就活に英語は必要?アピール方法や就活に有利になる業界について紹介!

就職活動
2021.12.17
826

投稿したユーザー : agentgate

英語が就活で有利になるのかと考えたことがある就活生もいるのではないでしょうか。

英語が就活に有利になるのかは業界や職種によって異なります。

外資系の企業や海外で働くつもりがなければ、英語はそこまで必要ではないと思うかもしれません。

しかし、アピール方法によってさまざまな企業・業界・業種で自分をアピールするために活かすことができます。

英語力の効果的なアピール方法とアピールする際の注意点を知り、就活を有利に進めましょう。
就活 英語

英語力で就活が有利になる?

英語力が就活で有利になると言っても、具体的にどのような場面で有利になるのでしょうか。

就活の選択肢が広がる

外資系の企業やグローバルに事業を展開している大手企業などは英語力が必須の場合が多く、TOEIC〇〇点以上など一定レベルの英語力が応募条件として設けられていることがあります。

応募条件を満たしていればその企業への応募が可能になります。

英語力に関する条件が設けられていない企業でも、英語が全く必要ないとは言い切れません。

部署や職種によっては英語力が求められることがあります。

英語力があることで応募可能な企業・業界・業種・職種の選択肢を広げることができます。

アピールポイントになる

英語力が求められる企業への就活なら、英語の資格を持っているとアピールポイントとなり、書類選考で有利になります。

企業によっては、〇年以内に取得したTOEICスコアであることなどの条件があります。

必要なスコアを超えていても、指定年数以前だとアピールになりません。

この他にも、英検だと履歴書に書けるのは二級以上とされています。

英語の資格全てがアピールになるわけではないため、注意が必要です。

努力が評価されやすい

英語力は外資系の企業やグローバルに事業を展開している企業への就職にだけ有利になるとは限りません。

英語力を身に付けるには長期間の学習が必要です。

長期間一つのことに集中し、それが身に付いているということは継続して地道な努力ができることを示しています。

しかし、英語力がある人は一定数います。

他の就活生と差別化するためにも、習得するまでの過程でどんな創意工夫をしたのかなど地道な努力ができることと発想力も持っていることをアピールしましょう。

差を付けられる

筆記試験では英語の問題も出題されるため英語力があれば、そこで苦戦することなく他の就活生に差を付けることができます。

試験後のステップで英語面接を行う企業もあり、そこでも英語力を活かすことができます。

もちろん英語力だけで就活が有利になるわけではありません。

試験は英語以外にもあり、面接も内容が重要です。

英語力で絶対有利と考えず、一歩リードできる程度に考えて事前対策を入念に行いましょう。

英語力があると絶対に就職できると考えていたら失敗に終わるでしょう。

「就活 自己PR」についてもっと詳しい記事はこちら

英語力が活かせる企業・業界・職種は?

実際に英語力が活かせる企業や業界・職種はどのようなものがあるでしょうか。

グローバルな大手企業や外資系の企業

一言で大手企業と言っても業界や事業内容はさまざまですが、グローバルに事業を展開していることが多い大手企業や商社でも英語力を活かすことができます。

取引企業が非英語圏の企業であっても交渉を英語で行うことは珍しくないため、ビジネスで通用する英語力が必要です。

また、生産拠点や支社を海外に有していることも多いため海外出張や海外拠点への異動といった可能性もあるでしょう。

英語力は大手企業などへの就活で有利になるだけではなく、入社後のキャリアにも影響を与える可能性があります。

英語力がキャリアアップに役立つことはあっても、足を引っ張ることはないでしょう。

また、英語力が重要な企業として思い浮かぶのは外資系の企業ではないでしょうか。

外資系の企業では上司や同僚が外国人であることもあれば、社内公用語が英語という企業もあります。

高いレベルの英語力を有しているのであれば、外資系企業への就活にも活かすことができます。

英語力が活かせる業界・職種

英語力が活かせる業界・職種はさまざまですが、ここでは4つの業界・職種を紹介します。

金融業

金融業も英語力が活かせる業界の1つです。

金融業では英語の理解不足による小さなミスが会社に重大な損失を与えかねないため、英語力が活かせると言うよりも英語力が欠かせない業界です。

接客業

ホテルスタッフや旅行会社などの接客業でも英語が活かせます。

近年、海外からの旅行者が増えていることから世界共通語と言える英語で意思疎通ができれば仕事の幅を広げることができます。

海運・航空業界

海運・航空業界はどちらもさまざまな国の人とのコミュニケーションが必要です。

英語以外の資格や知識も重要ですが、コミュニケーションツールになる英語力が必要不可欠な業界です。

システムエンジニア

プログラミングに関する教本は英語で書かれていることが多く、英語を理解できれば最新の情報が学びやすくなります。

システムの設計書作成においても英語が理解できていればスムーズに作業を進められるため、英語が重要となります。

自分が志望している企業では、英語力は必要ないと決めつけていると危険です。

英語は必要ないと考え英語の勉強をしないでいると後悔することになり、自分で就職の幅を狭めることになります。

英語力をアピールする注意点は?

英語力を効果的にアピールする方法について紹介していきます。

英語はツールと考える

英語力が必須の企業では、英語が話せることを前提としているため英語力をアピールしても意味がありません。

英語が話せることをアピールするのではなく、英語を使って何ができたかをアピールすることが重要です。

例えば、英語を学ぶ過程で他にどんな学びがあったか、習得した英語をどんな場面で活かせたのかなどを具体的に伝え、これらの学びや経験がその企業で仕事をするのにどう活かせるのかを明確に伝えましょう。

英語はツールの1つと考えて、そのツールを使って何ができるのかをアピールすることが大切です。

求められるレベルに達しているか確認する

英語での日常会話に問題がなくても、ビジネスの場で通用するとは限りません。

応募条件に「TOEIC〇〇点以上」「ビジネスレベルで通用する英語力」のような条件が設けられていることがあります。

ビジネスレベルで通用する英語力とはTOEICで700点以上、英検では準一級以上が目安とされ、この他に専門用語やビジネスマナーに関する知識も求められます。

このようにビジネスレベルの英語力とは、専門用語やビジネスマナーに関する知識も含めるという意味もあります。

点数や等級だけで判断してアピールすると正しい意味を理解できていないと逆効果になってしまいます。

企業が求める人物像を理解する

英語力が優れていても、企業の社風や求める人物像と全く合わなければ採用される可能性は低いでしょう。

企業が求める人物像とマッチし社風にも合い、さらに英語力という特技があれば就活を有利に進められる可能性があります。

しかし、企業が求める人物像などを無視して英語力だけをアピールしても英語力が求められる企業なら必要条件のためアピールにはなりません。

英語力は資格や特技の1つにとどめ、企業が求める人物像や社風を理解して自分がそれに合う人物であることをアピールしましょう。

英語力を必須としている企業に自分の英語力をアピールしても意味がありません。

また、英語力がそれほど求められない企業では英語が話せれば採用されると勘違いしている人で終わってしまいます。

「履歴書 アピールポイント」についてもっと詳しい記事はこちら

英語力を身に付けるには?

英語力を身に付けるために効果的な方法は何があるのでしょうか。

基礎を徹底的に学ぶ

英語は日本語と文法が異なるため、英語の基礎を徹底的に学ぶことが重要です。

教科書で学ぶことも大切ですが、読み書きだけでなく話すことと聞くことも大切です。

英会話教室などで読む・書く・話す・聞くなどバランスよく習得するのも良いでしょう。

英語力を身に付けるにはTOEICで〇〇点以上取る・英検で〇級を目指すなど目標を立てることも大切です。

目標がないまま勉強すると「ここまででいいか」「忙しいから」と、中途半端に終わらせてしまうことがあるため目標を作り英語習得を目指して継続して努力を続けましょう。

英語に触れる

教科書や英会話教室以外に映画や本などで英語に触れてみるのも大切です。

映画や本なら、移動時間やちょっとした空き時間でも勉強することができます。

映画では英語字幕、もしくは言語は英語で字幕を日本語にして観ることで文法や発音などを確認することもできます。

また、英語で書かれた本を読むのも良いでしょう。

勉強と意識せず英語に触れることも習得方法の1つです。

英語を勉強したとしても目標がなければ意味がなく、英語を習得することはできないでしょう。

まとめ

英語力が活かせる業界や職種は数多くありますが、英語力だけに頼って就活しても他の就活生と差を付けるのは難しいでしょう。

英語が身に付いたことで他にどんな学びがあって、何を経験できたのか、それらを仕事でどう活かすことができるのかを具体的にアピールすることが重要です。

効果的なアピールができるか不安なら、ぜひヒトテクノロジーに相談してみましょう。

ヒトテクノロジーは英語力を含め、就活生の魅力を引き出せるアピール方法について的確なアドバイスをします。

英語のこと以外でも就活に不安がある場合もヒトテクノロジーが相談にのります。

就活で良い結果を得たいと考えているならば、ぜひ相談してみましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする