最近読んだ本の面接での答え方は?小説やミステリーでもいい?

就職活動, 面接対策
2022.02.15
842

投稿したユーザー : agentgate

面接で最近読んだ本について質問されたらうまく答えられなかったという人は多いかもしれません。

面接官が最近読んだ本を面接で質問する意図はどこにあるのでしょうか

今回は、面接で最近読んだ本を答えるときのポイントやどのような種類の本で回答したら良いのかを紹介します。

最近読んだ本の答え方が分からないでいると後悔することになるため、しっかり確認しましょう。

面接 最近読んだ本

面接で最近読んだ本を聞くのはなぜか

面接官が面接で就活生に最近読んだ本を聞くのはなぜでしょうか。

知識を得ているか知るため

1つ目は就活生が読書をする習慣があるのかチェックし、常に学びの姿勢があるのかを判断します。

その他にも、学んだ知識を活用する習慣が付いているかもチェックされるでしょう。

面接官は学習意欲があり知識を習得して磨きをかけているか確認するために質問しています。

人間性を知るため

面接官は最近読んだ本を知ることで、関心がある分野をチェックし、人間性を知るために質問します。

回答された本のジャンルから、普段どのようなことに興味・関心があるのか、趣味を持っているのか推測することも可能です。

学びの姿勢があるのか確認するため

最近読んだ本を質問することで、そもそも読書する習慣があるのかを判断しています。

面接官は学びの姿勢がある人材を採用したいと考えているため、常に自ら知識を得て仕事に活かす姿勢があるのかをチェックしています。

説明力があるのか知るため

最近読んだ本を説明する際には1冊の本を要約して相手が興味を惹くようにポイントを踏まえて論理的にすることが重要です。

それができるかどうかを面接官は判断しているのです。

本を読み込んで面接官に見解を示すレベルだと、そのままプレゼンテーションスキルがあると判断され良い印象を与えられます。

常に本を読んでいないと、最近読んだ本についてしっかりと答えることができず後悔することになるでしょう。

「面接 対策」についてもっと詳しい記事はこちら

面接で最近読んだ本を答えるときのポイント

最近読んだ本をかれたら、どのように答えるのが良いのでしょうか。

質問に答えるときのポイントを紹介します。

企業に合った本について伝える

まずは面接を受ける企業と同じ分野の本について伝えましょう。

例えばマーケティング関連の会社の面接を受けているのであれば、読書している本はマーケティングに関するものにまとめると志望している度合いが高いと判断されます。

同じ分野の本を読み解き勉強することで、強く志望している姿勢を見せるのは大切です。

自分が感じた事や意見を交えて伝える

最近読んだ本を紹介するとき、自分が感じたことや意見を交えて伝えると高評価を得られるでしょう。

本を読んでいるだけでなく、本から得られた知識に対して、自分の意見を伝えることで、学ぶ意欲が高いことを伝えられます。

構成に沿って答える

最近読んだ本を紹介するときは、構成に沿って紹介しましょう。

タイトル

はじめにタイトルを紹介します。

タイトルを言わずに内容から話しはじめてしまうと、どの分野の本なのかが伝わりません。

内容

続いて、本の内容を要約して簡潔に伝えます

本の内容を簡潔に伝えて面接官が解釈できるかどうかで、能力を判断する基準となります。

感想

本を読んで感じた感想を伝えます。

本を読んでしっかり理解しているか、理解度をチェックする基準となります。

学びをどう活かすか

本を読んで感じたことから、何を学んだのかを伝えます。

学んだことや得られた知識を、仕事にどのように活用するのかにも触れましょう。

本を読んで学んだことをどのように活かすかは重要なポイントです。

仕事に置き換えると学んだことを仕事にどう活かせるのか、成長できる人材なのかを判断されます。

面接官は本の感想を求めているのではありません

どんな本なのかを説明するだけでは足りません。

これから読む本を選ぶときのおすすめカテゴリ

ここからは面接で質問されたときに答えられる本を選ぶときのオススメを紹介します。

話題の本

最新の情報をチェックする必要のあるエンタメ業界やIT業界などでは、話題の本を紹介すると、情報感度が高いことをアピールできます。

ビジネス書

ビジネス書は、面接で回答するのに一番メジャーな分野と言えるでしょう。

なるべく自分が興味のある分野か、面接を受ける企業が関連する分野の本を読むと良いでしょう。

自己啓発書

自己啓発書はビジネス書と合わせて、面接用に読書する本として適しています。

自己啓発書を読むことで、常に新しい知識を吸収して成長する意欲があることをアピールできます。

本を選ぶときは、どんなジャンルでも良い訳ではありません。

例えば、自分の志望する企業がIT系なのに最近読んだ本は建設系の本であると一貫性のない面接となるでしょう。

最近読んだ本を答えた後に質問される内容とは

最近読んだ本について質問されて回答した後に、その質問を深掘りされることがあります。

予測できる質問内容を3つほどピックアップして解説していくため、ぜひ参考にしてみましょう。

印象に残っている箇所

最近読んだ本について回答した後に深掘りされる可能性の高い質問は、印象に残っている箇所です。

印象に残っている箇所を聞くことで心を揺さぶられるのはどのようなシーンなのかを知り、人柄や感性をチェックします。

最近読んだ本を読むきっかけ

なぜその本を読むことにしたのか、読書にいたるきっかけを質問されることもあります。

本を購入して読むまでに至るモチベーションを伝えると良い印象を与えられるでしょう。

さらに面接を受ける会社の業界に関連する本だとより良い印象を与えられます。

本を読むきっかけは具体的なエピソードがあると話が広がるのでおすすめです。

他に読んだ本があるのか

他に読書した本を質問されることもあります。

最初に説明した本が面接官の知らない本だったり、説明が不明瞭だったりした場合、追加で質問されます。

面接官が知っているような本に答えるのがおすすめです。

逆のパターンで最初に読んだ本の説明が面白くて面接官が興味を持った場合、他の本も知りたくて追加質問されるケースもあります。

最近読んだ本について答えた後に、追加で質問された内容に答えられないと、面接のためだけに読んだと思われるでしょう。

「面接 質問」についてもっと詳しい記事はこちら

最近読んだ本は何冊か準備して面接を成功させよう

ここまで面接官が最近読んだ本について質問する理由や、本の選び方、答え方を解説してきました。

面接官は就活生が読書している本を知ることで、学ぶ姿勢や説明する力があるかを判断できます。

ただ大手企業の経営者が書いた本を挙げるときは、面接官が誰なのかによっては注意しなくてはなりません。

経営者自らが面接を担当しているときに経営者の書いた本を紹介すると、細かい内容を質問されることもあります。

1冊だけではなく、追加で質問されることも想定して、何冊か答えられるように準備して面接に臨みましょう。

最近読んだ本について回答に自信が持てないという人は、ヒトテクノロジーにぜひご相談ください。

回答の方法やどのような本を選べば良いかなどのアドバイスも可能です。

また、面接のコツなども教えることが可能なため、就活を成功させたいならば、ぜひ相談してみましょう。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする