面接で緊張すると落ちる?緊張する理由や緊張をほぐす方法を紹介!

就職活動, 面接対策
2022.02.15
707

投稿したユーザー : agentgate

面接になかなか慣れずに緊張してしまうという人は多いのではないでしょうか。

緊張をしてしまうと、伝えたいことが伝えられなかったり、表情がかたくなってしまったりする可能性があります。

力を100%発揮するためにも面接時は気持ちを落ち着かせることが大切です。

今回の記事では、面接での緊張をほぐす方法や緊張をしないためのポイントを解説します。

この記事を読むことで、緊張したときにどのように対応すれば良いか理解できるようになるため、ぜひ参考にしてみましょう。

面接 緊張

面接で緊張する人は多い?

面接で緊張してしまう就活生は極めて多く見受けられます

慣れない面接に苦手意識を持っている人が多いのです。

「上手く回答しなくてはいけない」「緊張していることが相手に伝わらないようにしなくてはいけない」など、必要以上のプレッシャーを感じている人が多く存在します。

面接で緊張をするのは決して悪いことではありません。

真摯に取り組んでいるからこそ、緊張感が生じるためです。

しかし、緊張したことが原因で失敗してしまったという声もあります。

面接で緊張していることは真摯に取り組んでいる証です。

しかし、緊張して失敗してしまうことがあるため緊張をほぐすようにしましょう。

面接で緊張する理由

面接で緊張してしまうのはどうしてでしょうか。

ここでは、面接で緊張する理由を紹介します。

緊張することがマイナスだと思い込んでいる

多くの就活生は、緊張することで面接官にマイナスな印象を与えてしまうと思い込んでいます

しかし、緊張することは決して悪いことではありません。

面接で緊張をするということは、それだけ企業への志望度が高く、面接で志望度が伝わるか不安を感じているためです。

このため、まず面接で緊張することは悪くないと自分に言い聞かせるようにしましょう。

上手く回答をしようと意識しすぎている

面接で緊張してしまう理由として、上手く回答をしようと意識しすぎていることが挙げられるでしょう。

企業に内定を貰いたい一心で、上手く回答をしようと意識しすぎてしまうと、緊張感につながりやすくなります。

面接では、あくまで自然体に、自分の考えていることをありのまま伝えることが大切です。

また、もし言い間違えなどの失敗をしたとしても、改めて言い直せば問題ありません。

自分にプレッシャーをかけすぎないようにしましょう。

面接に慣れていない

面接に緊張してしまう理由として、単純に面接に慣れていないケースが考えられます。

特に新卒生の場合、就活面接に挑むのが初めてで、どのように対応すれば良いかわからず、緊張してしまうことがあります。

面接に慣れていない人は、面接の流れを掴むためにも、事前に面接練習をしておくことが大切です。

練習を重ねることで、緊張したとしても自分の伝えたいことを伝えられる可能性が高まります。

緊張する就活生は、事前に面接練習などを行って、最大限の力を発揮できるように準備しますが、準備ができていない人は面接に落ちてしまうでしょう。

自分なりに工夫して対策することが大切です。

「就活 面接」についてもっと詳しい記事はこちら

面接で緊張してしまった際の失敗例

就活生は緊張することでどのような失敗をしてしまうのでしょうか。

ここでは、面接で緊張してしまった際の失敗例を紹介します。

回答が飛んでしまった

面接で緊張してしまったことにより、回答が飛んでしまった経験がある人もいます。

頭が真っ白になってしまい、どのような内容を回答するべきかわからなくなってしまうのです。

「質問に対して適切な回答できなかった」、「自分で何を言ったか覚えていない」など、面接で十分に力を発揮できなかったと感じる人が多く存在します。

面接で回答できないと、面接官は就活生がどのようなことを考えているか理解できないため、マイナス評価につながることがあります。

泣いてしまった

面接で緊張してしまったことで、感情がコントロールできなくなり、泣いてしまったという人も一定数存在します。

プレッシャーを感じすぎてしまい、気持ちを抑えられなくなってしまうのです。

面接で泣いてしまうと、面接官に伝えたいことが伝わらずに、納得のいく面接結果を期待できない可能性があります。

感情をコントロールするためにも、面接にはリラックスした状態で挑戦することが大切です。

吐き気を感じた

面接で緊張することにより、吐き気を感じたというケースも見受けられます。

体調が悪くなってしまい、面接を受けられなかったり、万全の状態で面接に挑めなかったり、緊張は就活生のコンディションに大きな影響を与える可能性があるのです。

特に、志望度の高い企業の面接に挑む際、より緊張しやすくなる傾向にあります。

吐き気を感じるなど、緊張しないようにするためには、気持ちをリラックスさせることが大切です。

緊張によって上記で紹介したような失敗をして面接を逃すことはもったいないです。

「面接 何分前」についてもっと詳しい記事はこちら

面接での緊張をほぐす方法

面接でリラックスするためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、面接で緊張をほぐす方法を解説します。

緊張していることを伝える

面接で緊張している場合、緊張していることを面接官に伝えるのも、緊張をほぐす方法の1つとして挙げられるでしょう。

緊張していることを言葉にすることで、面接官は就活生の心情を把握しやすくなります

また、面接官は就活生にリラックスしてもらえるように、話しやすい話題に変えてくれたり、気持ちが落ち着くまで時間をくれたりします。

また、いきなり質問内容に答え始めるよりも、一息つけるため気持ちがまとまりやすくなります。

ゆっくり話す

面接時は、基本的にゆっくり話すように心がけましょう

焦って早く喋ってしまうと、伝えたいことがわかりやすく伝わらない可能性があります。

さらに、「早く回答しなくては」と思ってしまうと、より緊張感が増す可能性があります。

ゆっくりと話すことで、話しながら頭の中を整理できるようになります。

このため、自分のためにも、面接官のためにも、わかりやすくゆっくりと回答することが大切です。

深呼吸やストレッチをする

緊張をほぐす方法として、代表的な方法ですが、深呼吸やストレッチは気持ちをリラックスさせることができます。

緊張しているときは、深呼吸やストレッチをするようにしましょう。

深呼吸やストレッチをすることで、固くなってしまっている表情をほぐすことができます。

しかし、面接中にストレッチなどをしてしまうと、面接官が怪訝に感じる可能性があるため、待ち時間などに行うことをおすすめします。

音楽を聴く

面接前はお気に入りの音楽を聞いて、気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

音楽は気持ちをリラックスさせる効果があり、音楽を聞くことでいつもの調子を取り戻すことができます

しかし、待ち合わせ室などでイヤフォンをしていると、呼ばれたときに反応できない可能性があるため、面接に向かう電車や、カフェで待っているときなどに音楽を聞くようにしましょう。

音楽以外にも、動画などを見ることで、緊張感を紛らすことができます。

面接のイメージを付けておく

面接がどのように行われるか、流れや雰囲気などのイメージを付けておくようにしましょう

現在は、動画サイトや就活サイトなどで、面接の情報を収集することができます。

例えば、就活面接の動画などを事前に見ておくことで、面接の流れを理解することが可能になります。

もちろん、企業によって面接の雰囲気は大きく異なりますが、大体のイメージを付けておくことで不安を払拭できます。

緊張しないための対策ができておらず、失敗してしまうと面接に落ちて後悔することになるでしょう。

面接で緊張をしないためのポイント

面接で緊張しないためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、面接で緊張をしないためのポイントを紹介します。

質問を予測する

あらかじめ企業からどのような質問をされるか、予測しておくことが重要です。

企業や業界によっては、聞かれる可能性が高い質問が存在します。

特に志望動機や自己PR、ガクチカなどは面接で聞かれる鉄板の質問です。

企業に合わせて表現方法や回答内容を変えることで、アピールしやすくなります。

さらに、このような準備を行っておくことで、緊張を和らげることができるため、事前に質問を予測しておくようにしましょう。

伝えたいことをメモしておく

面接で緊張しないためにも、伝えたいことをメモしておくと良いでしょう。

もちろん、全てをメモする必要はありませんが、絶対に伝えたいことをメモしておくことで、いざという時に何を伝えたいか思い出すことができます

さらに、実際にはメモを見ないとしても、メモがあるというだけで、気持ちが楽になることがあります。

特にあがり症の人や、頭が真っ白になりやすい人は、メモを用意しておくことをおすすめします。

面接練習を行う

面接で緊張してしまう理由として、面接に慣れていないことが挙げられます。

面接に慣れるためにも、面接練習を行うようにしましょう

面接練習をしっかりと行っておくことで、どのような流れで面接が行われるか、どのように回答すれば良いのか、理解しやすくなります。

学校にキャリアセンターや就活エージェント、大学の先輩、先生などに依頼して、面接練習を行うようにしましょう。

面接で緊張しやすいのにも関わらず、何も準備をせずに挑んでしまうと、より緊張して後悔することになります

緊張によって面接で失敗し、落ちるケースもあるため注意しましょう。

面接で緊張しないように工夫しよう

面接で緊張してしまうのは、緊張することがマイナスだと思い込んでいたり、上手く回答をしようと意識しすぎていたりするためです。

面接で言い間違えるなどしても大きな問題はないため、プレッシャーを自分にかけすぎないようにしましょう。

緊張していることを伝える、ゆっくり話す、深呼吸やストレッチをするなど、面接でリラックスできるように工夫することが大切です。

緊張をしないためにも面接練習をすることが大事です。

ヒトテクノロジーでは緊張せずに面接に挑む方法や、面接での受け答えのアドバイスをします。

またそれ以外にも、自己PRやガクチカなどを添削し、就活生の魅力引き出せるようにサポートします。

ぜひ、ご相談ください。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする