機械系エンジニアのインターンシップで体験できることとは?参加するメリットも解説

就職活動, インターンシップ
2023.01.26
13

投稿したユーザー : masumin01

「機械系の仕事に就きたいと考えている」

「機械系の職種に就職する前にインターンシップに参加してみたい」

こんな悩みを抱える方。

機械系エンジニアの仕事は、機械製造や精密機器・自動車など様々な産業で必要不可欠であり、多種多様な職種が存在します。

選択肢が多い業界なので、自分の中で気になる業界のインターンシップに参加してみましょう。

こちらでは、機械系エンジニアの仕事内容やインターンシップ内容などについてご紹介します。

これから就職を考えている方、実際にインターンシップに参加したいと検討している方は参考にしてください。

機械系 仕事内容

機械系エンジニアの仕事とは

機械系エンジニアとは“メカニカルエンジニア”や“機械系設計者”とも呼ばれ、工場などで使用されている機械や精密機械、自動車などの身近なものまで非常に多くの分野に分かれています。

まずは、機械系エンジニアの仕事内容や仕事の流れについてみていきましょう。

職種によって異なる部分はありますが、大まかな流れについてご紹介しますので参考としてご覧ください。

機械系エンジニアの仕事内容

機械系エンジニアは、工場用機械や自動車、施設に使用される機械などの提案・設計・開発・製造などが行われています。

機械系の仕事は、様々な用途や使用する環境などによって異なるため、業務用の機械の場合ほとんどがオーダーメイドで製造されています。

また、業界によって導入する際に改良が必要な場合もあるため、用途やラインに合わせて設計を改良することもあります。

製造する際は使用する過程で安全面に配慮し、仕様や設置場所、既存機器との接続・侵害など、様々なことに配慮しながら製造しなければなりません。

機械系エンジニアの仕事例として、身近なものの例えは「自動車・自動販売機・自動券売機・飛行機」などがあり、これらの製造に大きく関わっています。

機械系エンジニアの作業の流れ

作業工程については以下のような流れで行われます。

  • 企画立案
  • 構想設計・基本設計
  • 評価
  • 詳細設計
  • 生産
  • 設置
  • まずは、作りたい機械のコンセプトや課題に対してどうのように克服するのかなどの企画立案から始まります。

    企画立案の時点では顧客のニーズや他社との比較分析なども行われるので、機械系エンジニアよりも営業やコンサルタントなどの職種が主体となり作業が進められます。

    次に、企画に沿って形や使用する部品や素材・技術などを決める構想設計に入り、構想を本格的に決めていく基本設計に進みます。

    基本設計は、部品の接続・強度の確認・改良などが行われる非常に重要な工程です。

    それらの評価を行い、問題がないと判断されれば詳細設計へ進み、試験を繰り返し実際に生産・設置される流れになります。

    それぞれの分野でチームを組み、綿密な話し合いを重ねた上で作業が進められます。

    機械系 インターンシップ 内容

    機械系エンジニアのインターンシップ内容

    機械系エンジニアのインターンシップで経験できる業務をご紹介します。

    ご紹介する業務は機械系エンジニアの仕事で体験することができますが、それぞれの職種により異なりますので、参考としてご覧ください。

    実践型インターンシップ

    まずは、実際の業務体験として製品の研究開発・商品開発・設計・生産技術開発などに携わることができます。

    自社の強みを生かした製造を行うための戦略を立てながら、企画立案などについても行われます。

    実際の現場でどのような仕事が行われているのか、企業の規模によっても異なるので実際に肌で感じることができる貴重な体験です。

    また、インターンシップの参加者同士で、設計においての提案をグループワーク方式で行われることもあります。

    家電製品やAV機器を制作する会社などでは、実際に製品を試作し動作検証まで体験する企業もありますので、とても貴重な経験となるでしょう。

    会社説明会

    各企業の概要についての説明が行われます。

    質疑応答などが行われる場合もあるので、実際に体験して感じたこと、疑問に思うことなどの質問事項はまとめておくといいでしょう。

    工場見学

    働く現場の見学をさせてもらいます。

    機械系エンジニアは、日常では体験したり見ることができない現場なのでとても貴重な経験です。

    実際に働く姿や、作業工程の見学、施設の規模などを見学できます。

    実際に働いている先輩社員からの話

    働く先輩社員からのリアルな話を聞くことができます。

    働き始めてから成長できたこと、身についた知識や技術、働くことの楽しさ・大変さなど詳しく聞いてみましょう。

    現場の雰囲気や一人前になる期間など、気になるポイントをまとめておくと就職の際に役に立ちます。

    機械系 メリット

    機械系エンジニアのインターンシップに参加するメリット

    機械系エンジニアのインターンシップに参加するメリットについてご紹介します。

    実際の業務に携わることができる

    就職前に実際の業務に携わることができるのは、インターンシップの最大のメリットです。

    想像していた現場と、実際に体験する業務は異なるかもしれません。

    体験してみて「辛い」「大変」と思うかもしれませんが、それと同じくらい仕事に対する喜びややりがいを感じることもあるでしょう。

    働く現場を間近で観察することができる

    実際に働く前に、現場を観察することができます。

    働く姿や扱う製品・部品・素材・作業工程などを観察し、仕上がっていく過程を見学することができます。

    機械系エンジニアの仕事は出来上がったものを見たり使うことはあっても、どのように出来上がるのか、どれくらいの人たちが関わっているのかなどは見えない部分ですよね。

    そういった場面を実際に見て体験することは、とても貴重な経験となります。

    コミュニケーションをとることができる

    先輩社員とのコミュニケーションはもちろんですが、インターンシップの参加者とのコミュニケーションもとることができます。

    機械系エンジニアは、工場などで使われる機械を製作する企業や自動車や施設などで扱う機械など、多種多様な企業があります。

    同じ道を志す者として、コミュニケーションをとることは大切な経験となるでしょう。

    事業内容を理解することができる

    インターンシップに参加することで、機械系エンジニアの実際の業務内容についての理解を深めることができます。

    仕事内容を調べて確認することはできますが、実際に働く先輩社員から話を聞き、施設内を見学し、業務を体験することで確実な情報を理解することができます。

    将来自分が働く環境として、リアルに想像することができるでしょう。

    機械系エンジニアに就職する前にインターンシップに参加しよう!

    機械系エンジニアの仕事のインターンシップについてご紹介しました。

    機械系エンジニアの仕事は、工場で扱う機械や自動車など非常に多くの企業があります。

    自分が興味を持っている分野の企業のインターンシップに参加し、実際の業務を体験してみましょう。

    理想と現実のギャップを感じることもありますが、就職前に経験することで就活の際にアピールすることもできます。

    インターンシップには、実際に体験できる貴重な経験となるため積極的に参加してみることがおすすめです。

    この記事を友達におしえる!

    タイトルとURLをコピーする