企業が惹かれる!就活生向け自己PRの書き方・回答の仕方【例文付き】

就活準備, エントリーシート, 企業研究
2021.11.12
1262

投稿したユーザー : agentgate

エントリーシート(ES)や、面接で必ず聞かれる自己PR。

この自己PRは、採用過程で非常に重要視されるポイントです。

そうは言っても、慣れていなければ
「どうやって自己PRしたら良いか分からない」
「自己PRできるものがない・・・」
と、効果的な自己PRができないのも無理はありません。

今回は、企業が惹かれる自己PRの書き方・答え方を詳しく解説していきます。

自己PRの例文も載せているので、企業を惹きこむ自己PRを作成したい人は、ぜひ最後まで読み進めてください。

就活 自己PR

自己PRを聞かれる理由

なぜ企業は自己PRを求めるのでしょうか。

それは、あなたが「どんな人」なのか知りたいからです。

企業が「どんな人」なのか着目する点は、大きく分けると、

  • 何ができるか(能力・性格)
  • 何をやりたいのか(志向)
  • の2種類があります。

    自己PRは、あなたの「何ができるか」を知るための質問です。

    あなたがどんな人か知りたい

    採用担当者は、あなたがどんなことに取り組んできて、何ができるのか、自社で活躍できる人材かどうかを、自己PRを通して見極めようとしています。

    あなたの能力や性格が社風とマッチしているか見極めたい

    入社後「自分と会社が合わなかった」といったことがないように、採用担当者は、あなたの自己PRを通して、企業の社風や理念と合っているか見極めようとしています。

    受かる自己PRの見つけ方・作り方

    自己PRを作る上で大切なのは、「企業が求める能力・性格について、自分がどの程度なのか」という視点を持つことです。

    闇雲に自分の長所を並べ立てても、それが企業の求めるものに合っていなければ全く意味がありません。

    それどころか採用担当者に「この人はうちのことを全く調べていないな」と思われてしまう可能性が高いです。

    ここからは具体的な自己PRの見つけ方・作り方を紹介します。

    1.自己分析・他己分析を行う!

    自己分析

    過去に自分がどんなことに挑戦したか、どんな失敗を経験してそこから何を学んで解決したのか、といったことを振り返って書き出します。

    あなたの長所や短所を思いつく限り書き出しましょう。

    他己分析

    自分がどんな人間なのか、自分で思っている自分と、周りからどう見られているかは別物です。

    自分の強みは本当にこれで合っているのだろうか
    他人の客観的な視点で自分を知ることができる「他己分析」も必要な作業です。

    相手に「自分はどんな子だったのか」「相手の印象に残ってる自分」などを尋ねると、相手も答えやすいでしょう。

    自分のことを話して、相手が気になった点を指摘してもらうのも効果的です。

    「就活 自己 分析」についてもっと詳しい記事はこちら

    2.自己PRを作ろう

    自己分析、他己分析で自分のことを客観的に把握できたら、自己PRを作っていきましょう。

    自己PRには、構成があります

    自然な流れで採用者の印象に残り、説得力を与えるよう、フレームワークに当てはめて作成しましょう。

    基本的なフレームワークはこちら。

    「結論」

    「私の強みは~~です」

    最初に自分の長所や強みを述べます。

    相手にバシッと自分のPRポイントを伝えましょう。

    「概要」

    「その強みを最も発揮したのは~という経験です」

    長所を裏付ける体験や出来事を伝えます。

    「課題」

    「そこでは、~という課題がありました」

    あなたが直面した課題のエピソードを例に挙げます。

    「行動」

    課題を解決するために~という行動を取りました。

    課題を解決(克服)するために、どんな行動を取ったのか説明しましょう。

    「結果」

    行動した結果、~という成果(結果)をあげることができました。

    行動の結果、得られたことを説明しましょう。

    「貢献」

    この強みを生かして御社で活躍していきたいです。

    この強みを生かして企業に貢献できるというアピールをしましょう。

    「自己PR 書き出し」についてもっと詳しい記事はこちら

    自己PRのアピール別!回答例・例文

    自己PRでは、始めに自分の特徴をズバッと伝えます。

    その後、自分の特徴を裏付ける具体的なエピソードを続けます。

    自己PRでは、抽象的な話題は避け、できるだけ具体的に伝えるように心がけてみてください。

    【長所をアピールする場合】

    私の強みはどんなときも諦めない忍耐力です。

    高校から始めたバスケ部では、最初はボール拾いばかりで、練習試合にも出れませんでした。

    それでも、毎朝と放課後、休みの日もシュートやドリブルの練習を続けて、高校3年生の春の試合にレギュラーメンバーとして抜擢されました。

    顧問からも、毎日練習している姿が、部にも良い影響を与えているとお褒めの言葉をいただきました。

    どんな困難があっても粘り強く努力できる強みを生かして、御社に貢献したいと考えています。

    このように強みをもとに自己PRすることで、自己分析をしている旨をアピールできたり、志望先の企業とのマッチング具合をアピールできます。

    【留学経験をアピールする場合】

    私は「英語力とコミュニケーション力」に自信があります。

    高校生のときのカナダへのホームステイで、外国文化に触れる楽しさに気づきました。

    大学時代は、アメリカに留学し、現地で学生やほかの留学生と一緒に生活を送りました。

    現地では、グループごとに課題に取り組み、英語でのコミュニケーションやプレゼンテーションを通して解決に取り組みました。

    最終選考で優秀賞を取ることができました。

    留学で身に着けた英語力とコミュニケーション力を、御社のグローバル分野で活かしていきたいと考えています。

    留学経験は、海外経験があるという意味で評価がされやすい傾向にあります。

    特に、コミュニケーション能力をアピールしやすいです。

    【アルバイトの経験をアピールする場合】

    私が大切にしてることはチームワークとコミュニケーションです。

    私は学生時代、飲食店でアルバイトをしていました。

    そこで、アルバイトリーダーを任されるようになりました。

    大学生ながら一緒に働く10人以上のスタッフの育成、現場の統括、お客様対応など、普段ではできないような経験をしてきました。

    「周りの期待に応えたい」という一心で、なんでも完璧にこなさなければと躍起になっていて心に余裕がなくなっていました。

    そのときに先輩スタッフから「全部ひとりで背負う必要はない。

    スタッフの良いところや得意なところを見つけて、信頼して任せるのもリーダーの仕事だ」と言われ、初めて一人で何かを成し遂げるには限界があり、チームのみんなを信じて力を合わせることが大切なのだと気づきました。

    それからは、チームで業務をこなすためにどうしたら良いかを常に考えるようになり、みんなが最大限の力を出せるよう、コミュニケーションを図りました。

    その結果、私の働く時間帯で最高売り上げを出すことができました。

    御社では、チームワークとコミュニケーションを大切に、共に働くメンバーが最大の力を発揮できるよう貢献したいです。

    アルバイトは、社会経験になります

    アルバイトの経験は、社会人としての能力を見る事もできるため、企業側も注視するようになっています。

    「面接 自己PR」についてもっと詳しい記事はこちら

    自己PRのまとめ方

    就職活動での自己PRは、企業に自分を売り込むための大切な要素です。

    就活の自己PRでは、自分の「経験」「実績」「能力」「スキル」などが、企業の求めるものに合っているか、入社後に生かすことができるか、を採用担当者が具体的にイメージできるようにまとめるのがポイントです。

    採用担当者に、「この人を採用するべきだ」「この人はうちでこんなことに貢献してくれるだろう」と思わせられるよう、後押しできる自己PRを作りましょう。

    当社では、学生の皆様に今まで出会えなかった会社をご提供する機会づくりをしています。

    就活をする多くの方は、自己PRや自己分析に時間を割くことが大切です。

    企業を選定する、企業に出会うきっかけをつくる、そこまでは時間が足りない…という人も多いでしょう。

    そんな方々のために当社が企業探しをお手伝いしますので、ぜひお気軽にご相談ください

    この記事を友達におしえる!

    タイトルとURLをコピーする