インターンの参加理由は重要?100字や200字と指定がある?書き方のポイント!

就活準備, インターンシップ
2022.02.15
3193

投稿したユーザー : agentgate

インターンに応募する際、ESや面接などで参加理由を述べないといけないケースがあります。

ESや面接における参加理由はどれくらい重要なのでしょうか。

また、参加理由としてどのようなことを述べれば良いのでしょうか。

今回の記事では、インターンの参加理由の重要性や、インターンの参加理由を伝える際のポイントを解説します。

この記事を読むことで、どのような参加理由を用意すれば良いか理解できるようになるため、ぜひ参考にしてみましょう。

インターン 参加理由

インターンの参加理由は重要?

インターンの参加理由は重要なのでしょうか。

結論から述べると、インターンの参加理由は重要な役割を担います

採用面接では志望動機や、人となり、学生時代に力を入れたことなど、様々な観点から就活生を判断していきます。

一方、インターン応募の場合は参加理由を重視する傾向にあるのです。

このため、参加理由が不明瞭だと、インターンに応募した動機が伝わらず、納得のいく結果を得られない可能性が高まります。

インターンの参加理由が上手く伝えられなかったり、参加理由が不明瞭だったりすると書類の時点で落ちてしまうことがあるでしょう。

インターンの参加理由を求める理由とは

インターンの参加理由で面接官は何を判断しているのでしょうか。

ここでは、参加理由における面接官の注目ポイントを確認しましょう。

目的意識

面接官は就活生の参加理由を通して、インターンに参加する目的意識を判断しています。

企業は、「企業の雰囲気を知るため」、「実際の働き方を通して自分に合うか判断するため」など、就活生がどのような目的でインターンに参加しようと思ったか興味を持っています。

目的意識がわかることで、就活生がインターンをどのような場として捉えているかも理解できるようになるため、企業の目的と就活生の目的がマッチしているか判断しやすくなるのです。

志望度

インターンの参加理由によって、企業は就活生の志望度を判断しているケースがあります。

企業としては、優秀な学生をなるべく早い段階で確保したいと考えています。

このため、志望度の高い学生は、採用候補として注目されやすいのです。

志望度が高い企業のインターンに応募する際は、志望度が伝わるようにするようにしましょう。

企業との関わりを書いたり、興味を持った理由を述べたりすることが大切です。

思考力

ESなどに記載する文章から、企業の面接官は就活生の思考力を見極めていることがあります。

まとまった文章がかけている就活生は、思考力が高いと判断されやすいです。

このため、文章を書く際は、起承転結を意識して、相手にわかりやすい文章を書く必要があります。

また、企業に提出する前に、先輩、企業のOG・OB、先生などの第三者に読んでもらうと良いでしょう。

目的意識や志望度、思考力などが伝わらない志望理由は面接官には伝わりません。

相手が理解できるような志望理由が書けないと判断されます。

「インターン とは」についてもっと詳しい記事はこちら

インターンの参加理由を考える前の準備

インターンの参加理由を考える前にどのような準備を進めておくべきなのでしょうか。

ここでは、インターンの参加理由を考える前の準備を紹介します。

自己分析を行う

まず自己分析を行い、自分の興味や関心、性格や考え方などを理解することが大切です。

自分のことを客観的に理解することで、企業とのつながりや関連性を見つけやすくなります。

例えば、「自分には〇〇な経験があって、企業の掲げる理念に一致しているから応募した」などと記載すれば、説得力の高いインターンの参加理由を書くことができます

就活ノートなどを利用したり、インターネットの自己分析を紹介しているサイトを活用したりして、自分のことについての理解を深めましょう。

業界・企業研究を行う

インターンで説得力のある参加理由を伝えるためには、業界・企業研究が重要な役割を担います。

業界・企業研究を行うことで、どうして自分がその企業や業界に興味を持ったのか、明確に伝えやすくなるのです。

企業のコーポレートサイトや、業界研究用の本、Webサイトなど、あらゆる情報を参考にして知識を深めましょう。

インターンの時点で理解を深めておくことで、採用面接時にも知識を活かすことができます。

OG・OB訪問を行う

インターンの参加理由に具体性を加えるために、OG・OB訪問を行うことをおすすめします。

OG・OB訪問は、企業で働いている社員に直接意見を聞ける重要な機会です。

コーポレートサイトや企業の資料だけでは伝わりきらない実情やリアルな姿を理解できます。

会社のポジティブな側面だけでなく、ネガティブな側面もしっかりと理解することで、本当にインターンに参加したいか判断できるようになります。

また、OG・OB訪問で話を聞いたこと自体が、インターンに参加したいと思ったきっかけになったと伝えることができます。

就活生として自己分析や業界・企業研究などを行っていないと説得力のある志望理由は書けないでしょう。

「OB 訪問 メール」についてもっと詳しい記事はこちら

インターンの参加理由を書く際のポイント

参加理由を伝える際はどのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。

ここでは、インターンの参加理由を書く際のポイントを解説します。

結論から述べる

基本的なことですが、参加理由を伝える際は結論から述べるようにしましょう。

結論から述べることで、就活生が何を1番伝えたいか伝わりやすくなります。

結論が文章の途中にあったり、最後の方にあったりすると、結局何を伝えたいか理解できない可能性があるため、まずは結論から述べることが大切です。

結論を述べた後で、具体的なエピソードなどにつなげていきましょう

エピソードを交える

冒頭で結論を述べた後は、説得力をアップさせるためにも具体的なエピソードを交えていきましょう。

具体的なエピソードが加わることで、就活生がどうして企業のインターンに応募しようと感じたか、イメージしやすくなります。

例えば、「留学での〇〇などの経験から、海外に日本の文化を発信することに興味を持った」など、就活生のバックグラウンドや性格、スキルなども伝えることができます。

ただし、エピソードを詰め込みすぎると、結局何が言いたいかわかりづらくなってしまうため、エピソードは絞って伝えることが重要です。

フォーマットを利用しない

インターネットでは、ESなどで使えるフォーマットが公開されています。

しかし、このようなフォーマットを使用してしまうと、他の就活生と似通った内容の文章になりやすいため注意が必要です。

フォーマットを使用する場合も、あくまで参考程度にとどめ、自分なりに文章を記述していく必要があります。

他の就活生と内容が丸かぶりになってしまったなどの事態を避けるためにも、フォーマットをそのまま使用しないようにしましょう。

自己PRを入れる

インターンの参加理由を述べる際、残りの文字数に余裕がある場合は自己PRも適度に入れると良いでしょう。

他の就活生と差異化を図るために、自分の強みをアピールしていきます。

ただし、インターンの参加理由では、あくまで動機を聞いているため、自己PRだけの内容にならないように気をつける必要があります。

適度に自己PRを交えながら、面接官の興味を湧かせるような参加理由を目指しましょう。

結論から述べるなどの基本事項を守れていないと、読みづらい志望理由になり面接官に最後まで読んでもらえないでしょう。

インターンの参加理由に字数制限がある場合

インターンの参加理由に字数制限がある場合はどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、文字数制限がある場合の対処方法を紹介します。

100字

インターンの参加理由は100字に制限されている場合、企業側は参加理由を簡潔に述べてほしいと考えています。

このため、参加理由が明確に伝わるように、余計な情報は省くことをおすすめします。

もちろん、インターンの参加理由の説得力をアップさせるエピソードや自己PRがある場合は、短くまとめて記載することが大切です。

しかし、1番重要な内容である参加理由を最初に記述するようにしましょう。

200字

インターンの参加理由が200字程度の場合、具体的なエピソードなどを加える余裕があります。

最初にインターンの参加理由を述べた後に、説得力をアップさせるエピソードや経験、自己PRなどを述べましょう。

100字よりは余裕があるものの、200字内にまとまるように欲張りすぎないことが大切です。

記載するエピソード等も絞り込んで、伝えたいことを優先的に伝えるようにしましょう。

文字数があからさまに不足している、文字数オーバーしているなど、規定を守れていないと悪印象を与えてしまうでしょう。

インターンの参加理由で伝えたいことを明確にしよう

本記事では、インターンの参加理由に何を記載すればいいか分からない就活生に向けて、インターンの参加理由で面接官が重視しているポイントを解説しました。

面接官はインターンの参加理由を通して、目的意識や志望度、思考力などを見極めています。

説得力のある内容のESを目指すためにも、自己分析や、業界・企業研究、OG・OB訪問を行うなどして、準備を進めることが大切です。

また、他の就活生と差異化を図るためにも、自己PRを入れたり、具体的なエピソードを交えたりして、工夫するようにしましょう。

この記事を読んでも説得力のある志望理由が書けるか不安と思っている人はヒトテクノロジーに相談してみましょう。

志望理由の書き方や添削など細かくチェックし、サポートをしてもらうことができます。

また、説得力のある志望理由にするために行わなければいけない自己分析や業界・企業研究なども的確なアドバイスをしてもらえます。

就職活動に不安を感じていたり、悩みがあったりする場合はぜひヒトテクノロジーにご相談ください。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする