

私服が評価基準であるから

私服が評価基準である場合、企業はインターンシップに参加する就活生に対して私服で参加するように求めます。

先述した通り、アパレルブランドを扱っている企業などの場合は、私服を通して就活生が自社ブランドの雰囲気に合っているかどうか判断します。

「思いっきりお洒落してきてください」「私服で自分らしさを表現してください」などの指定がある場合は、自分らしい格好で挑むようにしましょう。

最低限のマナーとして清潔感を保つことが大切です。

服がシワになっている、シャツがはみ出ている、寝癖がひどいなど、身だしなみが整っていないと評価が下がります。

インターンシップでNGな服装

ここまでインターンシップにおいて適切な格好について紹介しましたが、インターンシップでNGな服装はあるのでしょうか?

露出が多い

ビジネスマナーとして、露出が多い服装は避けると良いでしょう。

ジェンダーを問わず、国内のビジネスシーンでは露出が多い服装は好まれません。

もちろん、社員の服装の自由度が高い企業も増えているため、一概には言えませんが、インターンシップの場合は露出が多くなりすぎないように注意することが大切です。

また、状況に合わせて服装を調整できるように、羽織を1枚持っておく、長めの丈のボトムスを着用するなど、工夫することをおすすめします。

動きづらい

インターンシップにおいて動きづらい服装は好まれません。

企業はインターンシップに参加する就活生に対して、インターンシップに快適な状態で取り組んでほしいと考えています。

しかし、動きづらい格好でインターンシップに参加してしまうと、疲れてしまったり、業務に集中できなかったりすることがあります。

このため、インターンシップにしっかりと集中できるように、快適な格好を心がけることが重要です。

指定に反している

企業からインターンシップの服装に関して指定があったのにも関わらず、指定に反した格好をしている場合、指示に従えない人材であると判断されてしまいます。

このため、しっかりとインターンシップの案内メールを確認して、指定がないかどうか確認することが大切です。

服装だけでなく、持ち物に指定がある場合もあるため、事前確認をしっかりとしておきましょう。

また、指定は守っているものの、明らかにビジネスシーンにそぐわない、インターンシップに参加する格好ではないと判断されると、マイナス評価につながる可能性があります。

就活生の服装は、インターンシップにどのような目的、態度で参加しようとしているかが現れます。

いくらやる気があっても服装が適切でないとマイナスな印象を持たれるでしょう。

インターンシップの服装を選ぶポイント

インターンシップの服装を決める際はどのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。

ここでは、インターンシップの服装を選ぶポイントを紹介します。

企業の社風に合わせる

企業の雰囲気にあわせて服装を決めることをおすすめします。

社員がスーツを着用している企業であれば、スーツを着ることが好まれますし、Tシャツなどのカジュアルな格好が許されている企業では、私服で参加しても問題はありません。

また、業種によっても適切な服装は変わってきます。

航空業界やホテル業界など、接客業を行っている企業の場合は、人に与える印象が重要になるため、清潔感のある髪形や服装が重視されます。

快適な服装を選ぶ

自分が過ごしやすい服装を着て行くようにしましょう。

インターンシップの中には、1〜2時間の短いものもありますが、中には1日がかりで行われるものもあります。

長時間快適でない格好で過ごしてしまうと、インターンの内容に集中できずに疲れがたまってしまう可能性があります。

サイズが合っているか、季節に合った服装であるか、温度調整はしやすいかなど、細かいところまで注意して服装を選ぶことが大切です。

薄着である、動きづらいなど、細かいところまで考慮できていない服装の場合、計画性がないのではと疑われます。

インターンシップの時間や場所、内容にあわせて適切である服装を心がけましょう。

「インターン 持ち物」についてもっと詳しい記事はこちら

適切な服装でインターンシップに参加しよう

今回は、インターンシップに何を着ていくべきか分からないとなどの悩みがある就活生に向けて、インターンシップの服装について解説しました。

インターンシップにおいて適切な服装は企業の雰囲気や業務内容、業界などによって異なります。

指定の有無に関わらず、企業がどのような格好でインターンシップに参加することを求めているかを考えて服装を決めることが大切です。

インターンシップについて悩みがある場合はヒトテクノロジーに相談してみましょう。

インターンシップについての悩み以外にも自己PRやガクチカなども、就活生の魅力を引き出してアドバイスをすることが可能です。

就活に関する悩みを解消したいのであればぜひ相談してみてください。

「インターンとは」についてもっと詳しい記事はこちら

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする