食品業界のインターンシップ内容を解説!倍率が高い企業の選考を突破する方法は?

就職活動, インターンシップ
2023.01.26
7

投稿したユーザー : masumin01

食品業界は自分たちの暮らしを支える大切な企業です。

毎日の生活に関わるものなので、身近なものとして興味を持つ人も多く、就活生の中でも人気が高い職業です。

就職の倍率も高いのですが、インターンシップの倍率も高く選考を突破するための対策が必要になります。

こちらでは、食品業界のインターンシップ内容や選考対策について解説します。

これから食品業界のインターン参加を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

食品 インターン内容

食品業界のインターンシップ内容【職種別】

まずは、食品業界のインターンシップ内容についてご紹介します。

食品業界といっても、「研究・開発、営業、生産・技術、マーケティング」の職種に分かれており、どの分野もとても重要な職種です。

研究・開発職

研究・開発職の基礎研究では原材料の選定・成分分析が行われ、分析結果から得られたものを実用化するための応用研究が進められています。

食品業界の研究・開発職のインターンでは、新商品についての開発に携わることができます。

また、既存商品についての改良や課題を解決するためのグループワークを行い、これからの食品開発に向けての研究を体験できる企業もあります。

インターンシップで実際の業務を見学し体験することで、就活の際にアピールすることができるでしょう。

営業職

食品業界の営業職に関しては、スーパーやコンビニなどの身近な企業でのインターンシップがほとんどです。

主に、店舗内で自社商品や扱っている商品をお客様へアピール・提案を行います。

期間限定のイベントやキャンペーンなどを行っている場合は、その提案について発言できることもあるでしょう。

企業によっては、商談に同行させてもらえることもあるため、とても貴重な体験ができるでしょう。

食品業界の営業のインターンは短期が多いのですが、中小企業などでは長期インターンを行っている企業もあるため、接客業や商談など、実際の現場を経験できる場合もあります。

生産・技術職

生産・技術職では、商品を生産する上での効率化を図る職種です。

新商品を生み出すためのコストを工夫したり、衛生管理や各種検査などで安全性を高める業務を行います。

生産・技術のインターンでは、それぞれのテーマに合わせてグループワークが行われます。

マーケティング職

食品業界のマーケティング部門においては、新商品やアピールしたい製品をお客様へ魅力的に提案する方法について考えます。

インターンでは主に、「自社商品を魅力的に売り出す方法・売れる商品とは何か」などについてのグループワークが行われます。

マーケティングでは実際の業務に携わることもあるため、就活においても役立つ内容を設けている会社が多いです。

食品 選考突破

人気の食品業界のインターンシップ選考を突破するには

食品業界は常に人気が高く、インターンに参加する際には厳しい選考を突破しなければいけません。

こちらでは、選考内容や突破するポイントについてご紹介します。

志望動機を明確にすること

食品業界のインターンに応募する際は、ES(エントリーシート)を提出するケースがほとんどです。

ESで最も注目される項目が「志望動機」です。

なぜこの業界に興味を持ったのか、食品業界に入ってどんなことをしたいのか、なぜこの企業を選んだのかなど、明確に記載する必要があります。

人気が業界なので書類選考で落とされてしまうこともあるため、他の応募者との差別化を図るために自分の言葉でしっかりと記載することが重要です。

「食品業界に興味を持ったから」など曖昧な動機ではなく、自分なりのエピソードがあるならわかりやすく記載しましょう。

面接でのポイント

ESで書類選考を通過すると面接を行う場合もあります。

面接では書類選考時では分からなかった本人の見た目や言葉遣い・仕草などについても見られます。

これから社会人として相応しい服装・髪型・言葉遣いなどに注意し、基本的なビジネスマナーについては事前に学んでおきましょう。

インターン時期には本格的な就活のレッスンなどをしていない場合が多いので、面接で緊張しないように事前に面接の練習などをしておくこともおすすめです。

webテスト対策

特に人気の高い企業では、ES・面接の他にwebテストを行う場合もあります。

webテストはESと面接の間に行われることが多く、難易度はそれほど高くないので過去の問題などを調べておくといいでしょう。

出題形式や制限時間などについても詳しく調べておくことで、本番でも落ち着いてテストを受けることができます。

食品 インターン体験

食品業界のインターンシップについて

食品業界のインターンの倍率や期間についてご紹介します。

人気があり倍率が高い

食品業界は、常に人気が高くインターンの倍率が高いことも特徴です。

特に人気の大手企業は、

  • サントリーグループ
  • 味の素
  • 明治グループ
  • キリン
  • ロッテ
  • 日清食品
  • などが挙げられます。

    まだまだたくさんの人気企業がありますが、特に人気が高い企業のインターンに応募する場合は事前に対策をする必要があります。

    インターン先を選んだ志望動機については、しっかりと明確にすること・一般的な志望動機ではなく自分なりの言葉で明記することが大切です。

    また、インターン選考が通った場合、積極的に参加する姿勢を見せること、質疑応答などがある場合は就活の際に有利な情報をしっかりと聞くことが重要です。

    インターン期間は短期が多い

    食品業界のインターンは、短期の場合がほとんどです。

    短期のインターンで行われることは、

  • 会社説明会・業界についての説明
  • グループワーク
  • 各グループの発表
  • フィードバック
  • 若手社員との座談会
  • 社員との交流会
  • などが行われます。

    上記でもお伝えしたように長期インターンを行っている企業もあり、実際に業務に携わることができる場合もあります。

    人気の業界であるためインターンに参加する人数も多く、就活にそのまま結びつけることは難しいかもしれません。

    しかし、インターンでの経験は就活に際にアピールできるポイントになるため、決して無駄なことではありません。

    食品業界のインターンシップに参加してみよう!

    食品業界のインターンシップについてご紹介しました。

    食品業界は生活にそのまま直結する業界であり、常に人気の職業です。

    そのためインターンの倍率も高く、まずはインターン選考を突破しなければいけません。

    選考突破のためのES・面接・webテストの対策を事前に行い、志望動機に関しては特にしっかりと明記することが重要です。

    インターンシップは就活の際にアピールできるポイントであるため、参加することに意味があります。

    実際の業務に携わることができるので、想像と現実のズレを解消し自分が働く姿を想像しながら積極的に参加しましょう。

    この記事を友達におしえる!

    タイトルとURLをコピーする