面接官のその言動は面接に落とされるサインかも?回避する方法を説明!

就職活動, 面接対策
2022.03.11
1625

投稿したユーザー : agentgate

面接では、面接官が落とそうとしていることが分かるサインがいくつかあると言われています。

面接で落とされるサインがあると聞くと、面接中に不採用のサインが出ているのではないかと気が気ではなくなってしまうかもしれません。

面接で落とされるサインは、ある程度傾向としてあるのは事実です。

しかし、落とされるサインが出ているようでも必ずしも落とされるとは限りません。

面接で落とされるサインに振り回されないためには、きちんと対策をして面接で悪印象になる要素を潰し、自信を持って面接に臨むことが重要です。

今回は、面接に落とされるときに面接官が出すサイン、面接に落とされやすい人の特徴について説明します。

面接で落とされるサインがどんなものなのか気になる人は、ぜひ参考にしてみましょう。

面接官のその言動は面接に落とされる

面接で落とされるサインがある?

面接で落とされるサインは、実際にあるのでしょうか。

面接で落とされるサインがどんな形で出るのか、面接に落とされるサインが出ると実際不採用になってしまうのかなど説明します。

合否のサインが態度に表れることがある

面接官が、採用に前向きかどうかが態度で分かってしまうことがあるようです。

合格のサインとしては、就活生に興味がある態度や、次の選考や面接の先のことを考えていることが伺える行動があります。

残念ながら面接で落とされてしまうときのサインはその逆で、就活生を評価しておらず、興味を持っていない態度や、採用を視野に入れていないと思わせる挙動が見られることがあります。

何次面接かでサインが変わる可能性がある

合否のサインは、面接がどれだけ進んでいるか、何次面接であるかによって変わってくる可能性があります。

例えば、一次面接の時点で、よくある質問しかされず、まったく深堀りされなかった場合は、次の選考に残る望みが薄いかもしれません。

一方で、最終面接でシンプルな質問だけされた場合は、企業側は採用の意思がほぼ固まっており、入社の意思を確認するだけでもう他に聞きたいことがないという可能性があります。

面接の進み具合や状況により、合否のサインは変わるため、その時の状況に照らし合わせて面接官の意図を想像すると良いでしょう。

必ず落とされるわけではない

面接で落とされるサインがあったとしても、必ず落とされるわけではありません。

面接は、他の就活生と比較して総合的な判断で合否が決まります。

自分では面接に失敗したと思っていても、他にもっと良い就活生がいなければ、採用されることもあります。

面接官の性格によって、面接の反応は違ってきます。

中には素っ気ない物腰の面接官もいて、面接官は内心採用したいと思って話を聞いているのに、リアクションが薄いように就活生の目に映ることもあります。

面接官の態度で落ちると判断せず、なるべくフラットな気持ちで結果を待ちましょう。

面接で落とされるサインは実際にあり、必ず落とされるわけではないものの一定の信憑性はあると言えます。

特に一次面接など採用過程の初期の段階の面接で落とされるサインが出た場合は、残念ながら落とされてしまう可能性は高いと言えます。

面接に落とされるサイン

面接に落とされるサインには、どんなものがあるのでしょうか。

よくある4つのサインについて説明します

面接官の反応が薄い面接官の反応が薄い

面接官の反応が薄いときは、面接に落とされるサインかもしれません。

面接官も人間であるため、興味のある就活生の話には自然とリアクションが大きくなることもあります。

逆に、あまり興味のない就活生には、流れ作業のような対応をしたり、縁がないことをほのめかすような態度になったりすることもあるかもしれません。

しかし、面接官の性格などによって反応の仕方は違うため、反応が薄いからといって諦めることはありません。

アイコンタクトやメモをしない

面接官がアイコンタクトやメモをしないときも、就活生に興味がなく、面接で落とされてしまう可能性があります。

メモをしているときは、次の選考担当者への申し送りのために情報を残していることがあります。

アイコンタクトは、就活生に興味があると自ずと増える傾向にあります。

アイコンタクトやメモをしないときは、あまり良い印象を持たれていない、興味を持ってもらえていない可能性があります。

良くある質問だけで面接が終了する

志望動機や、自己PR、学生時代に力を入れたことなど、あまり話が広がることなく面接が終わってしまった場合も、面接で落とされるサインである可能性があります。

面接官は、就活生の話を聞いて深堀をして聞いてみたいことがなかったなどが考えられます。

せっかくの面接という対話の場なのに、用意した答えを語る一方通行なやり取りになってしまったようで、物足りなく感じ残念な結果を予測する人もいるかもしれません。

ただし、 面接が進んだ段階でよくある質問だけで面接が終了するのは、最終的な入社意思の確認であり落とされるサインではないこともあります。

面接より先の話がない

面接より先の話がない場合も、採用の意思がなく面接で落とされてしまう可能性があります。

採用したい就活生の場合は、将来したい仕事について詳しく質問したり、入社を想定した話が出たりすることがあります。

ただし、中には入社後の業務については別途説明会をもうける企業もあるため、必ずしも落とされるとは言えません。

面接のサインが出たからといって必ず不採用になるわけではありません。

しかし、興味のある就活生に対しては面接官も自然に良い反応になるもので、面接官が自分に関心を持っていないように感じる場合は、予想通り不採用という結果に終わってしまうことも多いのも事実です。

「面接 流れ」についてもっと詳しい記事はこちら

面接に落とされる学生の共通点

面接に落とされる就活生には、以下のような特徴があります。

面接に落とされるサインが出ないか不安を持ちながら面接を受けなくて済むよう、不採用になる要素はなくしておきましょう。

身だしなみやマナーが不十分

身だしなみやマナーに問題のある就活生は、面接で不合格になりやすいです。

面接官は、身だしなみやマナーが不十分だと、他者への気遣いが欠け、ルールを守って仕事を進めなければいけない場面でトラブルを生む確率が高いと考えます。

常識の部分にズレがあると、仕事でも指示やルールに独自の解釈をしてしまい、スムーズに仕事を進められないと思われてしまいます。

このため、身だしなみやマナーが不十分な就活生は不合格になりやすいでしょう。

話し方や態度が悪い

話し方や態度が悪い人も、面接で落とされてしまいます。

悪印象を与えてしまう例としては、暗く覇気がない、やる気がなく見える、自信過剰で上から目線に見える場合が挙げられます。

内心あまりその会社に入りたくない時や、会社のことをリスペクトしていない場合など、態度に現れてしまうことがあります。

疲れていたり、嫌なことがあって気持ちが暗くなったりすることは誰にでもあります。

しかし、仕事の場では、極力表に出さず振る舞うのがマナーです。

ネガティブな気分は表に出さないことを習慣付けましょう。

企業とマッチしていない

企業とマッチしていないことも、面接で落とされる理由です。

企業にはそれぞれカラーがあります。

企業のカラーや仕事内容によって、必要な資質や向いている性格の傾向があるものです。

「この人はうちの会社でうまくやっていけなさそうだ」「この人はなんでうちの会社を受けたのだろうか?」と面接官に思われてしまうと、面接通過は難しいでしょう。

企業研究を行い、自分の志向や個性が企業の特徴とマッチしていて、自分がその企業で活躍できる人材であることをきちんと説明できるようにしておきましょう。

質問への回答がずれている

質問への回答がずれている場合も、面接での評価は低くなるでしょう。

相手の意図を汲み取る能力が低いと、チームで仕事や、クライアントワークをするときに困難がつきまとうため、業種を問わず敬遠されてしまいます。

面接の受け答えを丸暗記して、暗記した内容をそのまま言おうとすると、質問とずれた回答になってしまう可能性があります。

面接官の話をよく聞いて、都度考えて答えるようにしましょう。

挨拶や受け答えに元気がない

挨拶や受け答えに元気がない人も、面接では悪印象になります。

面接の場では、いつもより意識して表情豊かに、はっきりと話すようにしましょう。

また、自信がない場合にも元気のない態度になってしまうことがあるため、何度も面接練習をして自信を持って受け答えできるようにしておくことをおすすめします。

ここで挙げた面接で落とされる特徴に当てはまっていると、採用される可能性は非常に低くなります。

面接に落とされるサインを気にする以前に、上記のポイントは全てクリアしておきましょう。

「面接 質問」についてもっと詳しい記事はこちら

面接で落とされないためには?

面接で落とされないためには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

面接で落とされないためのポイントを以下に紹介します。

面接中のサインに反応しない

面接中に、面接官が落とすときのサインを発しているように感じても反応しないようにしましょう。

すでに述べた通り、面接官が落とすサインを出しているように見えても、実際には落とされないこともあります。

面接中にサインを気にしてペースを乱したり、途中で諦めて投げやりな態度になってしまったりしては、受かるはずのものも受かりません。

面接官が落とすサインに該当する行動を取ったとしても、変わらない態度で対応しましょう。

最後まで面接をやりきる

面接に落とされないためには、最後まで面接をやりきることが大切です。

面接では誰もが緊張します。

始めから終わりまで完璧にできないこともあります。

ミスをしたり、自分で納得できる回答ができなかったりすることもあり得ます。

何かひとつ失敗したと思っても、決して自暴自棄になってはいけません。

失敗をしたときに、気持ちを切り替えてどう取り返すかを面接官は見ています。

何か失敗した時は、焦って挽回しようとするより、平常心に戻り自分のペースを取り戻すくらいの気持ちでいるのがおすすめです。

最後まで諦めないようにしましょう。

基本のマナーと身だしなみを心がける

基本のマナーと身だしなみは、面接時に必ず実践できるようにしましょう。

基本のマナーと身だしなみは、就活生の持つ「常識力」のバロメーターであり、面接で話を聞く前に「この人の話を聞いてみたい」と思ってもらえる基本的信頼感を勝ち取る鍵となります。

面接で入室して着席し、面接が終了して退出するまでの流れには、決まったルールがあります。

一連の所作を覚えて、ルール通りに動けるようにしましょう。

話が盛り上がった時や打ち解けた空気になった時にも、敬語を崩さないことを心がけましょう。

身だしなみについては、服にしわが寄っていないか、髪が顔にかかって暗く見えていないか、ネクタイが曲がっていないか、臭いのケアができているかなどをチェックし、清潔感のある装いを心がけましょう。

事前にプロに面接練習してもらう

事前にプロに面接練習をしてもらうのは、面接対策としてとても役に立ちます。

就職エージェントは、面接で見られるポイント、業界ごとの最新の面接動向などのノウハウを持っているため、ポイントを押さえたアドバイスをもらえます。

プロからフィードバックを受けられれば、的確な面接対策ができ、自信を持って面接に臨めるでしょう。

面接中は、面接に落とされるサインが見られたとしても、反応せずにきちんと受け答えすることに集中しましょう。

面接に自信がない場合は、就職エージェントを利用して面接スキルをブラッシュアップする方法もあります。

「面接 対策」についてもっと詳しい記事はこちら

面接に落とされるサインに過剰反応しない!

今回は、面接に落とされるサインや面接で落とされる人の特徴についてまとめました。

落とされるサインが出たように見えても、実際落とされてしまうとは限りません。

もし面接中に落とされるサインがあったとしても、気にせず最後まで堂々と受け答えをしましょう。

落とされるサインに過剰反応せず、自分の実力を最大限に発揮することが大切です。

面接の対策を万全にしていても不安に感じる場合は、ヒトテクノロジーに相談してみましょう。

面接でのコツやアドバイス、さらに自己PRやガクチカなど就活に関することのアドバイスをしてもらうことができます。

面接で成功したいと考えているならばぜひ相談してみてください。

この記事を友達におしえる!

タイトルとURLをコピーする