面接は何分前に着くべき?オンライン面接の対応方法もあわせて解説!

就職活動, 面接対策
2022.02.15
726

投稿したユーザー : agentgate

「面接は何分前に着くべき?」「受付は何分前に済ませておくべき?」など、面接に慣れていない就活生の中には、面接会場への到着時間に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

面接会場に早く到着しすぎてしまうと、マイナスなイメージを与える可能性があるため注意が必要です。

本記事では、面接会場に何分前に到着するべきか解説します。

この記事を読むことで、どれくらいの時間を目安にすれば良いか理解できるようになるため、ぜひ参考にしてみましょう。

面接 何分前

面接会場には何分前に到着するべき?

面接で何分前に着くべきか悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか。

「面接会場に早く着きすぎてしまって、何をすれば良いか分からず困った」
「早く着きすぎないように意識したら遅刻ギリギリになってしまった」

など、面接会場への最適な到着時間がわからずに失敗してしまった方も見受けられます。

このような失敗を避けるためには、面接会場に何分前に到着するべきか理解しておくことが大切です。

最適な到着時間を確認していきましょう。

遅刻した時点で低い評価がついてしまいます。

逆に早く着きすぎてもマイナスイメージが付くため、どちらにしても時間を守れない人だとみなされて常識のない人だと思われるでしょう。

面接会場に5~10分前に到着するべき理由

ここでは、面接会場に5〜10分前に到着するべき理由を解説します。

早すぎる到着はマイナスイメージを与える

1時間前や30分前など、面接会場に早く着きすぎてしまうと、逆にマイナスなイメージを与えてしまう可能性があります。

「早く着く分には大丈夫だろう」と考える人もいますが、早く着くことで、企業側が困ってしまうことを考えられていないと判断されてしまうのです。

待ってもらうスペースを作らなくてはいけないなど、企業側は早く到着した就活生に対応する必要が生じてしまいます。

このため、企業のことに配慮して早く到着しすぎないように注意することが大切です。

トイレや身支度などができる

10分前などに到着することで、トイレなどで身だしなみを整える余裕が生まれます。

ギリギリに到着をしてしまうと、このような時間を確保できない可能性があるのです。

面接会場に向かう途中で髪の毛が崩れてしまっていたり、スーツにゴミがついてしまったりすることがあります。

しかし、事前に鏡でチェックすることで、身だしなみを整えることができます。

また、気持ちを落ち着かせるためにも10分前には到着するようにしましょう

会場で迷った際に対応できる

3分前などギリギリに会場に着いてしまうと、トラブルがあった際に時間に間に合わない可能性があります

しかし、10分前に到着しておけば、会場で迷った際に対応できる可能性が高まるのです。

特に、複数の企業が入っている大きいオフィスビルなどでは、エレベーターに乗るのに時間がかかったり、入り口が複数あったりして迷うことがあります。

時間までに受付を済ませられるように、余裕を持って会場に到着するようにしましょう。

早すぎる到着はマイナスイメージを与えてしまいます。

また、会場で迷うなどして遅刻してしまうと、さらにマイナスイメージのつながり失敗に終わるでしょう。

オンライン面接の場合は?

近年は、対面の面接ではなく、オンライン面接を実施する企業が増加しました。

新型コロナウイルスの影響により、対面で面接を実施するのが難しくなってしまったためです。

しかし、新型コロナウイルスが落ち着いた後も、オンライン面接は引き続き活用されることが予想されます。

オンラインの場合も、対面での面接と同様に5〜10分前に入室しておくと良いでしょう。

ギリギリに入室してしまうと、ネットの接続が悪いなどのトラブルがあった際に時間に間に合わない可能性があります。

ネットの接続などのトラブルを考えず、ギリギリに入室してしまうと、オンラインだからと甘くみていると思われるでしょう。

面接会場に受付がない場合は?

面接会場に受付が設けられていない場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。

結論から述べると、企業に連絡するのが無難な対応方法です。

何もせずにただ待っているだけだと、面接が始まってしまう可能性があります。

電話で正直に建物にいることと、受付場所が分からないことを伝えましょう。

なお、案内メールなどに詳細が記載されていることがあるため、しっかりと確認することが大切です。

案内メールに受付方法や詳細が書いてあるにも関わらず、連絡を入れてしまうとメールをしっかり読んでいない、よく確認する癖が付いていないとおもわれるでしょう。

面接会場に時間通りに到着しないときの対処方法

ここでは、面接会場に時間通りに到着しないときの対処方法を解説します。

遅刻が確定した時点で連絡する

面接会場に時間通りに到着できないときは、なるべく早いタイミングで会場に連絡を入れるようにしましょう

遅刻することが確定した時点で電話することをおすすめします。

企業としては、早い段階で遅刻することがわかることで、順番を後回しにするなどして、対応できるのです。

連絡をする際は、どれくらいの時間に到着できそうか、到着時間の目安を伝えるようにしましょう。

欠席の場合は前日までに連絡する

面接に行けなくなってしまった場合、前日までに連絡をするようにしましょう

当日にドタキャンの連絡を入れると、企業は対応に困ってしまうことがあります。

他の企業と面接が被ってしまった、風邪にかかってしまったなど、面接に向かえない理由は様々ですが、企業に連絡を入れる際は、理由をしっかりと述べると丁寧でしょう。

また、面接を改めて実施してほしいのか、面接を辞退したいのか、希望をしっかりと伝えることが重要です。

遅刻や欠席の連絡をせず、後日連絡を入れるなどしてしまうと、面接はもうできずに後悔することになります。

社会人のマナーとして、最低限連絡を入れるようにしましょう。

「面接 流れ」についてもっと詳しい記事はこちら

面接会場に向かう際のポイント

ここでは、面接会場に向かう際のポイントを解説します。

建物自体には15分前に到着する

面接会場には5〜10分前に到着するべきと先述しましたが、建物自体には15分前に到着しておくことをおすすめします。

「予想より駅から歩くのに時間がかかってしまった」、「喉が乾いているけど時間がないので飲み物を買えない」など、ギリギリに行動してしまうと、いざという時に対応できない可能性があります。

このため、建物自体には15分前到着しておいて、時間が近づいたら面接会場に向かうようにしましょう。

カフェなどで気持ちを整える

電車の遅延などが不安な人は、面接会場の近くのカフェに早めに到着しておくことをおすすめします。

早く家を出れば、遅延などがあった際も時間までに会場に到着できるのです。

また、カフェで飲み物を飲みながら、リラックスすることで、気持ちを落ち着かせることができます。

企業のホームページや就活ノートなどを見返して、面接で伝えたいことを整理しましょう。

面接時間が近づいたら、トイレなどの時間も考えて、面接会場に向かいましょう。

トイレで鏡をチェックする

面接前にトイレの鏡で身だしなみをチェックしておくようにしましょう。

身だしなみは面接官に与える印象を大きく左右する重要な要素です。

相手にマイナスなイメージを与えないように、しっかりと見た目を整えておきましょう。

また、緊張するとトイレに行きたくなることがあるため、事前にトイレを済ませておきましょう

面接会場に向かう方法をいくつか確認しておく

余計な心配をせずに面接に挑むためにも、いざというときのことを考えて、事前に準備をしておくことが大切です。

面接会場に向かう方法をいくつか確認しておくことが大切です。

いくつか経路を確認することで、電車やバスなどの交通機関が遅延した際に、速やかに対応することができます。

事前に経路を確認しておかないと、焦ってしまい、面接会場に時間通りに到着できない可能性が高まります。

持ち物を確認する

面接会場に向かう前に、持ち物をしっかりと確認するようにしましょう

履歴書や職務経歴書、ポートフォリオなど、指定された持ち物がしっかりと入っているか確認します。

また、面接会場についた後も、待ち時間などで、取り出しやすい場所に履歴書等が入っているか確認することが大切です。

さらに、スマートフォンがマナーモード設定になっているかチェックすることを忘れないようにしましょう。

面接中にアラームや通知音が鳴ってしまうと、相手にマイナスな印象を与えてしまいます。

面接を待っている間に荷物をいじっていたり、携帯を操作していたりすると、緊張感・落ち着きがない人だと思われます。

待ち時間も見られていることを意識することが重要です。

「面接 緊張」についてもっと詳しい記事はこちら

面接会場には10分前に到着しよう

今回の記事では、面接会場に何分前に到着するべきか悩んでいる就活生に向けて、面接会場に何分前に到着するべきか解説しました。

結論から述べると、面接会場には5分〜10分前に到着しておくことをおすすめします。

早く着きすぎてしまうと、企業の面接官を困らせてしまう可能性があります。

一方で、ギリギリに着きすぎてしまうと、気持ちを落ち着かせることができず、余裕がない状態で面接に挑む必要が生じます。

建物自体には15分前に到着する、トイレで鏡をチェックするなど、面接会場に向かう際のポイントをしっかりと守ることが大切です。

面接に自信がない、誰かに確認してもらいたいけど頼む人がいないなどと考えているならばヒトテクノロジーに相談してみましょう。

ヒトテクノロジーは的確なアドバイスで就活を成功の道へ導きます。

他にも自己PRやガクチカなど相談したいことがあればヒトテクノロジーにご相談ください。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする