Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/dreamcloudgroup/www/otakara.company/otakara_wp/wp-content/themes/customtheme/single-know-how-columns.php on line 16

面接を成功させるにはコツがある?話し方や面接方法別のコツを紹介

2022.03.11
539

投稿したユーザー : agentgate

就職活動で最も大きなハードルとなるのは面接でしょう。

通常、面接では書類選考を通った後に行われ、面接官が実際に就活生と話をして自社にふさわしい人物かを判断します。

その面接には、通過するためのコツがあります。

今回は、これから就職活動をする人や面接をひかえている人のために、面接での話し方、行動、注意するポイントといった面接のコツ、面接官が面接でどんなところを見ているかについて説明していきます。

面接のコツを理解して、ポイントを抑えた面接対策をしていきましょう。

面接を成功 コツ

面接官は就活生の何を評価する?

面接のコツを知るには、まず面接官が就活生のどこを見ているかを知る必要があります。

面接官が、特に重きを置いて評価する4つの項目について説明します。

入社への意欲

面接官が就活生についてまず評価するのは、入社への意欲です。

「面接に合格したら、この人はちゃんと入社してくれるか」などを面接官は見ています。

どれだけ優秀な就活生でも、その企業に入りたいという気持ちが薄い場合は、面接官のモチベーションも下がってしまいます。

面接の際には、「ぜひこの会社で働きたい」という気持ちが伝わるように話しましょう。

入社への意欲を面接官に伝えるには、自己分析と企業研究を良く行い、納得のできる志望動機を作ることが重要です。

質問への回答内容

面接官は、質問への回答からなぜその企業に入りたいのか、就活生の過去の経験や自覚している性格などから、整合性のある理由を述べられているかを見ています。

質問への回答内容から、就活生が論理的に話をできるか、質問に的確に答えているか、相手に伝わりやすいように話を組み立てられるかなども見ています。

短時間の面接で話をするだけでも、就活生の傾聴力・理解力・会話力・語彙・表現力などは大体分かってしまうものです。

面接官が知りたいことが的確に伝わるように、面接の練習をして良く聞かれる質問への回答をあらかじめ考えておくことが大切です。

企業との相性や人柄

企業との相性や人柄も、面接でチェックされます。

企業にはそれぞれカラーがあり、就活生にも個性があります。

企業のカラーに合わない人を採用してしまうと、先輩や上司との考えのすり合わせがしにくくなったり、充分なパフォーマンスを発揮できなかったりしてお互いにメリットが薄くなります。

「この人はうちの会社でうまくやっていけそうか」という視点で面接官は就活生を見ています。

なぜその企業に入りたいのかが伝わるように、話したいことをまとめておくと良いでしょう。

また、企業について研究して、可能であればそこで働いている人の話を聞き、その企業ではどんな人が働いているのか、どんな人が活躍できるのかをイメージして面接に臨むと良いです。

身だしなみやマナー

身だしなみやマナーも、面接官は良く見ています。

身だしなみを整えられる、基本的なマナーを守って行動できる人は一緒に働きやすい人物であることが多いです。

身だしなみがだらしなく、マナーを守らない人は配慮に欠けているとみなされてしまいます。

入社してからも暗黙のルールが理解できず、すれ違いが多くなってしまうといった心配も出てきます。

身だしなみやマナーは、自分が信用に足る人間であると判断してもらえるポイントと言えます。

身だしなみやマナーを守れるようにしておきましょう。

上記で説明した面接官の評価ポイント(入社の意思、質問への回答内容、企業との相性や人柄、身だしなみやマナー)について、1つでも面接官に疑問視される点があると面接の通過は厳しくなるでしょう。

いずれも採用における必須条件であるため、ここがきちんとクリアできるよう対策が必要です。

「面接 質問」についてもっと詳しい記事はこちら

面接での話し方のコツ

面接で限られた時間で面接官に自分をアピールするためには、どのように話すかが重要です。

面接での話し方のコツを以下に挙げます。

抑揚を付けながら話す

面接では、一本調子ではなく、抑揚を付けながら話しましょう。

抑揚を付けて話をすることで、「この会社に入りたい」という情熱が伝わりやすくなります。

また、重要な箇所で語気が強まることで面接官も話のポイントをつかみやすく、説得力が高まります。

台本を棒読みするように話していると、誰かに言わされているような印象を与えてしまい、話の背景にある気持ちも伝わりません。

抑揚を付けることで、積極的な印象も与えられます。

このように抑揚を付けて話すことには多くのメリットがあるため、一本調子で話してしまう人は、意識して抑揚を付けて話すようにしましょう。

結論から話す

面接での話し方は、結論から話すのが鉄則です。

面接官は多くの就活生の話を聞きます。

インパクトに残りやすい、頭に入ってきやすい、記憶に残りやすい話し方をすることが必要です。

まず結論を話してから、結論に至った経緯や理由について話すようにしましょう。

エピソードを述べて説得力を持たせる

面接では、エピソードを述べて説得力を持たせることが大切です。

例えば、「私は責任感のある人間です」と言っただけでは、その就活生に本当に責任感があるのか、何を根拠に責任感があると言っているのかが面接官には伝わりません。

このため、具体的なエピソードを述べることで、その就活生が責任感のある人だということが納得できるようにするべきなのです。

面接の回答では、必ず裏付けとなるエピソードを添えて説明をするようにしましょう。

将来のビジョンで入社意欲を伝える

面接では、将来のビジョンを交えて話をすると良いでしょう。

将来のビジョンを話すことで、入社への意欲がはっきり面接官に伝わるからです。

企業研究を綿密に行い、企業に関心を持っていれば、入社後にしたい仕事や希望のキャリアパスについて自然と考えが及ぶはずです。

この会社でどんなことがしたいのか、どのように貢献したいか、どのように働きたいのかを話しましょう。

面接での話し方のコツは、話を聞く面接官の立場で考えれば自ずと実践できることです。

もし自分が面接官であったら、今の自分の回答内容で納得できるか、採用したくなるかどうかという視点で話し方をチェックしてみましょう。

面接方法別の受かるコツ

面接には、さまざまな方法があります。

現在、面接採用で主に使われているグループディスカッション、プレゼンテーション、集団面接、個人面接の4種類の選考方式の受かるコツを紹介します。

グループディスカッション

グループディスカッションとは、複数の就活生が集まり、1つのテーマについて意見を出し合い、議論をする形式の選考です。

コミュニケーション能力を重視する流れもあり、近年増えている選考形式です。

グループディスカッションでは、他の就活生の意見をよく聞き、自身のアピールもしっかり行わなければいけません。

他者を尊重しながら自身の意見も話し、議論をまとめていくには、協調性とリーダーシップが必要です。

また、意見の内容に筋が通っているか、論理性についてもチェックされます。

プレゼンテーション

プレゼンテーション形式の選考では、あらかじめ企業が提示したテーマで、就活生が面接官の前でプレゼンテーションを行います。

プレゼンテーションの資料なども事前に準備をし、自身で発表内容の構成を考え、主体的に発表内容を作りこむ必要がある点で、集団面接や個人面接と異なります。

プレゼンテーション形式の選考では、きちんと時間をかけて丁寧に資料や発表内容を準備すること、資料のレイアウト、文字の大きさ、話す順番など聞く人が分かりやすいように配慮することを心がけましょう。

また、発表内容も重要ですが、発表するときの表情や話し方なども見られています。

集団面接

集団面接は、一般的な面接方法です。

面接の部屋に複数の就活生が同時に入室し、順番に面接官の質問に答えていきます。

集団面接では、他の就活生がいても落ち着いて自身をアピールできるように、準備をしておくことが大切です。

面接のマナーを学び、実際に本番のときのように動きを何度も練習して、自然に身体が動くようにしてしまいましょう。

また、よく聞かれる質問については、あらかじめ答えを考えておくようにしましょう。

個人面接

個人面接は、就活生が1人ずつ部屋に入室し、面接官の面接を受けます。

最終面接のときは個人面接の形式をとることが多いです。

集団面接のように他の就活生の雰囲気に呑まれることがない代わりに、入室してから退室するまで自身に注意が集中するプレッシャーがあります。

また、個人面接は就職活動において重要な局面において行われることが多いです。

企業に対してどのように考えているか、どんな仕事がしたいかといったビジョンを良く考えておきましょう。

個人面接では、就活生個人の受け答えを細かく吟味されることになるため、エントリーシートや履歴書に書いたアピールポイントの軸と、話す内容がぶれないように話を組み立てるようにしましょう。

グループディスカッション、プレゼンテーション、集団面接、個人面接のいずれも話の内容に筋が通っているか(論理性)、他者に伝わるように話ができるか、他者の発言によって臨機応変に対応できるかといったヒューマンスキルの両方がないと難しいでしょう。

一朝一夕には身に着けられない力もありますが、面接マナーを守ること、事前準備をしっかり行い当日心に余裕を持って臨むことは誰にでもできるはずです。

「就活 面接」についてもっと詳しい記事はこちら

面接で周りに差をつけるコツ

面接において主幹となる、話し方のコツについては先程説明した通りです。

基本的な面接対策をした上で、さらに周りに差をつけるコツを紹介します。

挨拶と明るい表情で第一印象を良くする

面接では、第一印象はとても大切です。

就活生は、話の内容によって合否が決まると考えることが多いですが、話の内容以外のことも重要です。

人が情報を得るときに、視覚情報が55%と半分以上を占め、聴覚情報が38%、言語情報は7%しかないことを示した「メラビアンの法則」というものがあります。

人間はコミュニケーションにおいて、非言語的なものから多くの情報を得ているのです。

覇気のある語調と、明るい表情で挨拶をすることで、面接官が就活生の話をよく聞きたくなるでしょう。

多くの就活生の中で面接官の注意を引き付けられるような、明るい表情で挨拶をしましょう。

聞く姿勢を意識する

話を聞いているときの態度も、面接官に見られています。

例えば、面接で良いことを言っていても、背もたれに寄りかかって話を聞いていると、人の話を真面目に聞かない人という印象を与えてしまいます。

相手の話を真摯に聞いていることが伝わるよう、面接官や他の就活生が話しているときも背筋を伸ばし、必要に応じて軽くうなずくなどのリアクションをするようにしましょう。

具体的な内容に触れながら話す

面接は、企業の志望動機や就活生個人の資質について話すため、特に新卒の場合は抽象的な話に終始してしまうことが多いです。

このため、結論に対しては必ず、具体的な話を入れるようにしましょう。

学生時代に打ち込んだことや成功体験などを説明するときも、自分の成し遂げたことだけではなく、成し遂げるまでに直面した困難や、どのようにその困難を脱したのかといったプロセスについても話すようにしましょう。

逆質問もアピールする

周りの就活生と差をつけるためには、逆質問でのアピールも有効です。

就活生から質問をすることで、就活生がその企業に興味を持っていることが分かります。

ただし、公式ホームページを調べれば分かるような質問をしてはいけません。

研究不足だと思われて逆効果になってしまいます。

企業研究をした上で、実際に自身がその企業の一員になったときのことをイメージして質問を考えましょう。

面接は、筆記試験のように一律の評価基準で合否が決まるわけではなく、悪い印象を一瞬でも与えてしまうと残念な結果となってしまうでしょう。

良い印象を持ってもらえるよう、面接の回答内容以外の部分にも気を配ることが重要です。

「就活 逆質問」についてもっと詳しい記事はこちら

面接のコツを抑えて内定を手に入れよう!

今回は、面接のコツについて説明してきました。

面接に通過するためには入社意欲、身だしなみやマナー、面接の回答内容、企業との相性や人柄の面をクリアする必要があります。

面接で伝えたい内容を考えたら、話し方のコツに留意しましょう。

抑揚をつけて話すこと、結論から話すこと、具体例を入れること、将来のビジョンを入れることでぐっと訴求力が高まります。

面接の形式は、大きくディスカッション形式、プレゼンテーション形式、集団面接、個人面接に分けられ、それぞれ対策が必要です。

面接官が何を基準に評価しているか、面接に受かるコツを知ってポイントを抑えた対策をしていきましょう。

この記事を読んでも、面接のコツが分からない、面接が不安という人はヒトテクノロジーに相談してみましょう。

面接に対してのコツや的確なアドバイスを受けることができます。

また、就活に関する悩みも相談することができます。

面接や就活に対して不安があればぜひ相談してみてください。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする