好印象を与える!就活で清潔感のある前髪を意識して面接を突破しよう

就職活動, 面接対策
2022.02.15
752

投稿したユーザー : agentgate

就活生が面接官に良い印象を与えるにはどうすればいいのでしょうか。

前髪は面接官の印象を左右する重要なパーツで、前髪をしっかりと整えることで清潔感を出すことができます。

今回の記事では、面接でマイナスな印象を与えない前髪や、就活で好印象を与える前髪を作る際のポイントを解説します。

この記事で、自分がどのような前髪にするべきか判断できるようになるため、前髪で悩んでいる人はぜひ確認してみましょう。

就活 前髪

就活で前髪が整っていないとマイナスイメージがつく?

就活で前髪が整っていないとマイナスイメージがつくのでしょうか。

結論から述べると、前髪は第一印象を左右する重要なポイントになるため前髪が整っていないとマイナスイメージがつきます。

前髪が整っていることで、清潔感をかもし出すことができます。

一方、前髪が整っていないと、面接官から清潔感がないと思われ社会人としての常識を疑われてしまう可能性があります。

第一印象で好印象を与えるためには、前髪を整えて挑むことが大切です。

もちろん、前髪だけでなく、髪の毛全体を整える必要があります。

就活で前髪が整っていないと、清潔感がなく、相手に良い印象を与えられません。

最低限のマナーが守れていない人は、面接で失敗するでしょう。

就活で前髪が重要な理由とは

前髪が面接官の印象を左右するのはどうしてでしょうか。

ここでは、就活で前髪が重要な理由を紹介します。

清潔感を出せる

髪型は清潔感を左右する重要な要素です。

前髪を含めて髪の毛がしっかりと整っていると、清潔感がアップします。

髪の毛が整っておらず、面接官に不潔な印象を与えてしまうと、社会人としてのマナーが守れていないと判断されてしまうため注意が必要です。

また、清潔感の有無は人に与える印象に大きく影響します。

このため、面接官に良い印象を与えたい人は、前髪を含めて髪型をしっかりと整えることが重要です。

知的さをアピールできる

前髪のセットの仕方によって、知的さをアピールできる可能性があります。

就職活動において、知的なイメージは面接官に好印象を与えます

他の就活生と同じ回答内容だったとしても、表情や話し方によって面接官への伝わり方が大きく変わります。

このため、知的な雰囲気の前髪にすることで、相手に与える印象が変わってくるのです。

センター分けやオールバックなど、おでこを出す髪型を選ぶと知的なイメージを与えやすくなるでしょう。

また、このような髪型にすることで、自信のある表情を見せやすくなります。

面接官に目元の印象を残せる

目元をしっかりと見せる前髪にセットすることで、面接官に目元の印象を残すことができます。

目元は人となりや意思が伝わる重要な部分です。

前髪で目元が隠れていると、面接官に暗い印象を与えてしまい、印象に残りにくくなります。

また、自信がないように見られてしまうことがあるため注意が必要です。

このため、前髪が目元に被らないようにセットすることが重要です。

自己表現できる

前髪は人に与える印象を大きく左右する要素です。

自分に合った前髪で面接に挑むことで、自己表現することができます。

例えば、大人っぽく落ち着いた印象を与えたい場合は、前髪を斜めがけにすることで、大人っぽさが増します。

また、柔らかく穏やかなイメージにしたい場合は、目にかからない長さで、自然に流れるように前髪をおろすと良いでしょう。

このように前髪のセットの仕方で、自分が表現したいイメージを作ることができます。

前髪を含め、身だしなみは面接官の印象を与える重要な要素です。

身だしなみが整っていないと、不潔で常識がない人だと思われるでしょう。

「面接 対策」についてもっと詳しい記事はこちら

就活で好印象を与える女性の前髪は?

ここでは、就活で好印象を与える女性の前髪を紹介していきます。

斜めがけ

斜めがけは髪の毛の長さに関わらず、多くの人が挑戦しやすい前髪の1つです。

前髪を斜めに流すことで、聡明さや落ち着いた雰囲気、大人っぽさを演出できます。

また、眉毛が見えると目元の印象が強まります。

センター分けやオールバックに挑戦するのが難しい人は、斜めがけにすることで眉毛を見せられます。

斜めがけの前髪が崩れてしまうと、目元にかかってしまう可能性があるため、スプレーなどで軽くセットすることをおすすめします。

センター分け

センター分けは、前髪が長い人におすすめの前髪です。

センターで分けた前髪を後ろ髪と一緒にまとめることで、清潔感を出すことができます。

センター分けは幼い印象の顔の人でも、大人っぽさをアピールできる髪型です。

また、髪の毛が細くボリュームがないように見えてしまう人でも挑戦しやすい髪型であるため、自分の髪質に合わせた前髪を選ぶと良いでしょう

ただし、前髪が短い人はピンなどを使用しないと、すぐに崩れてしまうため、おすすめできません。

オールバック

オールバックは前髪をすべて後ろに流す前髪のことです。

おでこを出すことで、自信のある表情を演出できます。

一方で、おでこを全て出す髪型になるため、なかなか挑戦しにくいという人も多いでしょう。

また、航空業界やホテル業界など、清潔感を出すためにオールバックにする人が多い傾向にあります。

このように業界や受ける企業によっても最適な髪型は異なるため、どのような自分を演出したいかによって前髪を変えると良いでしょう。

アップバング

アップバングとは前髪を上げた髪型のことです。

清潔感があり、爽やかな印象を与えるヘアスタイルとして人気を集めています。

アップバングは合わせるスーツを選ばない髪型と言われており、どのようなスーツにもフィットするのがメリットです。

アップバングはおでこが面接官に見えている状態なため、自信のある印象を与えることができます。

また、目元の印象を残しやすくなります。

ポンパドール

ポンパドールとは、全体的にふくらみを持たせてアップした前髪を指します。

センター分けやオールバックが似合わないけど、おでこをしっかりと見せたいという人におすすめの髪型です。

ふんわりと前髪をアップすることで、健康的な印象を与えることができます。

ただし、ふんわりさせすぎるとカジュアルに見られてしまうことがあるため注意しましょう。

また、形式を重視するような業界には好まれない可能性があります。

適度なボリュームを出しながら、良い印象を与えられる前髪を作ることが大切です。

前髪は個人の印象を大きく左右します。

前髪が目にかかると、暗いイメージを持たれ面接に失敗する可能性が高まり後悔することになるでしょう。

就活で好印象を与える男性の前髪は?

ここでは、就活で好印象を与える男性の前髪を確認しましょう。

ベリーショート

ベリーショートは、爽やかで清潔感のあるイメージの髪型です。

ヘアセットに時間をかけたくない人にはおすすめです。

ベリーショートは髪の毛が短いため寝癖が付きにくく、セットにかかる時間を短縮することが可能です。

中でも、刈り上げタイプのベリーショートはスポーツをやっている人に多いため、面接官に対してアクティブな印象を与えられます。

クールショート

クールショートはある程度の長さを残したショートヘアスタイルです。

セットの仕方では、就活に向けたフォーマルなイメージや、プライベート用のカジュアルなイメージのどちらにも対応します。

ただし、髪の毛が眉毛や耳にかかってしまうと、野暮ったいイメージを与えてしまう可能性があるため注意が必要です。

面接の際は、しっかりとワックスやジェルなどを使用して、セットをするようにしましょう。

スポーツ刈り

スポーツ刈りは、前髪とトップを残した刈り上げヘアスタイルです。

名前の通り、スポーツをやっている人に多い髪型で、元気で活発な印象を与えます。

また、活発な印象だけでなく、部活をやっている人に多い髪型なため、真面目でしっかりとしているイメージを目指すことができます

セットにかかる時間も比較的少なく、準備にかかる時間を短縮することが可能です。

伸びっぱなしになっている髪型や、前髪が目にかかっている髪型は、面接官に不潔だと思われます。

清潔感を大切にしながら、ちょうど良い長さに調整しましょう。

「就活 証明 写真」についてもっと詳しい記事はこちら

就活で好印象を与える前髪を作る際のポイント

就活で面接官に良いイメージを与えるにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、就活で好印象を与える前髪を作る際のポイントを解説します。

崩れないようにする

就活で注意したいポイントは、髪型を崩さないようにすることです。

お辞儀をしたときなどに前髪が崩れてしまうと、顔が見えにくくなる可能性があります。

また、前髪が落ちてきたときに毎回整えていると、面接官の注意が散漫になってしまいます。

実際に家で前髪をセットした後に、小さな動きでも崩れてこないか確認すると良いでしょう。

また、スプレーだけでは崩れてきてしまうという場合は、ピンなどを使用することをおすすめします。

眉毛を見せる

前髪をセットする際は、眉毛を見せるようにしましょう

眉毛を見せることで、目元の印象を残しやすくなります。

眉毛を見せたくない人は、シースルー前髪や、自然に流れる程度に前髪をおろす方法を選択できますが、基本的には眉毛が見えるように髪の毛をセットすることをおすすめします。

また、眉毛が見える髪型にする場合は、しっかりと眉毛も整えることが大切です。

眉毛がボサボサのままだと手入れが行き届いてないと判断されてしまいます。

ヘアゴムやヘアピンを使用する

就活時は、目立たないヘアゴムやヘアピンを使用するようにしましょう。

ビビットなカラーのヘアゴムや、キラキラとした装飾がついたヘアピンなどは変に目立ってしまいます。

また、スーツに合わない可能性があるため、スーツや髪色に馴染みやすいヘアピンを選ぶと良いでしょう。

おすすめは髪色と同じヘアピンやヘアゴムを選ぶことです。

髪の毛に馴染みやすいカラーであるため、ナチュラルな仕上がりになります。

髪の毛が崩れてしまったり、パーマやカラー、ヘアピンなどが目立っていたりすると、身だしなみが整っておらず非常識な人間だと思われます。

会社のイメージにあった髪型にしましょう。

就活で失敗しないように前髪に気を払おう

今回の記事では、面接で前髪をどうするべきか悩んでいる就活生に向けて、面接でマイナスな印象を与えない前髪を解説しました。

前髪は、面接官の第一印象を左右する重要なパーツです。

目にかからないようにセットし、表情がしっかりと見えるような前髪を作るようにしましょう。

また、個人によって似合う前髪は大きく異なります。

どのような印象を面接官に持ってもらいたいか考えて、自分に合う前髪を考えることが大切です。

また、目立たないヘアゴムやヘアピンを使用する、パーマやカラーは避けるなど、注意すべきポイントを守るようにしましょう。

就活のことで悩んでいることもヒトテクノロジーに相談すれば的確なアドバイスをしてもらえるでしょう。

就活を成功させたいと考えているならばぜひヒトテクノロジーをご活用ください。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする